FC2ブログ

MT-25の慣らし始まってマス。。。ちょい退屈。。。(笑)

MT-25 慣らし (1)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

あっという間に10月も最終週。。。忙しかったのか、ただ単にバタバタしてただけなのか分からないうちに10月が終わろうとしています。。。(笑)

取り敢えずは目先の予定を淡々とこなしていきたいと思っていますが、このMT-25用フルエキゾーストの開発と平行して個人的にワクワクする様な開発や企画が盛りだくさんで、それなりにモチベーションは高い状態です、ハイ。


さてそんな中、週が明けた昨日月曜日にモロッコから嬉しい知らせが届きました。

エクストリームライダーの小川裕之選手が、モロッコで開催されたインターナショナルスタントコンテスト(世界選手権)に出場し、何と3位入賞をゲット!見事表彰台を獲得してくれました!
小川裕之 (2)

スタントライダーの層が厚い欧州勢に混ざってのこの活躍は、本当に嬉しく、進化を続ける小川選手のテクニックが、世界のトップに手が届く事を証明してくれた素晴しいリザルトとなりましたね。

小川裕之 (1)

実は11月上旬にに小川選手が車両を持って来社する予定で、彼の要望に応えるべくエクストリーム仕様のマフラーを製作する事になっています。
エクストリームの場合、単純にパワーがあれば良い訳ではなく、彼が繰り出す技に対して如何に邪魔せず低速域の特性を造るかが、大きな鍵ととなります。

彼のスタントを陰で支える役目になるのがマフラー特性(パワー特性)でもあるので、しっかり彼の意見を反映出来る様にがんばりたいと思います。
とりあえず3位入賞おめでとう!大阪で祝杯をあげましょう♪♪

さてさてMT-25ですが、少し予定は遅れながらも慣らしが順調に始まっています。

最初はシャーシダイナモ上で初期の慣らしを行なっています。

MT-25 慣らし (2)

ノーマルで慣らしをしてると静か過ぎて寝ちゃいそうなので(笑)特に深い意味は無いのですが、S.O.Vスリップオンを装着して音質を楽しみながら慣らしを行なっています。

MT-25 慣らし (4)

シャーシダイナモ上ではフロントタイヤ前方にある大きなファンでエンジンを冷却しながら慣らしを行なうのですが、季節的に涼しくなって来たとはいえ、水温には細心の注意を払い、走行距離や時間を見ながらギヤの段数や回転数を上げていき、定期的にクールダウンさせるのですが、このMT-25は本当にしっかりしてるエンジンで、丁度いい水温(メモリ三つ目)からピタリとも動かず、エンジンも常に安定していて、非常に慣らしが楽ですね。

ちなみにフロントタイヤ前の大きなファンはこんな感じです。

MT-25 慣らし (5)
直径60cm越のかなり馬力のあるファンで冷却に一役買ってくれてます。

とはいえ、このエンジン自体の安定感が同じ250ccのライバル車と比べても、ずば抜けていますね。

ミッションフィーリングに関しては前回に開発したNinja250SLでは、慣らし前の新車状態では剛性感が無く非常に頼りなかったフィーリングでしたが、このMT-25はフィーリングも良く安定感があり、そういう意味ではNinja250(Z250)もフィーリングは良かったのですが、MT-25(R25)のシフトフィーリングの方が更に良い感じです。

ちなみにこのクラスでダントツにシフトフィーリングが良いのは125/200DUKEです。
小気味良く「カチッ」と入るシフトは国産車のこのクラスには無い感覚で、個人的にはかなりお気に入りでした。

慣らしをしているとあらためてこのエンジンの静寂性・振動の少なさを感じますね。
なので、シャーシダイナモ上では眠たくなってしまいますね(笑)

そろそろ実際の道路で景色。。。いや、動力性能を確認しながら、負荷のかかった状態で慣らしを行ないたいのですが、諸事情でまだナンバープレートが無い状態なので、もう少しの間このままシャーシダイナモ上で慣らしを継続する事にします。。。

一段落して、時間が少し出来たら。。。 ナンバープレートが来るまでの間に新型YZF-R1のレース用マフラーの段取りでもしときましょうかね(笑)

今年もこの時期になってようやく、開発の仕事が本格化してきた感があります。。。。って、今頃か!(笑)
年末まで残すところ2ヶ月ですが、一気にスパートして海外に逃げたいと思います(笑)

それでは今日はこの辺りで

MT-25 慣らし (3)
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR