FC2ブログ

Ninja250SL JP250レース用 マフラー開発日記

Ninja250SL   JP250 P1 (1)

WR’S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

昨日、ライディングスポーツ誌の企画チームからもて耐に出場するライターの浅倉さんから、先日もてぎを走行した際のインプレと共に写真を頂きましたので、珍しく一日二回目となるブログの更新をしたいと思います。

先月、プロトタイプ1号をお送りさせて頂き、浅倉さんの乗るNinja250SLをセットアップされる某超有名ショップさんでもプロトタイプ1号を装着し、シャーシダイナモでのチェックをして頂きました。

機会があれば某超有名ショップさんのデータもブログで紹介させて頂ければと思っていますが、弊社の機械はフランスのフックス社製シャーシダイナモ、ショップさんの方は皆さんご存知のダイノジェット社製シャーシダイナモです。

同じ機械ならわざわざ紹介しなくても似たり寄ったりのグラフにもなるのですが、やはり違う機械で計測するとグラフこそ同じ様なグラフを描くものの、数値的には結構違ったりと大変興味深い結果となっていましたね。

その結果、マフラー自体はありがたい事にお褒めの言葉を頂いていたので、後は実際に走行した際のインプレを楽しみにしていました。

マフラー屋ってね、自社で計測して造ったマフラーを他の場所、それも違う車両で計測されたりするのを結構嫌がったりするんですよね!(笑)

私の場合、全然平気というか「どうぞどうぞ!」って感じですけどね(笑)、でもその気持ち分からないでもないです、はい。

Ninja250SL   JP250 P1 (4)

経験豊富なライターさんで、今回弊社のマフラーでもて耐を戦って頂く事もあり、浅倉さんにはテストライダーとして忌憚の無い意見をもらい、商品に反映しようと考えている訳なんですが、その第一印象は「低速トルクが太い」という事でした。

意外でしたね。
レース用とはいえ、確かに低速トルクは太くなっているのですが、「クラッチを繋いだ瞬間の出足が圧倒的に違う」というコメントは何かレース用マフラーとして新鮮な嬉しさがありますね(笑)
さすがテストライダーに勝手に指名しただけの事はあります...ってすみません(笑)

その反面、低速域のドン付き症状が強まったとの事で、これはシングルでは抜けの良いレース用マフラーに良くある症状ですが、これはアイドリング回転数を高くする事でほぼ解消出来ると思いますね。
実はこのドン付ってマフラーのオーバレブ特性にも関わってくる話だったりもするんですが、同業も読んでるので残念ながらこの話は割愛します(笑)

また弊社のベンチテストではほぼ出てなかったのですが、5,000rpm付近に弱い谷の様な特性があり、ノーマルと同様にこの回転域から上がっていくのに時間を要すとの事でした。

レース用マフラーの場合、正直いってこの(低い)回転域をどうするのかは、マフラー開発者それぞれの考え方があると思いますが、前回ブログのパワーグラフを見て頂ければ分かり易いですが、6,500rpm付近のトルクがノーマルに比べて大きく出てる事もあって、その分7,000rpm域で逆にトルクが薄く感じたとのインプレを頂いたので、5,000rpm~7,000rpmを一つのポイントとして上手く特性を引き出せれば、更に面白いマフラーになるので、チョット目先の仕事が終ったら早速着手してみようかなと考えています。

ちなみに今回はマフラーの性能テストも兼ねたほぼノーマルに近い状態でのインプレです、念の為。

ECUがノーマルの為、燃調や点火時期を触っていったらまた大きく変わってくるかもと思いますね。

現状ネガの部分に関して、しいて言えばという事で、ノーマルの時にあったピークパワー発生後の極端な落ち込み等無く、全体の性能面では「このまま市販しても全然OKでは」とのありがたいコメントを頂いていますが、そこはあれですよ!(笑)

せっかくテストライダー(勝手に言ってるww)をして頂いている事と、コメントを聞いていて思い当たるフシというか、試したい事が出て来たので頑張って取組んでみたいと思います、はい。

テストコメントとしてはかなりポジティブなコメントを頂いたんですけど、最初からこのプロトタイプ1号で終らす気が全く無かったのでしっかりアップデートをして、来シーズンに向けて製品化を目指したいと思います。

最後になりましたが写真を提供してくれた浅倉さんに感謝です。

それでは次回の更新までしばしお待ち下さい。

Ninja250SL   JP250 P1 (3)
Ninja250SL   JP250 P1 (6)
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR