FC2ブログ

センターパイプの構造

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

CBR250Rスリップオンですが、おかげ様でたくさんのご予約を頂きまして誠にありがとうございます。
今週金曜日の初出荷までしばらくお待ち下さいませ。

前々回のブログでセンターパイプのφ50の中にφ38が伸びていると書きましたが、興味を持たれた方から、「どんな風に入っているの?」というメールが何通か来ましたので、簡単に説明させて頂きます。

下の写真はホーネットのスリップオンの物になります。

HORNET250テールパイプ サンプル

CBR250Rでカットモデルを作る時間がございませんでしたので、ホーネットで代用しますが、大体こんな感じに入っています。(CBR250Rではもう少し短いですが。)

写真では判りにくいかも知れませんが、一番先の部分はパイプの共振や音質への影響、さらにはパワーの谷が出ない様、プレスで部品を製作して溶接シールドしています。

CBR250Rの場合は後ろから覗くと触媒がある為に見えませんが、ホーネットの場合は覗くと見えます。

250cc位までの排気量はエキパイやセンターパイプを見栄えを良くしようと太いパイプを使うと全然走らない(パワーが出ていない)マフラーになる事が多いです。

かといって、細いパイプがいいから、そのまま細いパイプだけで見た目の格好の悪い製品を造るなど、開発する人間としては論外です。

マフラーは機能パーツではありますが、見た目もかなり重要な要素があると思います。

Ninja250Rの時でしたが、すごく細い貧弱で、水道の配管のようなノーマルパイプの後ろから、スリップオンマフラーを製作する為、見た目も悪くてそのまま製品として売るには開発者として絶対にしたくありませんでした。

買ってくれるユーザーに申し訳なく感じたからです。
考えた末、ノーマルパイプの上に被さる様にφ42,7のパイプをセンターパイプに溶接し、見た目にはφ42.7→φ50テーパーテール仕様に見える様に仕上げました。

ちょっとした事ですが、ダミーパイプを使用する事で随分と見栄え良く、レーシーな雰囲気が漂ったりします。
ダミーパイプの重量分だけ重くなるとか、思われる方もいるかも知れませんが、レースとは違い、わずか180gの重量増(携帯1個分)だけで見栄えが良くなるなら、仕事として私はこちらを選びます。

(気が向いたらホームページのNinja250Rの製品ページを参照下さい。)

パイプの太さによってそれぞれの長所、短所があり、それを組み合わす事でお互いの長所を引き出す寸法を見つける事が開発者の仕事です。

CBR250Rの場合、見栄え的にはφ38のパイプ部をφ42.7で行きたかったのですが、性能面(特に低中速域のパワー)ではφ38の方が断然良かったのでこちらの径を採用しました。

Ninja250Rの時とは違い、CBR250Rの場合は、この部分がダミーでなく、性能に直結する部分ですから。

開発時間をたっぷりかけましたので、美味しく仕上がっている筈です。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR