FC2ブログ

YZF-R3 用スリップオンマフラー JMCA加速走行試験に合格しました!

YZF-R3 テスト

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。


YZF-R3用スリップオンですが昨日、BEAMSさんの車両をお借りしてJMCA加速走行騒音試験を受検し、見事合格して参りました。
(BOSS、ありがとうございました!)

今回の試験は車両をお借りした事もあり、持って行くのはマフラーのみという事でマイカーで往復650kmを快適に移動する事が出来て助かりました。合格もしましたし、これで明日のBOSSとの飲み会も気兼ねなく楽しめます(笑)


さて試験に合格したスリップオンマフラーはYZF-R25用スリップオンと全く仕様が同じの3タイプです。。

・ ラウンドタイプスリップオン
YZF-R25 BC2250JM ヒートガード装着 (8)

・ チタンオーバルスリップオン
YZF-R25 SV2250JM  ヒートガード装着 (2)

・ S.O.Vチタンショートオーバルスリップオン
YZF-R25 NV2250JM  ヒートガード装着 (2)

 ※ マフラーヒートガードは別売りオプションです。(定価4,500円 税別)

少し気になっていたS.O.Vの音量ですが、念の為に『タイプⅡ』としてプロトタイプを製作して持って行っていましたが、杞憂に終わり、ホッとしています。

でも昨日はマフラー交換作業が多くて一人バタバタして大変でしたね(笑)

BEAMSさんが展開するBMS-Rブランドのスリップオン「R-EVO」、「CORSA-EVOⅡ」そして同じくBEAMSさんの車両シェアでダックスコーポレーションさんの「SANSEI ZNIC(ジニック)」、そして弊社のスリップオン3種類と1台で合計6本、スリップオンとはいえ5回交換を気温30度を軽く越す中、時間の制約のある状況で作業していたので、バテました(笑)

YZF-R3用スリップオンマフラーの音量ですが即効値は下記の通りです。

・ ラウンドタイプ         近接 90dB 加速 77dB
・ チタンオーバル         近接 89dB 加速 76dB
・ S.O.Vショートオーバル    近接 92dB 加速 80dB

もちろんこれらのマフラーは車検対応品となりますので安心して使用して頂けたらと思います。
※ YZF-R3の車検時に必要な 純正触媒使用確認書が商品に同梱されます。

尚、リリースは最短で7月7日を予定しております。(JMCA認証プレート待ちです)

ちなみに上記のスリップオンマフラーですが、おかげ様でたくさん売れている事もあり、街中で見かける事も多くなって来ましたが、たまに取り付け方が「??」となってしまっている方も見受けます。

何が「??」となっているのかというと、取り付け角度です。

YZF-R25(R3)用スリップオンは付属のプレートステーがあり、この取り付け角度でサイレンサーの角度も変えられます。

例えばS.O.Vスリップオンに関しては、プレート装着しない場合でも装着出来て、プレート無しではこんな感じに装着します。

YZF-R25 取り付け角度 (3)
かなり戦闘的なUPスタイルで、私としてはこのスタイルを前提に開発しました。

しかしながら過激過ぎると感じる方もいらっしゃるので、プレートステーを同梱する事にしました。
その取り付け例がこれです。

YZF-R25 取り付け角度

プレートステーを使用する事で上の写真より角度を下げる(調整)する事が出来ます。

便利でしょ!
しかしながら便利にも良し悪しがあって先日、同業他社さんのお客さんの取り付け写真を見せて頂きましたが、こんな感じに取り付けられていました。

YZF-R25用スリップオン : 悪い取り付け例

これはプレートステーを使った取り付けのあまり良くない例です。。。プレートステーを真下にして装着されていました(汗)
この位置では、サイレンサー角度が低くなるだけでなく、サイレンサーバンドの取り付け位置が手前になり過ぎてあまり良くない状況です。(取れたりはしませんが。。。)

お客様もこの取り付け角度を望んでいなかったので取り付け方をお伝えして直して頂いたのですが、プレートステーは良くも悪くも角度が自在なので、取扱説明書に従って適切に取り付け頂けたらと思います。

ちなみにラウンドタイプ、チタンオーバルタイプも同様にプレートステーで取り付けます。

DSCN1418.jpg
YZF-R25 取り付け角度 (4)

この角度でサイレンサー角度が決まります。
お好みにより角度は自由ではありますが、マフラーの取り付け角度次第では、せっかくのスタイルも台無しになる事もございますのでその点をお気をつけて取り付け頂けたらと思います。

YZF-R25 取り付け角度 (5)



それでは早速、今からYZF-R3用スリップオンマフラーをJMCA事務局に登録申請をしてJMCA認証プレートの発注を行ないたいと思います。

お電話でお問い合わせ頂いていた皆様、宜しくお願い致します。

それでは今日はこの辺で。
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR