FC2ブログ

Ninja250SL レース用マフラーに関してのお知らせ。

Ninja250SL   jp250 レース用 (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

Ninja250SLに関して長らく更新が滞っており、情報を心待ちにしていた方々、申し訳ございませんでした。

YZF-R25レース用フルエキと共に当初、11月中に販売を目指していたのですが、少し懸案事項があって更新が出来ずにいました。その懸案事項については後ほど書くとして、遅れながらもようやく販売する事が決まりました。

詳細仕様としましては。。。

Ninja250SL   jp250 レース用 (3)
写真のマルで囲んでいるセンサーボスに関して、下側のノーマルセンサーボスは標準になりますが、上側のセンサーボス(フルコン等)に関しては、オプションとさせて頂く予定にしています。

レースカテゴリーによっては不必要な人も居り、またボスを付ける位置も人それぞれな事や、必要の無いパーツで価格が高くならない様にとの考えからです。
オプションになるセンサーボスに関しての追加工費は発売日が決まる頃までに正式に決めますが、儲けるトコでは無いのでなるべく価格は低く設定する予定にしています。

またサイレンサーシェル(外筒)のベース素材はチタンで、ソリッドタイプ(焼き色なし)をマフラーのベース設定とし、ステンレスシェルの設定はございません。

Ninja250SL   jp250 レース用 (1)

予価としては74,000円(税抜き)で写真の焼き色シェルをご希望の場合は、77,000円(税抜き)となります。※品番未定。

重量ですがノーマル約6.0kgに対して3.15kg(サイレンサーバンド及びスプリング等全て含む)になります。
※重量はオプションのセンサーボス追加仕様。

【 音量 】  101~102dB / 5,500rpm  ※弊社計測。(出荷時) レギュレーションは105dB/5,500rpm。

となっています。

発売時期に関してですが、1月中旬にはデリバリーを開始出来る予定ですが、発売方法に関しては少し考え中です。
というのも、実は懸案事項というのがこの発売方法で、純粋にレース(サーキット走行)ユーザーの為のみに開発した商品で、間違っても一般公道に流出させたく無いんですよね。

JP250クラス及びもて耐やST250等々、今流行のレースですが、同時に市販車の改造もしくは基本、ノーマルに近いクラスでのレース用マフラーであるが為に、一部の良からぬ事を考えるユーザーもおり、現にレース用マフラーを一般公道で装着して走っているライダーを目の当たりにする事もしばしば、正直言って気が萎えますね。特にR25で良く見かけたりしますが。。。

サイレンサーには「一般公道禁止」のプレートが貼付しており、警察に捕まると当然違法改造で「ご用」ですが、いくら使用者責任(付けて使用してる人)とはいえ、公道への流出は避けたいところです。

その方法というか、対策が懸案事項としてあり、発売時期が決まらなかった原因です、はい。

発売方法としては現在も最終調整中ですが、レーシングショップさん等の販売店を通じて明確な形で販売出来たらとも考えているところです。
レースユーザーの方々には納期に関してご迷惑をお掛けする事となるのですが、弊社までご連絡頂ければ、発売時期前であってもなるべく対応させて頂きますので、ご相談下さいませ。

まぁ、違法改造する人はどんな方法でも手に入れたりするので、防ぎようは無いのですが。。。

ちなみにレース用マフラーは、JMCA認証マフラー等の一般公道用マフラーと違って、売れる絶対数が圧倒的に規模が小さくて商売なんかにはならないんですよね。
それだけに、本当にレースに使用する方のみに販売出来たらと考えてる次第です。

また発売時期やその他、詳細情報等を更新する予定ですので宜しくお願い致します。

それでは今日はこの辺りで。
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR