新型CBR250RR フルエキゾースト 動画UPしました。&アルミステーのお話し。

CBR250RR  アルミステー (4)

現在5時半過ぎの大阪は太陽もはっきりと見えて、西日のきつい夏らしい天気に戻って来ました。
北陸や東北地方の方々は現在台風が通過中でまだまだ予断の許さない状況が続くと思いますのでくれぐれもお気を付け頂きたいと思います。

さて、本日YouTubeに新型CBR250RRのフルエキ2種類の動画をUPしました。
フルエキに関しては本日からリリース開始となりますので、何とかリリースと同じタイミングで動画をUP出来てホッとしています。

またスリップオンの動画ですが、アメブロの方にも書きましたが私の凡ミスで動画編集時の挿絵に間違ってフルエキの画像を使用しておりました。。。
昨夜、それに気が付いて本日午前中に編集し直して再UPしました。
スリップオン動画に関してたくさんの方々から良い評価を付けて頂いてましたが、せっかく高評価頂いたにも関わらず、動画を削除する事になってしまって大変申し訳なく思います。(皆さん、ありがとうございます&すみませんでした。)

いずれにしてもスリップオンとフルエキが同じタイミングで動画UPとなりましたので、その違いについて比較参照頂ければ幸いです。

【 新型CBR250RR フルエキゾースト(ラウンドタイプ) 】

【 新型CBR250RR フルエキゾースト(チタンオーバルタイプ) 】

【 新型CBR250RR スリップオン(ラウンドタイプ)

【 新型CBR250RR スリップオン(チタンオーバルタイプ) 】

※ それぞれのURLを貼り付けておきますね。

フルエキとスリップオン、それぞれの特徴がしっかり出てると思いますので宜しくお願い致します。

次にアルミステーに関してです。

CBR250RR  アルミステー (5)

以前のブログで、弊社のマフラーユーザーチーム(香港)がマカオのレースに出場する為にリクエスト頂き、製作したアルミパイプステーの話を、アメブロブログで書きましたが、フルエキ発売が近づいた先週辺りからこのアルミステーに関してお問い合わせが増えております。

お問い合わせの内容は、当然ながらオプションで発売するのかどうかという事ですが、ブログで書いた当初、それほど反響があった訳ではなかったので、発売に関してはあまり深く考えていませんでした。

先にも書いた通り、既に弊社マフラーユーザーチームには10本ほど発送しましたので治具自体は存在します。
なので、量産となるとそんなに時間がかからず製作は可能なんですけどね。。。
オプション設定といっても受注生産ではあまりにも効率(&採算)が悪いので、それは論外として実際のところどれ位の需要があるのでしょうかね?

お問い合わせを頂く方々は当然、タンデムやツーリングバックを使わない前提でご連絡くれているんですが。。。
因みに私もタンデム嫌いでオマケに余分な物(?)を外して乗りたい派なので、お問い合わせの方々の気持ちは察するのですが(笑)

またステーに関してのお問い合わせの中でスリップオンにも装着可能かという質問もありましたが、ほぼ間違いなく大丈夫だと思います。
まぁ、お盆明けにでもスリップオンとフルエキでアルミステー装着の写真を撮り直してみてもいいかなとも考えています。

まぁ、海外からもリピートでマフラーと共にステーの注文も入ると思うのでオプション設定してもいいかとも思っていますが、問題は形状。。。というか、頭の中にはアルミ削り出しで製作してもいいかな?とも考えていますが、それはもちろんコスト次第ではありますが選択肢は何通りかありそうです。

急く話ではございませんが、どれ位の方が必要とされているのかを知りたくもありますので、興味のある方はメール等で欲しいよ~的な意思表示があれば嬉しいです、はい。

ただ、造るといってもしっかりお客さんの欲しい価格にならないと話にならないのでその点も踏まえて少し考えてみたいと思います。

それでは今日はこの辺りで。

CBR250RR  アルミステー (10)
スポンサーサイト
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR