新型CBR250RR マフラー開発日記② レイアウト模索中

CBR250RR Sフルエキ (4)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。
先週から始まった新型サイレンサーを使ったフルエキゾーストの開発ですが、レイアウトありきで進める筈が頭が固いのか、雑念が多いのか、思った以上に苦労してますね。。。

冒頭の写真は今週初めの物ですが、今こうやって見えてもそんなにショートでない。。。感じで(笑)、元のレイアウトの残像を引きずったまんまのレイアウトですね。。。ただ少し短いという。。。(笑)

で、そこから作業を進め、全体のバランスを見る為にとりあえず表で撮影をしてみました。
新型CBR250RR  新作マフラー コアガード (2)
確かにバランス自体は悪くないのですが、何か自分のメージと違うというか。。。もう一つ足らないというか。。。
新型CBR250RR  新作マフラー コアガード (5)
パイプの曲げアール(半径)の変更やレイアウトの変更で管長自体は比較的思っていた以上に稼げたのですが、おそらくこのレイアウトは無難過ぎるんだと、心が叫んでいる様な気がして来ました(笑)
そう、イメージは少し荒々しい感じも取り入れたかったんだという事を写真を見ながら思い出し、先ほどまでに手直しというか、作業を続けていました。

CBR250RR Sフルエキ (8)
サイレンサー角度とレイアウトを少し変更し、とりあえず更にショートへ。

CBR250RR Sフルエキ (9)
こちらはそれのUP版です。

CBR250RR Sフルエキ (10)
センターパイプはクネクネと曲げながら管長を稼せいでいます。
またレイアウトの確認用で試作はセンターパイプの途中から差し込み式にしてレイアウトを見ていきます。
レイアウトをする当初は音量面やシャーシダイナモでのベンチテストが頭の中から離れませんでしたが、カウル内のスペースはまだまだ余裕(?)があるので、そう思うと何だか吹っ切れてきました(笑)

更に違う角度を組み合わせたセンターパイプでもう少しダウンタイプ&ショートにしたのがコチラ。

CBR250RR Sフルエキ (11)
この作業ですが、カウルより外側のパイプを数字的にも短くなっている事は間違いないのですが、やっている間に感覚が麻痺してきて同じ様に見えてきたり、そもそも格好良くなっているのか?が分らなくなってきますね。。。(笑)

明日は東京モーターショーに行く予定ですので、一旦、頭をクリアにして土曜日の作業再開時に屋外で確認して、その方向性をあらためて再認識しながら進めていきたいと思います。

CBR250RR Sフルエキ (14)
因みにこれは車体上から見た感じです。
ワイルドな感じを出したくて、サイレンサーの角度が外側に向かって行く様にしてるのですが、スイングアームからの絶妙なクリアランスはスリップオンの場合は当然の事、フルエキでもなかなかこのラインを通す事が難しく、CBR250RRの特長であるガルアームをしっかり利用出来たレイアウトになっている事は満足です。

ここまで音量もベンチテストも確認せずに進んでいますが、実際には確認したくて仕方ないのですけどね(笑)
というか、やっぱ落ち着かないです。。。(笑)

モーターショーでよい刺激を受けて、そして美味しいものをしっかり食べて、英気を養って戻って来たいと思います。
ちょっぴり遠足気分です(笑)

それでは今日はこの辺りで。

スポンサーサイト
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR