2014CBR250R/CB250F用スリップオン 今日から出荷開始です。。。けど。。。

CBR250R SV1210JM (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

ご注文頂いていた皆様、長らくお待たせしましたが、いよいよ本日から出荷開始となります。(本当にありがとうございます。)

実は昨日もPCと格闘しておりましたが。。。 先週からホームページを更新するのにサーバー上の何かがおかしくて更新出来ないトラブルに見舞われており、事もあろうか発売開始日の今日に至ってもホームページの製品ページにUP出来ておりません。。。

おそらく今日、明日中には製品ページにUP出来る見込みですのでご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願い申し上げます。

それにも関わらず、本日は朝一番の電話から2014CBR250R/CB250Fの在庫確認等が多く、大変ありがたく思います。

当初の発売予定日から急な仕様変更等で急遽JMCA加速試験を再度受けに行かなければならなくなったりと、予定外の時間や労力がかかってしまいましたが、マフラー開発に協力頂いたI様のおかげもあり、商品的にはかなり良い仕上がりになったと思います。

今回のスリップオンは前モデルから触媒位置を変更、更なる適正位置を見極める事で排ガスの浄化はもちろんの事、アクセルフィーリング・レスポンスを最適化する事にも貢献してくれています。

そしてパワー感やアクセルを開けた時の音質改善の為、サイレンサーの内部構造は前モデル用の構造とは全く異なるタイプのストレート構造を採用しております。

正直って、スリップオン開発でここまでするか?という位に内部構造の開発に時間をかけましたよ!(笑)
(元々弊社の場合、内部構造は基本的に汎用でなく専用設計ですが、今回は持っているノウハウを注ぎ込みました)

サイレンサー プトトタイプ
※ もちろんこの3本だけではないのですが(笑)。。。外見は一緒でも内部構造が全く異なる仕様です。

ラウンド(真円)サイレンサーはシングル独特の尖った音質をマイルドに仕上げ、心地よいシングルサウンドを楽しんで頂けると思いますし、チタンオーバルは歯切れの良いシングル独特のパルス感をしっかり感じて頂ける仕様となっています。

まぁ、これはあくまで音質面で音量自体はラウンドが88db、オーバルが89dbとしっかり余裕を持ってクリアしつつ存分に楽しんで頂ける音質となっています。

ところで先日、シャーシダイナモ上で撮った動画ですが、こちらもUPが遅れておりますが、明日にはYouTubeにUP出来ると思います。(こちらもホームページ更新余波で遅れてすみません)

UP出来次第、ブログにもリンクを貼ってお知らせさせて頂きますので宜しくお願い致します。

ちなみにこのブログを書いている間にも数件、在庫確認&お問い合わせがありました(感謝!)
先程のお電話は「マフラー開発された方とお話できますか?」と掛かって来ましたが、事務所に居る時は結構電話を取ってますので、何なりとお気軽に相談下さいね!(笑)


先にも書きましたが、当初の予定から発売時期の延期もありWEB販売店さんの掲載も遅れてる模様で、販売店並びにお客様には大変ご迷惑をおかけしてすみません。

毎回、いち早く商品の掲載をして頂いている「ゼロカスタム」さんでは今回も既に製品ページの掲載をして頂けていますので、ご購入を考えている方は、セールもされているみたいなので一度チェックしてみて下さいませ。

2014CBR250R スリップオン

CB250F スリップオン

造り直した事でJMCA試験を2度受けた分、経費は倍かかっていますがその分、前モデル用スリップオン同様、爆発的な…(無理かな 笑)、ご注文をお待ち申し上げております。

それでは今日はこの辺で。

CB250F  BT1210JM (11)
スポンサーサイト
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR