FC2ブログ

SV650X SS-OVALスリップオン 開発日記 ①

DSC_0175.jpg

皆様こんにちは。

それでは早速続きから更新したいと思います。

とりあえずファーストインプレッションではこのエンジンに対しての確認というか、「こうすればこうなるだろう」と予測のもとに自分の中では一番分り易い仕様の物からテストしてほぼ予測した範囲の結果が出ました。

しかしながら「近接93dB仕様」のマフラーではやはり加速走行騒音に問題があり、とてもじゃないけどこの仕様で試験に臨む事は不可能です。

今回新たにセンターパイプ径の太いものと少し長いタイプを用意したのでそれもテストしてみました。
パワー自体はほぼ変わらない前提ですが、音量の改善に役に立つのでは?との思いを胸にベンチテスト。その結果がコチラ。

プロト1ロング

両方試したベストの方のグラフですが、「パワーは上がらないだろう」とはいうものの、少しは期待していましたが(笑)、結果は大幅なパワーダウン、それに音量にも貢献せずといった具合で、いいところ無しでした。

何をやってもパワー変化は少なく。。。と書いていましたが、間違った寸法では見事パワーダウンという結果になりました。
強がる訳ではないですが、やはり前回開発したセンターパイプの寸法が良い事が確認出来たのでこれをベースにサイレンサーの仕様違いを試していく事にします。

sv650x ssoval (3)

次の仕様は近接をかなり抑えた仕様で加速走行騒音試験に確実に通るであろうサイレンサーでのテストです。
先程の駄目だった事でトーンダウンする訳ではないのですが、これはおそらくパワーダウンするであろう仕様です。

今回3種類造りましたが、開発していく上でサイレンサーの仕様を絞り込む為に予め予測した仕様をテストする事でSS-OVALに使う内部構造を決めようと目論んでおり、これも当然必要なテストです。(遠回りに見えつかも知れませんが。。。)

プロト2
その結果がコチラ。

こういうテストの中でも見出せる発見があったりするのですが、今回は特に無く。。。ただ音量が静かな事だけは確認出来ました。
おそらくノーマルよりもかなり静かな。。。 データも悪いのでこの時点でこの仕様は終了。

sv650x ssoval (5)
さていよいよ大本命というか、近接設定90dBの仕様でおそらくこれでいけるであろうサイレンサーでのテストです。

仕様によってサイレンサーシェルを替えている訳ではなく、単純にシャーシダイナモ室にあるサイレンサーシェルに造った内部構造を組み込んだだけなのですが、結果としてテストでは間違いにくくて良かった気がしますね。

sv650x ssoval (6)
因みにこれはカーボン仕様ではなく、CB250Rの開発の時に使っていたセラコート仕様のシェルを再利用しています。

プロト30
その結果がコチラですが、加速時の音量的にも案外ボリュームが無く、データも思ったより改善出来ませんでした。。。

前回のブログで「パワー的な事は凡そ見えているのですが」と書いた割には全然見えてない感じとなりましたが、そこで構造を少し変更した仕様を造り、再度テストです。

sv650x ssoval (4)
GSX-S750の時もそうでしたが、SS-OVALに使かう構造を上手くまとめる事が出来ていませんが、インナーピースを変更する事でパワー及び音質の改善に期待です。

プロト31
ホッと一安心というか(笑)、ようやく欲しい答えが見えて来ました。
ただそれにより、やはり加速走行騒音が大きく、この仕様で認証試験をクリア出来るかは少々疑問です。。。

そのあともチョイ変更を試した結果、最終的に2種類の仕様で音量を調整しつつ最終仕様を決定していく事に決めました。

その続きはまた週明けに書く事にします。

それでは今日はこの辺りで。
スポンサーサイト
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR