2018Ninja250・2018Ninja400 スリップオン開発日記

2018Ninja400 マフラー開発ブログ (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

さていよいよ2018Ninja250/400用スリップオンを同時開発していきます。

ベンチの上で回した雰囲気と、ちょっと近所を走った感想ですが、まず2018Ninja400ですが2014Ninja400とはレプリカタイプとツアラータイプという事で趣向も違うのですが、その点を踏まえても2018Ninja400は明らかにパワフルで速いです。
明らかにパワフルという点では、エンジン自体もトルク感を感じるのですが、何よりも約40kgの軽量化でショートホイールベース化になった事が「キビキビと速い」要因であるのは間違いないですね。

カワサキさんの試乗会では、250と乗り比べた人が400をチョイスする事が多いと聞きましたが、納得出来る話ですね。

一方の2018Ninja250の方ですが、こっちが魅力的に見劣っているのかというと、それは大間違いです。
ベンチ上でも実際に乗っても確かにスタート時のトルク感では圧倒的に400の方に分があり、街中を流して走るうえで、おそらくこの辺りの部分がユーザーに気に入られている部分だと思いますが、走り出すと全然400に負けていない走りをしてくれます。

ちょこちょこ乗っているCBR250RRは弊社フルエキが入っているので、2018Ninja250ノーマル車と比べるのは少し無理がありますが、ノーマル車同士だとほぼ同じ位なので、250と言えども十分よく走りますね。
余談ですが、CBR250RRの「Sport+」モードで走る分にはアクセルレスポンスが機敏な反応を示す分、体感的にCBR250RRの方が速く感じたりするのですが、実際はレスポンス感の事であり、差は無いかも知れません。

どちらにしせよ、2018Ninja250/400は今の時代の最高水準で登場した事は間違いないと思います。

さてとりあえずパイプレイアウトは排気量の大きい2018Ninja400から始めていくのですが、ノーマルマフラーはサイレンサー長こそNinja400の方が長いものの、エキパイ部はまだ寸法を正確に計測していませんがレイアウトも含めてほぼ一緒だと思われるNinja250と共通のセンターパイプ&サイレンサーで行く予定にしています。(最終判断はベンチテストで決めますが)

2018Ninja250 マフラー開発ブログ (6)
まずはサイレンサーを固定するプレートステー(仮)を作り、パイプをレイアウトしていきます。

2018Ninja400 マフラー開発ブログ (3)
こんな感じです。
プレートステーの形状は最終的に大きく変わると思いますが、センターパイプをまずは短めに製作してみました。
サイレンサー位置をある程度配置してみて思ったのは、スリップオン自体が長いと単純に見た目的に格好良くないというのが短くしたい理由です。

写真でSS-OVALを使用していますが、この他にもラウンド(真円)、そして出口形状の違うオーバルの計3種類をJMCA認証試験に受験予定です。

サイレンサー構造は最終的に数パターンから選択する予定ですが、もともとレスポンスのいい純正に比べて更にいい感じで、まずはこの仕様で音量を計測して見る事に。

2018Ninja400 マフラー開発ブログ (4)
90~91dBというところです。音量は悪くないのですが、少しだけパルス感が強く出ていてあまり好きでない音質でした。

マフラーレイアウトを確認の為、写真を撮って見る事にしました。
2018Ninja400 マフラー開発ブログ (6)
2018Ninja400 マフラー開発ブログ (8)
長さ的にはこの位でいけたら嬉しいのですが、ベンチテストの結果、もう少し長くなる可能性も現時点ではあります。

ただ、何となくいいのですが、無難というか「スリップオン造ってみたらこうなりました」的な、今後出てくる他社さんのスリップオンもこんな感じになるだろうな的な(笑)、良くも悪くも個性のないアウトラインです。

この写真を見て(まぁ実際にも見てますが)、自分の感じる「カワサキ”らしさ”」や「WR'S”らしさ”」が出ていないと思い、プレートステーのオフセットを変更してもう少しスポーティーな味付けにレイアウトする事にしました。

2018Ninja400 マフラー開発ブログ (9)
サイレンサー角度を少しUP側に振ったのですが、確認出来ますでしょうか。。。(笑)

2018Ninja400 マフラー開発ブログ (12)
外で写真を撮ってみましたが車体の撮影角度が違うので比較出来ませんが、まぁ少しUPになりましたが思っているイメージとはまだ違和感があります。
同じセンターパイプを使って取り付け角度を変えていくだけでは無理があるので、その続きを音量チェックも兼ねて2018Ninja250の車体でレイアウトし直す事に。

2018Ninja250 マフラー開発ブログ (1)
まずは音量チェックから。このサイレンサーの仕様で音量は88~89dBです。少し静か過ぎな感じなので違う仕様を試します。

2018Ninja250 マフラー開発ブログ (2)
こちらの仕様では91dB前後で音質も低音が効きながら心地の良い音質です。

で、レイアウトを変更した結果、こんな感じになりました。

2018Ninja250 マフラー開発ブログ (4)
かなりイメージが変わり、WR'Sらしさやカワサキ車特有のワイルド感も出てきた感じです。
ちょっと角度を変えるだけで、同じスリップオンでもフルエキっぽく見えてしまうので不思議でしょ。

まぁ、これが最終型ではないので、ベンチテスト用にもう数パターン造りながらレイアウトを見極めていく予定です。

今日はここまでです。

それではまた宜しくお願いします。

2018Ninja250 マフラー開発ブログ (3)
スポンサーサイト
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR