FC2ブログ

SV650X SS-OVALスリップオン 開発日記 ②

sv650x ssoval (20)
皆様こんにちは。

4月も今日から折り返し、ゴールデンウィークを考えると実質来週一杯で4月を終える事となります。
(ホント、あっという間です。)

SV650Xの開発は悩む事もありましたが、明後日の試験で受験する仕様も無事決定し、万が一のスペアと共に受験してくる予定です。

それでは前回の続きからですが、前回の最後のテストでグラフが好転し、音量的な問題は少し抱えていますが、ほぼ見えてきたところまで書きました。

プロト31
これが前回最後のグラフです。

ここから若干音量を下げる方向で調整する必要があるのと、音質に関してはもう少し太く、そして低音を効かせたいという相反する作業が残っています。

まずは音量を調整する作業からですが、正直言って近接騒音値はそんなに下げる必要もなく、加速時の音量を調整したい事が一番の目的であります。

単純にインナーパイプ長で触ると近接騒音まで影響するので微調整が必要です。

sv650x ssoval (12)
まずはその辺りを調整しながら進めていきます。

sv650x ssoval (13)
この2本のサイレンサーは内部構造が根本から違うのですが、線をなぞった様にパワーカーブが同じで、良くも悪くもスリップオンで出来得る事はほぼ出来ている様な気がしていますが、音質は全く異なり、本当に奥深いというか、日々勉強という気がします。

パワーグラフはあとで紹介するとして。。。

sv650x ssoval (14)
こちらの仕様は、音質がワイルドで荒々しさがありますが、街を流していても疲れない感じで加速時にはスロットルを開けるとVツインサウンドが私的には心地の良い感じです。。。ただし、加速走行騒音が心配です。

sv650x ssoval (16)
対してコチラの仕様は、かなりマイルドな音質で荒々しさはなく、ある意味大人し目な音質で、これはこれで良さげではあります。
近接は89~90dB前後でしょうか。

加速走行騒音もまず問題なくクリア出来ると思いますが、少し物足りなさを感じなくもありません。。。

両方足して2で割れればいいんですが。。。(笑)

sv650x ssoval (15)
今回試験にはまず最初にコチラの構造で受験する事にしました。

冒頭の写真にも写っていますが、最終的にセンターパイプ側でも少し工夫した事もあって、2本のパイプ(もう1本はロングタイプ)との組み合わせで音質・音量を調整し、おそらく81~82dBで加速走行試験をパスするのでは?と期待しております。
因みに近接は89~90dB想定です。

しかしながら本日も音の確認をしていましたが、油温が上がると簡単に2dB程変わるので、試験走行で余分に周回すると音量が結構変わる様な気がしますね。。。
もう、これって大排気量車のあるあるですけどね。。。

まぁ、試験担当ライダーにお任せですね。

で、音量・音質の微調整後のグラフがコチラ。

最終仕様

グラフ的には大満足ですが、加速騒音計測回転数付近もノーマルに対して力強くなっている事がかなり気がかりです。。。(笑)

因みに少しロングタイプのセンターパイプでのデータがコチラ。

最終仕様ロング
サイレンサーの仕様ではパワーカーブが変わらないものの、センターパイプの管長違いではハッキリと違いが出ますね。
なので今、ブログに使用している写真のもので管長的にもOKという事が確認出来ました。(なのでこの仕様はボツです。)

加速がノーマルより2~3km/h速いだけで簡単に1dB以上、高くなったりしますからね(笑)計測針がビュ~っと伸びるんです。。。
まぁ、笑い事ではないので一応その点も考慮して調整したつもりですが、公的試験と同じ様にはシュミレーションが出来ない事もありますので、やはり出たとこ勝負です、はい。

sv650x ssoval (17)
もし数値がオーバーしたらコチラで再チャレンジの予定です。

とりあえず明日、車両を積み込む前に試験時間を想定してもう一度音量の確認をしたいと思います。

それでは今日はこの辺りで。

sv650x ssoval (19)






スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR