2014CBR250R/CB250F スリップオンマフラー重量

CB250F  OV1210JM (28)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

今月1日に発売以来、好調な滑り出しを見せており、開発者として大変ありがたく、感謝の気持ちで一杯です。

発売時期が二転三転し、リリースのタイミングも大幅にずれ込む等、今回のリリースにあたっては私の不味い対応で、お客様並びに販売店様には大変ご迷惑をおかけしましたが、予想に反して順調な滑り出しで内心ホッとしております。

今年は何かと忙しくバタバタした1年で、人数の少ない弊社の場合、新製品リリースにも大きく影響してしまった事を本当に悔やみますね…

「WR'Sさんの発売を待ってました!」とありがたい言葉を聞く度に、12月リリースではなく、7月頃にリリース出来てたらもっと。。。とも考えたりしない訳でもないのですが(笑)、とりあえずは順調な滑り出しに感謝です。

さて話は変わりますが、表題のスリッププオンマフラー重量に関するお知らせです。

お問い合わせを頂いて気が付いたのですが、ブログでお知らせ出来ていなかった様で申し訳ございませんでした。

ノーマルサイレンサー約5.8kgに対して下記の様になっています。

【ラウンドタイプ】

・ステンレスサイレンサー仕様           約2.4kg
・チタンサイレンサー仕様(焼き色含む)     約2.2kg
・カーボンサイレンサー仕様            約2.1kg

【オーバルタイプ】

・チタンオーバルサイレンサー(焼き色含む)  約2.3kg     

となっています。 ※ それぞれサイレンサーバンド重量も含みます。

ノーマルマフラーが5.8kgなのでステンレスサイレンサー仕様でも60%以上の軽量化、カーボンサイレンサー仕様なら約2/3弱位の軽量化となりますね。

こうやってみると、柄の美しさで人気のカーボンはやはり軽量化にも大きく貢献してくれてますね。
皆さん、カーボンサイレンサーを持たれて軽さに驚かれるのがよく分かりますね(笑)

この2014CBR250R/CB250F用サイレンサーの内部構造は弊社でも1,2を争う位、時間とコストをかけて開発しましたが、他の車種より凝った構造になった分、重量に影響するのでは?と考えていましたが、触媒も内蔵しているスリップオンにしては軽量に仕上げられたので満足しています。

ちなみに今のところラウンドとオーバルのタイプ別での売れ行きはというと、細かくは公表出来ませんが弊社のYouTube動画の視聴回数と同じ位の割合になっていますね。

視聴回数と売り上げ傾向がよく似てるのは興味深いですね。
今後もどうなっていくのか売れ行きの推移と合わせて見守って行きたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

CBR250R BC1210JM (2)
スポンサーサイト
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR