FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴鹿サンデーロードレース第1戦 JSB1000クラス ポールトゥウィン。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (8)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

3月も今週がラストウィークとなり、おかげ様で週明けからマフラーのご注文も多く頂き、いよいよ本格的なバイクシーズン突入って感じで活気付いています。

金・土曜と東京モーターサイクルショーを観た後、大急ぎで大阪に戻り、日曜は鈴鹿サンデーロードレース開幕戦(国際コース・東コース開催)という事で鈴鹿サーキットまで行っておりました。

今回は東京往復を新幹線でなく車で移動した事もあり、体力的にはハードでしたが、相馬選手率いるTT45、そして(有)アンレーベル辻井さんと共に開発した新型YZF-R1用レースマフラーの最終プロトタイプの実戦投入緒戦だったのでチームの応援も兼ねて行って来た次第です。

ベンチテストや先日のテストでも既にアップデートが上手く行った事を確認出来ていますが、やはりレースの世界は結果が全て。
もちろんマフラーのみの出来でレースする訳ではないのですが、去年の最終戦ではYZF-R1勢でトップスピードを記録しながらもトラブルもあって決勝は残念ながらリタイヤだった事もあり、今回は是非結果を残して欲しいところです。

また今回はこれまた他チームですが、共同開発中のYZF-R6用のサイレンサー(プロトタイプ)の最終チェックを兼ねた実戦チェックもあったりで、少しだけ仕事モードでの観戦です。

相馬選手は去年ST600のチャンピオンになりましたが、今年はJSB1000クラスに絞ってチャンピオンを狙いにいってるので当然ながら緒戦をしっかり着実に勝ちに行きたいところです。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (9)
2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (10)

東京モーターサイクルショーに行く前日、マフラーのスペアを相馬選手のガレージに持って行った際、「東コースのレコード(52秒3)は当然として、51秒台でしっかり戦える様に」と話していましたが、どうなるのかいよいよ予選スタートです。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (3)

でもってコースイン3週目にはほぼレコードラップを記録、4周目にはコースレコードを約0.6秒も更新の51秒772で見事ポールポジション!有言実行、お見事です。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (11)
2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (13)
予選5位には同世代レーサーの高橋選手が見事5位獲得。高橋さん、スゴイなぁ。。。
YZF-R1勢は9台が出場していましたが、当然ながらトップです。

予選後、話したところによるとアップデートした方向性はバッチリらしく、フィーリングも上々との事。
安定感抜群の予選で、本人曰くまだまだ余裕があるとの事ですが、予選2位とのタイム差は1秒以上あり、決勝も気を緩める事なく頑張って欲しいところです。

TT45とは違うチームですが、JSB1000クラス決勝前に行われたST600Rクラスに出場の有川選手も決勝は6位入賞とR6用のサイレンサーもいい感じの実戦テストとなりました。
2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (16)
有川さん、入賞おめでとう!次はもちろん優勝でね!

さていよいよJSB1000INTクラスの決勝がスタートです。
2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (19)
私はピットからモニターを眺めてるだけですが、チーム内は引き締まった緊張感の中に余裕があり、落ち着いてレースが観れそうです。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (5)
レーススタート後、1度もポジションを譲る事無く、2位とのタイム差をコントロールする完璧なレース運びで見事優勝。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (4)
予選コースレコードに始まり、レース中のファステストラップに優勝と、去年の苦労が嘘の様な完璧なレースとなりましたね。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (22)
2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (20)

表彰式を終え、ツナギを着替える事もせず、ST600クラスに出場するチーム員の小山選手にレース前のアドバイス。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (14)
2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (6)
小山選手は予選2位で決勝は2度の赤旗中断による3度の再スタートでクラッチトラブルを抱えたものの、見事2位フィニッシュ。

TT45の緒戦としてはJSB1000、ST600共々、上々のスタートを切る事が出来ました。

このTT45(チーム胤)ですが、ショップ系やパーツメーカー系ではなく、完全なプライベートチームなんです。
相馬選手の下に集まった仲間で、プロチームの様にしっかり各々がレース管理を行い、また相馬選手に関しては、自身のレース以外にチームオーナーでありチームの先輩ライダーとして、しっかり小山選手達の後輩ライダーに的確なアドバイスやレース状況を把握しスタッフに指示する等、そのリーダーシップには本当に感心させられますね。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (21)
スタッフの皆さんも快心のシリーズ緒戦となり、良かったですね。

といっても、余韻に浸る暇はなく、来月24日は鈴鹿8耐出場の権利がかかる鈴鹿2&4に向けて既にスタートです。
このYZF-R1はエンジンはノーマル(とは言っても当然しっかり整備しています)でサスペンション(ノーマル改)とマフラー、それにキャリパー位が大きな変更点というまさしくプライベーターのR1ですが、1台でも多くの全日本チームのバイクを喰っていって欲しいですね。

また今回のレースを経て、このレース用に開発されたYZF-R1用フルエキゾーストは正式に発売を開始致します。

詳細はまた詳しくお伝えしますが、定価は245,000円(税抜き)でこのクラスのレースには必需品ともなるスペアサイレンサーのセットもお得な価格で販売予定で、既にご注文・お問い合わせも多く頂いております。

前にも伝えましたが、このYZF-R1レース用フルエキゾーストの販売に関してはTT45を窓口として販売となる予定です。

弊社にお問い合わせ頂いている方にはメールでご案内を差し上げますが、近日中にまたブログでも詳細をお知らせしたいと思いますので、今しばらくお待ち頂けたらと思います。


それでは今日はこの辺りで。

2015YZF-R1 TT45 鈴鹿SRR第1戦 (1)
相馬君、優勝おめでとう!
スポンサーサイト
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。