5/8 2016年鈴鹿サンデーロードレース第2戦

鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦 (9)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

先週水曜日に帰国して目先の仕事をバタバタとこなしていたらアッという間にもう次の日曜日ですね。。。(笑)
追われる仕事をこなす為に本日も出社していますが、日曜日といえば、先週鈴鹿サーキットでは「2016年鈴鹿サンデーロードレース第2戦」が開催され、また鈴鹿8時間耐久レース出場権を得る為の『8耐トライアウト JSB1000』も併催され、かなり盛り上がった熱い戦いが繰り広げられた様です。

弊社としてはインターJSB1000クラスにTT45相馬選手、8耐トライアウトJSB1000クラスにTT45&CLEVER WOLF Racing谷選手の車両にそれぞれアンレーベルさんと共同開発したYZF-R1レース用マフラーが装着されており、今回はそのマフラーを更にアップデートして持ち込んでいた事もあって注目していました。 。。。と言っても現地には行けませんでしたが(笑)

YZF-R1 レース用サイレンサー
タイに旅立つ前に仕様変更したサイレンサーを無事組み上げて、「果報は寝て待て」の気持ちでの出国となりました。。。(笑)

木曜日からの練習走行はどうやら雨模様でなかなかドライでの走行が無く、ライダー達にとっては忙しく難しい週末になったと思いますが。。。

そんな状況の中、インターJSB1000クラスで相馬選手が自身の公式記録を上回るタイムで予選2位を獲得。
鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦 (14)
セットアップ変更後、ほとんど煮詰める時間がないままのアタックで11秒6は立派です。

また8耐トライアルJSB1000クラスでは谷選手が3年ぶりのレース復帰後、二戦目にして堂々の予選4位。
鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦 (10)
南国の地から「何とか8耐出場切符(上位17台)を取れたら。。。」なんて考えていた私はこの素晴しい結果に脱帽です。。。(笑)

実は予選前日の練習走行を終えた後に、相馬選手からLINEで『サイレンサーいい感じです♪(中略)ありがとうございました』と報告があり期待をしていましたが、両選手の予選・決勝でのトップスピードや各周回の平均スピードを見ても、どちらも各レースにおいてライバルR1勢はもとより、全体でも2番手~3番手と、安定した性能を発揮出来ていた様で、ホッと一安心です。

ちなみにどちらのR1もエンジンはほぼノーマルです、はい。
まぁ、レースはマフラーで決まるのではなく、車体バランス(サスペンション)とライダーの能力に尽きるのでマフラーの役目は極端な特性で車体バランスの邪魔(ピッチング等)をしない事が優先事項ではありますが、ストレートが速い事はライダーにとってマージンにもなるので、結果が出た事に関しては大いに満足です。去年までRC8Rでライダー達に苦労させましたもんね。。。(笑)

さていよいよ決勝!という事ですが、ちなみに決勝での写真ですがSNS上で見ていたところ、相馬選手のお友達である福崎様の写真があまりにも格好良く撮られていたのでお願いさせて頂き、使わせて頂いております。

まずは、先に行われた「8耐トライアウトJSB1000」では予選4番手から、見事追い上げに成功して、な、な、何と2位以下を約6秒以上離して谷選手が見事優勝!となりました!
鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦(6)
鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦(5)
最終ラップにはトップを走っていた澤村選手のアクシデントもあったらしいですが、レース中のファステストラップも堂々記録し、根気強くトップを追いかけ続けた執念が勝利を導いたと思います。

鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦(1)
谷選手、優勝おめでとう♪ そしてクレバーウルフ津島さん、スタッフの皆様、優勝おめでとうございます♪
ちなみにこのマフラー、今年の初戦に続き、JSB1000クラスでデビュー3戦目にして早くも2勝目です。(辻井さん、良かったね!)

次にインターJSB1000クラスの相馬選手はレース中、序盤に一度はトップを奪いましたが踏ん張りきれず、それでも全日本ライダーに次ぐ4位とこれまた健闘しました。
鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦(7)
鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦(2)
決勝4位という結果に相馬選手は全く満足はしていないでしょうが、既に次を目指して走り出しているので私としては次回に期待したい所です。何故ならば勝ち続ける相馬利胤選手をみたいですから。
鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦(4)
ちなみに一昨日、レース結果報告を伝えに来てくれた相馬君と一緒に食事をしながらお話しましたが、チームオーナーとしての優先事項や自身のライダーとしての話など、尽きる事無く話をしましたが、これからもチームオーナー、そしてライダーとして頑張ってる相馬君を応援し続けたいと思います。

またST600Rクラスではここ1年以上、一緒にマフラーの開発をしているチームエッチングファクトリーの有川選手が予選2番手から念願の初優勝を飾りました!(有川選手、優勝おめでとう♪)

鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦(8)
鈴鹿サンデーオートバイレース 第2戦(3)
プロトタイプでエンブレムを貼っていないものの、見覚えのあるサイレンサー形状でしょ!(笑)
有川選手は今年ランキングトップを狙い、国際A級へ昇格を目標に頑張っているので是非、今後もこのまま活躍を続けて欲しいものです。

※ 写真をご提供戴きました福崎様、本当にありがとうございました


鈴鹿2&4とこの第2戦は運悪く出張と重なって現地に入れませんでしたが、こんなレースの時に現地に行っておきたいですね!(笑)

今年もいよいよ鈴鹿8耐/4耐までカウントダウンが始まっていますが、熱い夏にして欲しいと思います!

それでは今日はこの辺りで。

2016YZF-R1 4・11鈴鹿テスト (4)



スポンサーサイト
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR