新型CBR250RR マフラー開発日記② スタートです。

CBR250RR Sフルエキ (1)

本日から新型サイレンサーを用いて新たなフルエキ製作に入りたいと思います。
車両の下が相変わらずゴチャゴチャしていますが、マフラー開発の手順としまして、現在販売中のフルエキとレイアウトを大きく変更する事もあってノーマルステップとバックステップの装着位置をあらためて確認し、どんな感じでマフラーレイアウトする事が可能なのか?等々を確認していました。

ノーマルステップとバックステップの場合とでは当然ながら干渉し得るポイントが違う事もあり、ユーザーがバックステップを装着した想定も当然ながら必要です。

マフラー屋さんあるあるですが、マフラー造りに集中するあまり、ノーマルステップに合わせて攻めたレイアウトにした結果、バックステップにしたら干渉する。。。で、やり直しとか(笑)、結構あるみたいです。。。私は元々カスタム車両が好きなので、普段からバックステップ装着時のイメージを持ちながら開発しているのであまりそんな事は起こりませんけど。

たまに開発ブログに書いたりしますが、私の場合は基本的にマフラー開発の際は、予め浄化性能を確認した触媒を選定し、とりあえずレイアウトは決めずにパワーの出る寸法を探し、目処がついた時点で細かな寸法変更のついでに製品化する為のレイアウトを決めていくといった手法でマフラーを開発します。

触媒を先に選定するのは、触媒自体の大きさや配置でパワーカーブに大きな影響を及ぼすからです。
もちろん、マフラー造りの方法として最後に触媒を選定し、効率の良いところに入れるといった方法を取る人もいると思います。

でも、この方法を取ると最後にパワーカーブに大きな影響を及ぼすんですよね、確実に。
最後に触媒を選定して入れる手法の方は、それも考慮してるんでしょうけどね。。でも実際には大きく寸法が変わる事が多いです。

せっかくパワーの出たところから触媒を入れてパワーが落ちたら寸法を変えて。。。というのは私的には無理ですね(笑)
同じくレイアウトに関しても最初に格好の良いレイアウトにしたとしましょう。
その後、ベンチテストの結果寸法が変わって格好の良いレイアウトを崩していくという手法も私的には無理です(笑)

先にレイアウトしてしまうとその寸法ありきでマフラー寸法を決める事になるので、どうしても見た目に格好良かったレイアウトを採用したがるんですよね。。。あくまでも私はですが。

後からレイアウトを決めるメリットは、仮に寸法的にかなり長い寸法が必要だった時、そのまま造ると格好の悪いマフラーになると思われがちですが、それを格好良くする為に、エンジン下でトグロを巻いて管長を稼ぐ工夫をしたりと、結果としてメカニカルで格好の良いマフラーになったりもします。(マフラーのレイアウトって基本これだと思っています)

CBR250RR Sフルエキ (3)
今回は新作サイレンサーでの開発になりますが、でもこれはいつもの開発の時の話です。

これだけ書いておきながら今回はレイアウトありきをメインに進めて行く予定です。
矛盾していますが。。。(笑) もちろん理由はあります。

というのも既に発売しているフルエキゾーストでどれ位、パワーが上がるものなのか凡その見当は既についています。

CBR250RR    フルエキ最終仕様 (6)
LM1230JM (1)
この仕様のマフラーでこれだけパワーが上がる事が確認出来てるんですよね。
正直言ってこれ以上、ノーマルで上がる事はほぼほぼ無いと言える位にベンチテストをしました。

触媒が入っているJMCA認証マフラーですが、CBR250RRカップ車のレースマフラーよりもパワーは出てると思いますし(笑)

なので、このマフラーデータをベンチマークする事にして、まずは新型サイレンサーの形状が似合うと思うスタイルを探してレイアウトをして、ベンチテストをしながら寸法の修正やレイアウトの調整を行っていこうと思っています。

今回はなるべくショートタイプにしたいと思っており、短くなる事で音量が厳しくもなりますが、そこはサブサイレンサーやサブチャンバーを使用してでも進めて行きたいと現時点では考えています。(それこそスペースがあればの話ですが)

因みにエキパイ自体は既に発売中の製品と同寸法同レイアウトからのスタートですので、その理由は追々書きますが、イチから全て変更と言う事ではないので、時間的猶予で言えば来月に行われるJMCA認証試験には十分間に合うかと思っています。

出来るかどうかやってみないと分りませんが、常用の5,000~8,000rpm辺りの特性を更に良く出来ればと考えていますが、どうなるでしょうかね?
自分自身楽しみにしていますが、まずはこんなコンセプトでスタートしますので宜しくお願いします。

CBR250RR Sフルエキ (2)
スポンサーサイト
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR