新型 CBR250RR マフラー開発日記  - スリップオンベンチテスト -

CBR250RR   スリップオンパワーチェック (7)
WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

本日も朝からシャシダイナモに使用してるPCの調子がグズついて、そろそろPC入れ替え時かなと思いながら、PC再起動!何とか機嫌が治ってくれました...(笑)

ベンチテストを再開という事で早速仕様違いのサイレンサーでテスト。
おさらいをすると、
CBR250RR ノーマルパワーチェック (8)
この矢印の部分、トップ(山頂)の幅を拡げたいなと。
そうする事によって有効パワーバンドを広くしたいのですが、高回転エンジンの高回転を強調して。。。という事ではなく、結果として8,000rpmから立ち上がるパワー域の特性も良くなる...ハズです、はい(笑)

まだ国内仕様が発売されていない状況ですので、あまり具体的な事を書くのは。。。と会社的に制限が入ったので(笑)、ゆくゆく書くとして、ベースのサイレンサーが低中速域に良いと思われる特性の物を使っていた上での結果を見て、思った通りに近いデータだったので、そのつもりで予め、「高速仕様」とまではいかないですが、そんなタイプを試作で作っていました。
CBR250RR   スリップオンパワーチェック (2)
その結果がこのデータです。
予想通りというか、確かにトップの幅が拡がったのですが、8,000rpmからの立ち上がりが地味な感じとなり、逆に7,000rpm辺りではノーマルより落ち込んでしまいました。
強がっている訳ではないですが、ホント予想通りです、はい(笑)

この仕様を確認した上で、実はその次の仕様、これは全く違う構造ですが、それも用意していました。
珍しく用意周到な私です(笑)

どう違うか大体でいいから書きたいんですよ、個人的には。
まぁ、ザクッと言えば容量的な事も含めて構造自体が大きく違う仕様でテストした結果がコチラ。
CBR250RR   スリップオンパワーチェック (5)
中速域も狙いつつ、高速域もという都合の良い考えでベンチを回しましたが、ここまで改善するとは思っていませんでした(笑)

CBR250RR   スリップオンパワーチェック (5-1)
ノーマルに対して8,000rpmから上の回転全域でかなり良くなりましたね。
実はこの仕様、Ninja250のフルエキの時に採用したかったのですが、想定違いの結果となり温存していた内部構造ですが、新型CBR250RRには相性が良かったみたいです。ちなみにピークで近辺で満遍なく、1PSアップ。

現時点で、音量は近接93dBと上限値(規定値は94dB)にギリギリ。
とりあえずもう少しパワー的な事を試してみたくて、インナー部を加工、そして再度ベンチテストです。

CBR250RR   スリップオンパワーチェック (3)
ピークパワーを0.2PS落としましたがレスポンス感は今までで一番良く、明らかにいい感じですが近接騒音値はギリギリの93.8dB。

丁度、ベンチを回してる最中に某出版社の担当者が部屋に入って来ましたが「音、おっきいですね~」とびっくり顔(笑)
そう、音がおっきいのは分った上でのテストなんですが、それより気になるのは音質が悪い事。

良い点  →  レスポンス抜群!
悪い点  →  音質悪化。ピークパワーが少し落ちた。音量自体が大きい。

ピークパワーに関して落ちたのは、決して誤差範囲ではなく、間違いなく特性として落ちてます。
また実際に販売する時の音量は、90dB辺りを狙っている事から、その場合、このまま仕様を変更するとおそらくパワーダウンも招きそうな予感もしますね。

現時点でサイレンサーのみで変更出来る事はほぼやったので、明日からはセンターパイプも含めた答え合わせを進めたいと思います。
珍しく、考えている事とやっている事がリンクしていて、悪いのはシャーシダイナモのPCの調子と自身の体調のみ(笑)

国内仕様が出るのはまだ先ですが、このインドネシア仕様で出来る事はほぼ目処が付いてきた様に思います。

CBR250RR   スリップオンパワーチェック (1)
あまりにも順調なので、現時点で試乗して来ましたが、慣らしの時と見違える変貌振りです。
キッシーさんにこの仕様で乗ってもらいたかったなぁと考えながら会社前に戻り、写真をパシャリ。

近所に居た子供たちが寄って来て「このバイク、めっちゃ格好いい!」と口々に言ってました。
子供らの感性でも格好の良いと思えるこのバイク、ホンダさん!国内仕様は何とかお安く頼んますよ~!(笑)

それでは今日はこの辺りで。
スポンサーサイト
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR