2016YZF-R1 レース用マフラー 最終仕様が完成です。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

3月に入り、気温が暖かくなると急にマフラーの注文が増えてと、こんなに顕著に状況が変るって事に毎回驚きをもって見ています。
『見ています。』って事はそう、私は開発担当で量産部隊ではないからですが(笑)、こういうタイミングに限って在庫のタイトな物や在庫の無い物の注文が多かったりと、私にとっては大量のご注文は嬉しい悲鳴ですすが、量産部隊にとっては、少々本気の悲鳴を上げています(笑)

さて一昨日ですが、いよいよ始まるレースシーズンに向けてYZF-R1レース用マフラーの最終仕様がようやく完成しました。
前回のテストでアップデートの確認を行ない、今回は最終仕様のマフラーレイアウトを少々変更しました。

前回までのマフラーレイアウトは。。。
2016YZF-R1 レース用マフラー (4)

こんな感じにかなり攻撃的なUPスタイルでしたが、最終仕様は少し角度を抑えてこんな感じに。。。

2016YZF-R1 レース用マフラー (1)

車体の軸付近に重量物(サイレンサー)を持っていく事でコーナーでの切り返し時に少しでもライダーの動作に無駄が出ない様にとの考えもあってのレイアウト変更です。

と同時に、マフラーステー取り出し位置も変更しました。
YZF-R1はシートレールの縦方向にしか穴があいておらず、万が一の転倒によりサイレンサー、マフラーステーが破損した場合にも素早く交換作業が出来る様にオフセットベースを製作し、車体前面からステーを取り外し可能にしています。

2016YZF-R1 レース用マフラー (5)
まぁ、レース用ですから当然な事ですけどね。

2016YZF-R1 レース用マフラー (3)
左に見えるのはストロークセンサーですが、発売するレース用マフラーのオフセットベースにも当然、同じ仕様になっていますので、ストロークセンサーを装着する車両には便利なアイテムでもあります。

量産はこれからですが、とりあえずは無事、最終仕様が完成して、アンレーベル辻井さん、そして私もホッと一息です(笑)

既にヤマハ系某チームからマフラーを使いたいとのお話も頂いており、大変ありがたい事です。

ちなみにこのマフラーですが、何件かお問い合わせ頂いていますが、このマフラーはパーツ販売店やウェブ販売店等、通常ルートでの販売は行わない予定です。

※ 相馬利胤選手率いるTT45(チーム胤)のレーシングショップのみの取り扱いとなります。

競技用マフラーという性質上、ご理解の程宜しくお願い致します。

価格や仕様等、またお知らせ出来るタイミングが来ましたらまたご報告させて頂きます。

さてと、昨夜は打ち合わせという名目でかなりの量のお酒を飲んでしまいましたが、辻井さんはちゃんと仕事出来てるかな?(笑)
本日もあと数時間で仕事が終わるので、頑張って乗り切りたいと思います。

それでは今日はこの辺りで。

2016YZF-R1 レース用マフラー (2)
スポンサーサイト
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR