FC2ブログ

YZF-R25 マフラー 開発日記

マフラーカバー (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

先日ブログでも書きましたが、JMCA加速走行騒音試験を合格し、量産に向けて急ピッチで準備中ですが、何かブログの反響がすごくてたくさんのメールや問い合わせを頂き、大変ありがたく思います。

JMCA騒音試験の結果からお伝えすると

・ ショートオーバル(SOV)  近接騒音値 93db 加速騒音値 79db
・ ラウンドタイプ        近接騒音値 90db 加速騒音値 76db
・ チタンオーバル       近接騒音値 90db 加速騒音値 76db   となっています。

今回、YZF-R25のみにラインナップするショートオーバルはワイルドな雰囲気とともに音量・音質面でもほぼ完璧に狙い通りの仕上がりで、JMCA認証マフラーとしてこのままの仕様でリリース出来て本当に良かったです。

もし、試験に不合格なら仕様変更を強いられる事となり、パワー面でも音質面でも妥協せざるを得ない事になっていたので正直、ホッとしています。

R25の場合、スリップオンではなかなかパワーが上がりにくいとされていますが、実は前回のグラフ、最終仕様の一つ前のグラフで、最終仕様のグラフは、ラウンド、チタンオーバル共にかなり満足の行く結果となっています。

意図的に隠した訳ではないのですが、前回も書いた通り、合格してからあらためてご紹介しようと思っていた事もあり、ちょっと三味線を弾いたグラフを載せてみました(笑)

価格に関してですが、量産に向けての資材調達や材料の価格調整でバタバタしてた事と、他にもう一つ理由があり、今日はまだ最終的な価格をご紹介出来ませんが、もうしばらくお待ち下さいね。

もう一つの理由として上記の写真を見て欲しいのですが、スリップオンマフラーに交換した事により、ジョイント部の空間が空き気味で私は少し気になっているんですよね。

マフラーカバー (1)

気にならない方は全然気にならないとも思うのですが、この隙間というかこの部分の空間のの事です。

決してマフラーに問題があるという事ではないので、このままマフラーを販売する事は出来るんですけどね。。。

そこで先週末から取り組んでいるのはこの部分のマフラーカバーです。
といってもまだまだ構想の段階で試作品も完成していませんが、こんな感じのカバーを造ろうかなと。

マフラーカバー (3)

どうでしょうか? 一番上の写真と比較すると足元が締まる感じがしませんか?
このマフラーガードは当然、ラウンドタイプやチタンオーバルにも共通で使用出来ます。

最終的な造形や材質はまだ未定ではありますが、今週中には目処を付けてあらためて紹介出来ればと考えています。

なるべく、さり気なく車体と一体感を持つ感じに出来ればと考えています。

このマフラーカバーですが、商品に付属にするとマフラー自体の価格を押し上げる要因ともなりますので、現時点ではオプションパーツ(なるべく低価格で)として考えています。
※ オプションとする理由は何人かに確認しましたが、現時点で必要ないと判断した方も多かったので。

まだまだこんな作業をしている為、各タイプの写真も撮れてなくて価格も発表出来ませんでしたが、なるべく早い機会に最終仕様のパワーグラフも含めてブログの更新をしたいと思います。

ちなみにお問い合わせの多いこのショートオーバルですが、定価は税抜きで40,000円を切ってのリリース予定です。

またどのタイプも今月下旬には発売出来る様に準備を進めていますが、ご予約は価格・品番が決まってからでしか受付出来ませんので今しばらくお待ち下さいね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR