FC2ブログ

新型CBR400R 用スリップオンマフラー 等に関してのお知らせ

マフラー取付け (1)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

先週末からデリバリーとなりました新型CBR400R用スリップオンマフラーはおかげ様でご予約順に出荷を終え、昨日までにご注文頂いたご注文分は全て出荷させて頂きました。
数本程度ですが、各種まだ在庫はございますでので、ご検討中の方は宜しくお願い致します。

新型CBR400R用スリップオンマフラーの種類が少ない中、「出るのを待っていました!」とご声援も頂きまして弊社としても皆様のリクエストにお応え出来た事を嬉しく、また感謝申し上げます。

さてこの新型CBR400R(型式 2BL-NC47)用スリップオンですが、新型の「400X」に装着出来るのか?というお問い合わせもチラホラ出てきていますが、残念ながらこのスリップオンマフラーは新型CBR400R専用で新型400Xには装着頂けません。

新型400Xも車両型式は同じ「2BL-NC47」ですが、マフラー自体は前型式(EBL-NC47)の物と全く同じになります。

ならば前モデル用のマフラーを装着出来るのか?という事になると、取り付け自体は可能でも現行の法基準ですと、「車両型式に対して認証制度を取得」となっており、法律上は仮に装着出来ても違法マフラーになるという判断ですので新型400Xオーナーの皆様は、その点十分ご理解を頂き、前モデル用をご使用頂かない様、宜しくお願いします。

※ 平成28年4月より更に違法マフラーの定義が明確化され、車検の無い原付2種においても公的試験取得の証である        認証プレートが無いと違法改造として取り締まり対象になります。

尚、400Xに関しては車両を確保出来次第、JMCA認証試験を受検・合格し、リリースしたいと考えていますのでまた動きがあればブログでお知らせしたいと思いますので何卒宜しくお願い致します。(※現時点で発売時期は未定です)

ちなみに前モデル用のスリップオンは旧CBR400R用スリップオンと共通だった事もあり、実用性よりデザイン(レイアウト)を重視したスリップオンとなっていましたので、パニアケースの種類によってはマフラーと干渉する恐れがありましたが、新型400Xに関しては専用になる事もあり、パニアケースを装着出来るレイアウトに変更出来たらなぁとも考えています。

いずれにしましても上記の通りとなりますので、マフラー装着に関しては十分ご注意頂きたいと思います。

それでは今日はこの辺りで。

BC1430JM (9)


スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR