FC2ブログ

SV650X SS-OVALスリップオン 開発日記 完結編

sb650jm (5)

皆様、こんにちは。

良いゴールデンウィークをお過ごしでしょうか?

さて時間が少し空いてしまいましたが、開発日記の完結編を更新したいと思います。

試験前日に最終チェックを行い、万全を期した(つもり)状態で浜松に向かいました。

最終的に良かった2種類のマフラーを試験に持ち込んだのですが、音質的にもフィーリング的にも個人的に気に入ったタイプで受験し、万が一不合格だった場合はもう一つの方で再試験という事を想定していました。

試験前チェックの際によくある事として、音質チェックをやり過ぎてだんだんよく分らなくなったりしてくる事があります。
微調整を行う時には特にそうなります。

DSCN3276.jpg

今回はこの4種類の中から最終的に2本に絞ったのですが、もし試験に落ちてもう一本の方で受験となった場合、ほぼ100%合格するのは分っていたのですが、音質的には少し気に入らないのでそれは避けたい気持ちが強くありました。

音を抑えているので汚い音が混ざっているとか全く無くて、むしろ綺麗に整い過ぎてしまっていたからです。
音量的には89~90dBと、まぁ狙い通りには仕上がっていたのですが、非常にクリアで綺麗な音質という感じで、私の思うVツインサウンドでは全く無かったんですよね。。。

やはり、Vツインであるならばアクセルを開けた時の荒々しさというか、それは音量ではなくVツイン独特の鼓動みたいなものが欲しいと思っているのですが、その部分までもが非常にクリアな音というか(笑)、「こんなに優等生にしなくても」といった音質でした。

試験結果は一発合格だったので、心配は杞憂に終わりましたが、そんな事もあって合格した時は本当に晴れやかな気持ちになりましたね。

試験結果をいち早く車両オーナーのK様にLINEしましたが、K様からも「自分のことの様でほっとしました。」と返事を頂き、感謝とともに嬉しかったですね。(何か皆様に支えながら仕事をしていて本当にありがたいかぎりです。)

その試験結果ですが下記の通りとなりました。

【加速走行騒音】   82dB
【近接騒音】      90dB

加速走行騒音は会社でのテストで想定していた通り、81dBをちょっと超える程度で、試験結果はコンマ以上を切り上げするので公式結果としては82dBとなるのですが、Vツインの鼓動を感じれるサウンドで心地良い音質に仕上がったと思います。


そして最終仕様のパワーグラフです。
最終仕様
ピークパワーこそそれほど大きく変わりませんが、中速域は力強いパワーカーブを描いており満足のいく仕上がりになったのではないかと思っています。

sb650jm (3)
因みにマフラー重量ですが、下記の通りとなっています。

【マフラー重量】     2.27kg  ※ サイレンサーバンド及びスプリング等含む。 ※ ノーマル重量は4.21kg

ノーマルマフラーに比べてほぼ半分近くの重量となりますので取り回しの際にもその軽さを感じて頂けるのではないでしょうか。

SB3650JM (14)
またこのスリップオンですが排気温度が高いVツイン650ccという事もあり、センターパイプには「O.M.N.Jコーティング」を施しております。

リリースに関してですが、現在のところ6月上旬を予定しております。

・ SS-OVALソリッドタイプ  品番 SK3650JM  価格 66,000円(税抜)

sk3650jm (1)
sk3650jm (3)
sk3650jm (2)

・ SS-OVAL焼き色タイプ  品番 SB3650JM  価格 69,000円(税抜)

sb650jm (1)
sb650jm (5)
sb650jm (2)

上記2種類のリリースを予定しており、お問い合わせを頂いているC-BLACK仕様は現在継続テスト中です。

IMG_4141.jpg
IMG_4100.jpg
セラーコート仕様ですが、こちらはもう少しテストをした上で進めていきたいと思っています。

という事で、SV650X用SS-OVALスリップオンの開発日記は任務完了という事で終了したいと思います。

最後に車両をご提供頂いたK様、カスタムポイントのセンスが最高のSV650Xをお借り出来た事に感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。


それでは本日はこの辺りで。
スポンサーサイト
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR