FC2ブログ

エキゾーストパイプのO.M.J.Nコーティングについて

LM2120JM (28)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

先週金曜日(8/19)、通称「バイクの日」って皆さん、バイクに乗られていましたか?
こんな事言うのもなんですが。。。今年に関しては絶対バイクよりオリンピックでしょう!(笑)

業界の人には申し訳無いですが(笑)、8/19に限らず私自身は4年に一度の17日間のスポーツの祭典を大いに堪能しました。
仕事柄、レースに携わったりして常に勝負事が身の回りにある様な気がしていましたが、4年に一度の大会に照準を合わせたアスリート達の戦いを目の当たりにすると、私の周りにある勝負事なんて、何て事ないと改めて気が付かされますね(笑)

まぁWR'Sブランドとして商品を持って戦っている訳ですから、勝負する世界は違えど、これもまた真剣勝負の世界ではございますので、私は私でビジョンを持ってしっかり経営戦略を立てて勝負していきたいと思いますね、はい。

さてさて、いよいよ来週からリリースとなるコンパクトスクーター用マフラーですが、今回はエキパイのO.M.J.Nコーティングについて書いてみたいと思います。

LM2120JM (74)
一見、ポリッシュ仕上げ(鏡面仕上げ)されただけのエキパイに見えますよね。

前回のブログで「エキゾーストパイプの表面をガスバーナーで炙っても焼き色は付かず~~」って事を書いたのですが、書いた後から「そういや、実際にガスバーナーで炙った事なんてないよな...」と思い、コーティングをして頂く担当者に「バーナーで炙っても大丈夫?」と確認してみました。。。って、すみません勝手な判断で書いていました。。(汗)

結論から言えば、実際ライターで炙ったりしても(する事ないですが 笑)大丈夫で、少々なら直接炙っても平気らしいです、はい。
詳しくは書けませんが金属の錆や腐食は酸化する事が主な原因で、O.M.J.Nコーティングする事により、表面を酸化しにくくする訳なんですよね。

まぁ、理屈は置いて「じゃあ、実際に焼いて検証してみよう」という事で、ガスバーナーで炙ってみました(笑)
はい、事後報告で申し訳ございません。。。

まずは同じSUS304ステンレスのポリッシュ仕上げのエキパイから試していきます。。。。決して暇ではないんですよ!これも仕事です(笑)
OMJ Nコーティング(9)
マフラーの内部をバーナーで炙り、高温の排気ガスが通る状況を再現していきます。

OMJ Nコーティング(10)
OMJ Nコーティング(11)
と、こんな感じに真っ赤に焼いてみました。※実際にもこれ位の排気熱はかかっているんですよ!

OMJ Nコーティング(12)
冷めていく過程で綺麗な焼き色に見えていますが。。。
OMJ Nコーティング(13)
実際は写真の様に鈍い輝きになりました。
実際の走行では毎日、通勤やツーリング等で、熱が入っては冷めてを繰返して酸化(錆)はどんどん進んでいく事となります。
(ちなみにステンレスでも、熱が入る事により酸化が進み、鉄ほどではないにしても腐食は進んでいきます。)

では次にO.M.J.Nコーティングを施したエキパイで実験です。

OMJ Nコーティング(2)
まずは同じく排気ガスが通る事を再現する為に内側からバーナーで炙っていきます。

OMJ Nコーティング(3)
OMJ Nコーティング(4)
熱に対しての強さを立証する為に、ここまで焼いてみました。。。(実は私もどきどきです 笑)

OMJ Nコーティング(5)
冷めていく過程で見事、この通り元通りです!

ならばと、調子に乗って今度は外側から軽く炙ってみる事に。。。
OMJ Nコーティング(6)
お手伝いの福ちゃん、そこまで焼かんでも。。。(笑)

そして、冷ましていくとこの通りです。
OMJ Nコーティング(8)
さすがにここまで表面を炙ると、パイプ表面が濁った感じになりましたが、完全に冷ました後、ウエスで拭くとほぼ元通りです。

ねっ!O.M.J.Nコーティングって凄いでしょ!福ちゃんがやり過ぎてなく良かったです(笑)

OMJ Nコーティング(14)
ちなみに先ほどのコーティング無しのパイプと比較した写真です。

表面処理ですから、お手入れで研磨剤入りの物や金属タワシ等を使用してしまうと、コーティングが剥がれたり、また転倒等によっても表面が傷付く事でコーティングが剥がれてしまいますが、マフラーが冷えた状態で洗剤等使用せずお手入れするだけで、永久とはいいませんが半永久的に腐食の無いボディーを維持してくれます。

少しでも長くご愛顧頂ける様にとコーティングだけにとどまらず、各パーツの仕様を細部に至るまで見直しています。
リリースまでにお時間をたくさん頂きましたが、既にご注文頂いた皆様に少しでもその思いが届けば幸いです。

それでは今日はこの辺りで。

LM2120JM (76)
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR