KTM 125DUKE マフラー開発日記

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

師走というだけあって。何かとバタバタとしてる時期ですが、先週末は風邪で完璧にダウンしてしまいました。
ずっと風邪気味ではあったのですが、まぁ流行のインフルエンザでは無かったので週末をゆっくりベッドの上で過ごし、本日はすっかり体調が戻った感じです。(後は誰かに風邪をうつしたら完璧に復活するでしょう 笑)

さて今週が弊社にとって本年のラストウィークとなります。

既に関係各社にはお知らせしましたが、ブログを拝読頂いている皆様にも年末年始休業のお知らせです。

弊社の年末年始休業は 12/28~1/4まで とさせて頂いています。

お休みの間、皆様にはご不便をおかけ致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

ちなみに弊社は基本的に土曜日の出荷は行なっておりませんが、今週の12/27(土)のみ本年の最終便として出荷を行ないます。

リペアパーツ等を含めて大小は問いませんので、年内中にお手にしたい物がございましたら、宜しくお願い致します。
※ 天候や道路事情により、お客様のお手元に商品が年内中に届く事を保障する事は出来かねます。


さて125DUKEマフラー開発に戻ります。

おさらいすると、まずその前までのプロトタイプとノーマルとの比較がこのグラフです。

ノーマルvs①ロング
こんな感じで決して悪くは無かったのですが、常用する中高速域の改善を、パイプ径やパイプ長の変更する事でもう少し上積みさせれると判断し、作業を再開しました。

またフィーリング的にもレスポンスが敏感すぎる面もあり、もう少しマイルドに仕上げるのも目的のひとつです。

まずはパイプ径のみを変更しての結果がこんな感じです。

ノーマルVS④

グラフではその前と大きく変わらない感じではありますが、高回転域の反応がすごくいい感じで、径を太くしたのですが、音量も若干下がり、音質もかなり心地良い音質に変わりました。
圧縮比が高い事もあり、シングル独特のパルス感が耳に付く感じからかなりマイルドになりました。

面白いですよね。
イメージ的には太くする事で音量が大きくなりそうなものですけどね。
実際にはサイレンサー構造等の組み合わせもあり、複合的な要素も多分にあるのですけどね。

ここから更にパイプ長の変更を繰り返して結果、最終プロトはこんな感じに。

ノーマルvs最終プロト

4,000rpm近辺の落ち込みも少なく、そこから高速域に至るまでかなりいい感じに仕上がりました。

この4,000rpm付近ですが、断言しますが誰が乗っても気が付かないと思います。
というのも非常にシャープに吹け上がるのでむしろ回転の繋がりが良く、ノーマルに比べての加速感が向上した事でかなり楽しい性格に変わっています。

音質もKTMらしい歯切れの良い音を残しながらもしっかり音量自体は抑えているので長く乗っていて疲れないと思います。
既にお知らせした通り、JMCA認証試験にも無事合格、125DUKE用マフラーとしては数少ない合法マフラーの完成です。

アクセルフィーリングもエッジが効き過ぎてる事もなく、いい感じに仕上がったのではないかと思います。
是非、体感して欲しいと思います。

各サイレンサーの装着画像及び品番・価格、発売時期等は年明けのお知らせにしたいと思います。

さぁ、残すところあと1週間。
気合を入れてスパートをかけたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

125DUKE マフラー開発 (3)
スポンサーサイト
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR