FC2ブログ

Ninja250SL JP250仕様レース用 マフラー開発日記

Ninja250SL JP250レース用マフラー (6)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。
全国的に天気も良く、大阪や東京なども夏日となり、いよいよ本格的なシーズンインとなりますが、個人的な感覚では今年はちょっとダメな感じの年ですね、今のところ。。。(笑)

売れてる商品の在庫がタイトなのは例年通りですが、全般的な流れを見ると案外そうでもないというか、やはりダメですね(笑)
過去を見てみるとこんな感じの年は8月~9月頃から急激に忙しくなるので、それに備えて下さいね、量産部隊の諸君!(笑)

私に限って言えば、例年通り仕事をたくさん抱えて相変わらずな感じですが、今期からJMCAの役職を離れたので、そういう意味では仕事に集中出来ているので肉体的にも精神的にもラクな感じでこなせています。


さてNinja250SL用JP250レースマフラーの開発日記ですが、何かたくさんのお問い合わせとブログ更新を望むお声を頂いており、ありがたく感じています。

ちなみに弊社のチタンオーバルサイレンサーですが、レースシーンにおいて形状的に使い易いみたいで近頃レース用マフラーの製作・開発依頼が増えていますが、下の写真もそんな感じで製作依頼が来て造ったNSF250F用のサイレンサーになります。
NSF250F (1)
無残な姿になっておりますが。。。(笑)
NSF250F (2)
GP3で全日本選手権を戦っている高杉奈緒子選手の車両に使用しているサイレンサーですが、どうやら転倒したらしく。。。。
今週末の全日本もてぎラウンド用に間に合わすべく数パターンのプロトタイプと合わせて製作する予定ですが、基本的に飛込みでのお話やワンオフは受けてませんので、これを読んでる業界関係者の方はくれぐれもご理解頂きたいと思います、はい(笑)

これからいよいよ8耐も間近に迫っていますが。。。今年の8耐は手伝うどころか、サーキットにも近寄らない(笑)予定なので、急に持って来てもお手伝い出来ませんのでくれぐれも宜しくです(笑)

その代わりと言ってはなんですが、今年は「もて耐」に顔を出したいと思っています。
その「もて耐」にも使用する予定の肝心なNinja250SLレース用マフラーですが、作業が止まっちゃってる訳ではなく、既にプロトタイプは完成しており、ブログ更新だけが滞っていました。(スミマセンです)

※ NSF250F用のサイレンサーの開発は同じシングル250ccであるNinja250SLにも役に立つのであくまでもこのマフラー開発の延長なんです、はい。ちょっと言い訳が入っていますが。。。(笑)

前回テストでベースとなる寸法・データが取れましたが、引き続きパイプの寸法を変更する作業を行い、ベンチテストを重ねました。
何をしようとしてるのかというと、もう少し高回転域のパワーを稼げないかと考えた次第で、作業自体は順調ですがなかなかその答えが見つかりません。

ピーク付近のパワーを上げると、低中速域の特性が想定よりも悪くなり、何度もパイプ径や長さを変更してみましたが、低中速域の特性を戻すと、ピークが元の位置に戻るという堂々めぐり。。。

Ninja250SL JP250レース用マフラー (1)

一番最初に造った寸法で出たパワーが結果としてベストだったりする事がたまにあるのですが、今回もそんな感じですね。
それでも改めてベンチデータを蓄積する事が出来た事と、一応現時点(ノーマル)の燃調の中で出せるピークは見えた感じなので、それならばもう少しアクセルレスポンスの改善を施し、出たデータがこちらです。

Ninja250SL JP250レース用マフラー (2)
青線が前回のデータで赤線が今回の仕様です。
誤差範囲と言えばそうとも取れるし、上手く行ったと言えばアップデート成功とも言えるしと、グラフだけの対比ならそんな感じですが、まぁそれまでのエンジンフィーリングよりも良い感じ(これも誤差と言えるのかな 笑)なので、現時点のベストは出せた感じです。

後は燃調を合わせてライダーがどんなコメントをくれるかを楽しみにして、この寸法でレイアウトを行いました。

Ninja250SL JP250レース用マフラー (3)
こんな感じのレイアウトです、
焼き色サイレンサーが少しレース用っぽくないですが、見た目もなかなかいい感じに収まったかなと。

ついでにいつも撮影してるところでノーマルカウルですが装着してパシャリと。

Ninja250SL JP250レース用マフラー (4)
うん、いい感じですね。ライダーがMoto3並みにバンクさせても当然ながらマフラーは路面に接地しませんよ(笑)

Ninja250SL JP250レース用マフラー (8)
Ninja250SL JP250レース用マフラー (7)
今回の仕様はフルコンを採用する事を前提なのでセンサーボスを設置していますが、基本的に販売の際はオプション設定となる予定です。(でないと、必要の無い方からしたらただのコストUPにしかなりませんから)
センサーボスよりも削り出しの目栓が高いんですけどね。。。

さぁ、実戦投入してのライダーのコメントが楽しみですね!
Ninja250SL JP250レース用マフラー (5)
最終仕様に向けてサイレンサーの仕様もNSF250Fで得たデータを積極的に活用していく予定ですのでお楽しみに。

それでは今日はこの辺りで。
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR