FC2ブログ

お知らせ色々です。。。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

まずは新型CBR400Rに関してからです。

SV1430JM (39)

お問い合わせ頂いた皆様、ありがとうございます。
大変お待たせしましたが予定通り、今週末からのリリースとなりますので何卒、宜しくお願い致します。

初回ロットをお求めの皆様、直販でお求め頂く必要はございませんので、お客様最寄のバイクパーツ販売店もしくはウェブショップさんからご注文頂けたらと思いますので宜しくお願い致します。
※ 新製品案内からリリースまでタイトなスケジュールだったので、各販社の更新が遅れておりご迷惑をおかけしています。

またこの新型CBR400Rのスリップオンに関してのお問い合わせの中で「前モデルと互換性がありますか?」とよく聞かれますが、互換性に関しては全くございませんのでご注意下さいね!

車両型式も前モデルが(EBL-NC47)で新型が(2BL-NC47)となっており、もし前モデル用のマフラーが装着出来た場合にも「車両型式ごとのJMCA認証」となり、現行の法律では違法マフラー扱いとなってしまいますので重ね重ねご注意下さいね。

他社さんの事は分りませんが弊社の場合、センターパイプの形状も全く違います。
ちなみにこれが前モデルCBR400R用センターパイプです。
OV1420JM (42)

そしてこちらが新型CBR400R用センターパイプです。
OV1430JM (81)
ちなみにサイレンサー内部の構造も完全に別設計です。(弊社の場合、コストはかかりますが基本的に全て専用設計です。)

スリップオンの場合、ただでさえ性能面でノーマルとの差を出しにくいのでサイレンサー内部で見えない部分とはいえ、その点は妥協する事は全くございません、はい。

今のところ、圧倒的にチタンオーバルタイプにお問い合わせが集中しているみたいです。
ジェントルな音質を是非、堪能して頂ければと思います。

次にZ125PROに関してですが、お問い合わせ頂いていた皆様、ありがとうございます。
今週末頃からマフラー開発を再開する予定で、再開しましたらまたブログで経過を書きたいと思いますので今しばらくお待ち下さいね。たくさんの方にご注目頂いているみたいで本当にありがたく思います。
来月の試験に照準を合わせて動きますので楽しみにしていて下さい。

またJMCA認証試験で言えば今回、KTM 250DUKEの車両確保が出来ず、KTM 250DUKE用スリップオンマフラーのJMCA認証が取得出来ませんでした。
発売を楽しみにされていた方には大変申し訳なく思いますが、現在は仕切り直して改めて車両の確保を目指して動いております。
車両が手配出来次第、認証取得を目指したいと思いますので宜しくお願い致します。

次に新型GROMに関してのお知らせです。

2016東京MCS (7)
東京モーターサイクルショーでGROMレースベース車両が発表されて話題となりましたが、市販車が近く発売開始されます。

弊社も車両を購入予定で車両が来るのを(といっても発売日は未定ですww)楽しみに待っているところです。
噂ではレースベース車が先に発売との情報もありますが、大人な事情もあって(書けませんが)色々と準備が遅れているので多分、市販車の方が先かと。。。

忙しくなるのですが、間に合えば新型GROMも6月の試験に間に合わせればなぁ。。。と考えていたりします。
(入って来るタイミング次第ではありますが)

現時点で詳しくは書けませんが、マフラー自体の性能ではレースベース車両よりパワーが出せそうな感じなので新型GROMを購入予定の方々、楽しみにしていて下さいね。

この他、ショップさんや個人のユーザーさんから発売時期や価格等の詳細情報のお問い合わせが多い、シグナスX・BW'S125・NMAXのスクーターラインナップですが、コンパクトスクーターシリーズとして新ラインナップするのに想定以上に準備に時間がかかっており、大変ご迷惑をお掛けしています。

シグナスX BWS125 (1)

正直言ってこんなにお問い合わせが多いとは想像だにしなっかった事と、準備期間に時間を要している事で心待ちにされている方々に対して大変申し訳なく思っています。
コンパクトスクーターシリーズに関してはあらためてご報告をさせて頂きますので何卒宜しくお願い致します。

※ 必ず発売しますのでその点はご安心くださいね。

と、本日のお知らせは以上です。


昨日はもてぎで全日本選手権が開催されましたが、鈴鹿8耐に出場のチームは準備に追われていることと思いますが。。。

この業界の人達は仕事と趣味がオーバーラップしてる事が多く、仕事とプライベートとの境界線がはっきりしない場合が多いのですが、結局のところレース好きな私もその一人で、明確にオンオフのスイッチがありません(笑)
しかしながら今年に至っては仕事であっても本人的にはオフモードでレースに関わっているので例年になく楽しい気がします。

周りにも聞かれるのですが今年は今のところ、本当に鈴鹿8耐には顔を出さない予定で、同じ耐久でも「もて耐」の方に照準を絞ってスケジュール調整をしています、はい。

鈴鹿8耐に行かない特別な理由はないのですが(笑)、現在、拡がりを見せている参加型の、それも「最大級の草レース」であるもて耐を通じてレースの在り方というか、レースの楽しみそのものを感じたいなと考えているんですよね。

全日本や鈴鹿8耐など正直、嫌な位にお金のかかる(笑)レースの価値というか、今年は少し離れたところから見つつ、趣味の延長線とも言える「もて耐」を通じて、今後のレースへの関わり方というか、スタンスを考えてみたいと生意気ながら考えています。

特に今年のもて耐は豊中BOSSが○馬君と組んで出る事が決まったので、今まで膨大なお金を費やしてレースをして来たBOSSが参加型レースで、どんな顔で楽しんでいるのかいないのか(笑)、その点も今年は楽しみな要因であります。

また今回のもて耐はライディングスポーツ誌のチームでNinja250SL、他チームからYZF-R25でレース出場するチームにマフラーサポートする事が決まったので、もて耐に向けてYZF-R25用レースマフラーの開発も進めて行きたいと思います。

どちらにしてもこの夏は楽しくなりそうです。

それでは今日はこの辺りで。

Ninja250SL JP250レース用マフラー (6)
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR