BMW G310R レースマフラー開発日記  - 完成、そして販売へ -

レース用マフラー (6)
今週から10月に入り、雨が降る度に気温も下がる季節となりましたね。

今月中旬にJMCAマフラー部会として新加速走行騒音試験にあたる『R41-04』の試験運用に関しての実証試験データ取得の為に埼玉県熊谷の試験コースにて公正を期す事もあり、JMCA認証試験とは別の公的機関で試験が行なわる予定です。

弊社も何故か大阪にも関わらず指名がかかり、CBR250RRを持って試験に参加する事となりました。
JMCAマフラー部会の一員として協力させて頂きたいと思っていますが。。。遠いですね(笑)でも頑張って行って来ます。


さてマフラー開発の続きですが、改良のつもりが改悪になりかけ(笑)、何とか方向性に光が見えたところで前回は終りましたが、今回はグラフを検証した結果、更にエキゾーストパイプの寸法を少しさわる事にしました。
と、その前に前回最終のグラフから。
プロト1vsプロト2
青線がプロト1号で赤線はプロト1号改です
(ブログで紹介するグラフの枚数は少ないですが、実際には細かく仕様を変更する度にデータを取ってるんですけどね。。。)

トグロを巻いていた部分をストレートパイプに置き換え、ある程度の長さを確保しつつ、高回転域のパワー特性を更に改善させる事が目的です。
因みに短くするといっても限度があって、極端に短くする事は出来ませんので容量自体は極端に変更はしていません。
その結果がコチラです。
プロト1vsプロト2改
青線がプロト1号で赤線は今回のプロト2号改です。
明確に変わりだしました。今度は方向性が合っている様です。今回の方が5,000rpm付近にある落ち込みの回転幅が大きくなった事も確認出来ます。
これは前回ブログでも書きましたが、こうなる事を予測した上での事で明確に理由が分っているので個人的には全く問題ありません。

これは高回転域のパワーバンドを拡げようとする過程においてある程度仕方の無い事で、前回書いた分りにくい説明の(笑)、パワーグラフの面積的な結果です。
因みにこの話に興味を持った方々からメールを頂きましたがまた後日、アメブロの「日々の開発日記」の方ででも書こうと思います。

ただ着目頂きたいのは、その下の回転域3,500~4,500rpmは、これも若干ですが改善しています。
マフラーって本に書いてたり、中途半端なマフラーの知識で言われている様な「高回転型にすれば低速がスカスカになる」といった方程式ではないんですよね~(笑)だから仕事してて面白いんですけどね。実際はもっと複雑です、はい。

このデータを元に今度はセンターパイプの寸法を変更していきました。
DSCN9411.jpg
完成した全体像では雰囲気はそんなに大きく変わった様に見えませんが、寸法的には結構大胆に変えました。
その結果がコチラ。

プロト1vs最終仕様
青線がプロト1号で赤線が最終仕様です。
そうです。この結果を欲しくて、もて耐のマフラーから仕様を変更しようとしていた訳です、はい。
レースでは6,000rpm以下の回転域を考えるより当然ながらそれより上の回転域で勝負する訳で、それこそ「レース用」として必要とされる部分だと思います。
この結果、プロト1号に対してピークパワーそのものは何と1ps上がりました。

因みに当然ながらノーマル燃調での結果です。
9,000rpm辺りが少し弱く見えますが、まさしくこの部分こそが燃調で調整する部分となり、レース用マッピングをする事で、このベースのパワーカーブを更に引き上げてくれる事と思います。

最終仕様vsノーマル
こちらがノーマルと最終仕様との対比グラフです。

今回、私がテーマとして取り組んでいたのは、まだ正式に発表されていませんが、来年開催される可能性のある『G310Rワンメイクレース』に向けてのマフラー屋としてのアプローチであり、気軽に楽しめるレースである前提において、それこそ保安部品を外して必要最低限のパーツを交換したらレーサーとしてレースに出れるという事を目標にしました。

なので普段街乗りをする車両を念頭に置くと、「ノーマルの燃調で最大限の走りを!」という事になります。
今回は特にそこに拘ってみた訳です。ノーマル燃調で、おそらくもて耐に出場していた時よりも速いと思いますね(笑)

このブログを書いている時点でジップモータープロさんを通じて既に完成したマフラーの出荷をしました。
限られた時間の範囲内ではありましたが、結果は満足のいく仕様となりホッとしています。

レース用マフラー (1)
レース用マフラー (3)

アメブロの方では書きましたが、このマフラーはZIP MOTOR PRO(ジップモータープロ)さんが販売窓口であり発売元となる商品になりますので、予めご了承下さいませ。

またジップモータープロさん経由でウェビックさんでも販売が決定しているみたいなので詳しくはジップモータープロさんにご連絡下さいませ。 ※ 販売に関して弊社では判り兼ねますので。

商品の品番及び価格も載せておきますのでご興味のある方は宜しくお願い致します。

それでは今日はこの辺りで。

レース用マフラー (2)
レース用マフラー (5)

・ BMW G310R レース用マフラー  品番  WZ-RFV6310-BR     定価 74,000円(税抜き)
                        ※ 弊社品番ではございません。

―  商品に関して販売・お問い合わせ先  ―
□ ZIP MOTOR PRO (ジップモータープロ) □
  〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見1-3-28-1F
   TEL 06-6912-6610  FAX 06-6912-6670 
スポンサーサイト
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR