FC2ブログ

お知らせ色々。。。  - CB400SF/SB REVO  YZF-R3 等々 -

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

書いていたブログが書き終わる寸前に突然、何らかの拍子に消えてなくなりました。。。ハァ...

何から書いていたのか分からなくなりましたが思い付くまま、まずはNinja250SLに関してです。

遅くなりましたがホームページの製品ページにUPしましたので宜しくお願いします。

Ninja250SL スリップオンマフラー 製品ページ

またブログ右側に貼り付けているWR'Sサウンドを先日撮ってもらったYZF-R25用S.O.Vスリップオン、そしてNinja250SLチタンオーバル仕様の動画に更新しましたので、宜しければご参考にして下さいね。

次に'08年から販売してきたCB400SF/SB REVO用スリップオンマフラーですが、新製品の発売に伴い在庫限りでの廃盤が決定しました。

CB400SF-Revo ステンレス BF1450JM
・ ステンレスサイレンサー 仕様 (BF1450JM) ※在庫限りで廃盤。

CB400SF-Revo チタン BT1450JM 
・ チタンサイレンサー仕様 (BT1450JM)  ※在庫限りで廃盤。

CB400SF-Revo_ カーボン BC1450JM
・ カーボンサイレンサー仕様(BC1450JM)  ※在庫限りで廃盤。

※ 在庫はそれぞれ数本程度と僅かです。

今年3月末からリリースした新製品はサイレンサー長が短くスポーティーなイメージである事に加え、チタンオーバル仕様や焼き色チタンサイレンサー仕様も登場したりで需要が一気にこちらにシフトした感がありますね。

尚、根強い人気のSUSメガホンスリップオンは継続販売となりますのでメガホンファンの方はご安心を。

CB400SF/SB(全年式用)新型スリップオンマフラー

また廃盤となった商品に関してリペアパーツの供給はこれからも行なって行きますのでよろしくお願いします。
本当に長らくご愛顧頂きありがとうございました。

次にYZF-R3に関してのお知らせです。

yzf-R3 (2)

いつも仲良くさせて頂いている豊中のBOSS率いるBEAMSさんのご厚意でYZF-R3をお借りし、6/24に行なわれるJMCA加速走行騒音試験を受検する事となりました。(BOSS、ありがとうございます。ホント、公私共々お世話になってます。)

試験を受ける予定のスリップオンは

・ラウンドタイプスリップオン
・チタンオーバルスリップオン
・S.O.V(チタンショートオーバル)スリップオン

の3種類で、これらはYZF-R25用スリップオンと共通で既に適合確認等も完了していますので後は合格あるのみです。

合格後、早ければ2週間程度でデリバリーが可能となりますのでお問い合わせ頂いていた皆様、今しばらくお待ち下さいね。

弊社のマフラー開発ですが、ここまで終わらせればほぼ今年は終了かな?(笑)

とりあえず来月の690DUKE用スリップオンをJMCA試験に合格させる作業が残っていますが、開発自体は終了していますしね。

NC750等も予定には入れていますが、目新しいバイクとなると。。。思い付きません(笑)

とりあえずは、新型サイレンサーの試作・開発に集中しましょうかね。

それでもシャーシダイナモ上は常に何らかの車両が載ってており、先週からはGROMのレース用マフラーなんかをOEMで開発・製作したりしています。

GROM レース用 (1)

自社製品ではないのですが、徹底的にデータを取り、これまで持っているデータと合わせて分析したり、レースで実績のある某マフラーをベンチマークしてみたりと...(笑)

かなり良いデータが取れたので自社製品でも売りたくなるところですが(笑)、まぁそっちの方は深入りせずレース屋さんにお任せする事にしましょう!(笑) 。。。やり出すと案外凝り性で今日はスポーツランド生駒まで実走テストに行って来ました。。。(笑)

ところで先週、ホンダからRC213V-Sが2190万円という価格で発表されましたね。

巷では「2190万で70ps?」とか「燃費はどれ位?」など、おそらく本当に購入する意思のある方からすれば気にならないであろう話題で持ちきりですが。。。(笑)

正直言ってこのバイク、果たして価値的に安いのか高いのか判断がつきませんねぇ。(もちろん買えませんが…)

250台限定なのでレースに使いたくてもスーパーバイクレギュレーションのホモロゲも取れませんしね。
ちなみにレース用キットも幾らするのか分かりませんが用意されていますね。(しっかり組めば215psらしいです、はい。)

しかしながら市販のこのバイクにはMOTO GPマシン(RC213V)と違い、ニュウマチックバルブは採用されていなかったりと、本当に凄いのか、妥協しているのかよく分かりませんね(笑)

まぁ、採用されていればこんな価格では出せませんけどね。

しかしレース用キットって、何のレースを走れるんでしょうかね(笑)

今のところMOTO GPのオープンカテゴリーのスペアパーツ用車両にしかならなさそうな。。。

カワサキのH2Rといい、RC213V-Sといい、これらの車両は一体何のレース用なのでしょうかね?(笑)

コンセプトがバブル時代の様な。。。
やっぱり今の日本、景気がいいんでしょうね!(笑)

それでは今日はこの辺で。
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR