FC2ブログ

KTM 125DUKE マフラー開発スタートです。

KTM 125DUKE (1)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

バタバタと開発が続きますが、タイトルの通り、KTM 125DUKE(デューク)の開発がスタートします。

CBR250Rの開発が一息ついてから、この125DUKEを街乗りでフィーリング等を確かめる目的もあり乗っていましたが、非常に楽しいバイクです。

車体の軽さに対してとても元気良く吹け上がるエンジンが相まって非常に楽しく乗れちゃいます。

車体自体の寸法は200DUKE、390DUKEと同じサイズで、125ccでは大柄なのですが、車重はCBR125Rと比べて-9kg、YZF-R125と比べてー11kgと軽く、重量バランスも非常に良く、またポジショニングも無理なく乗り易く、大柄であるにも関わらず、軽快な走りをしてくれます。

数値的にパワーは、11.3kw(15ps)を10500rpm で発生と、CBR125Rよりパワーは出ており、YZF-R125と同等位です。

印象としては、フラットな特性で乗り手を選ばずスムーズに走るCBR125R、回していってこそパワフルな持ち味が出るYZF-R125、そして加速感が優れており、スタートダッシュから車速の乗りの良さが持ち味の125DUKEってトコでしょうか。

このエンジンはDOHCで圧縮比は何と12.8:1もあり、3車種の中でも高回転域のトルク感は一番ある様に感じます。

アクセルを開けた時の反応スピードも他2車種に比べて良く、CBRやR125とは全く違うスポーティーな味付けがなされているところが「KTMらしさ」を感じさせてくれます。

ちなみにニューリリースとなり、注目を集めているRC125ですが、こちらはパワー発生回転数が500rpm低く、圧縮比も若干ですが低く設定されていますね。

ダブルアールズブログ
KTM RC125 です。

基本的に125DUKEと構成パーツ等は同じ様なので、しっかり開発してRC125にも装着する事も念頭において開発を始めたいと思います。

今回、開発するのはスリップオンマフラーです。
では、早速見て行きましょう。

マフラーは一度車体の左側を通り、スイングアームとリヤサスの間へと続きます。
KTM 125DUKE (2)

KTM 125DUKE (3)

写真中央の黒いボックスがこのマフラーの膨張室で触媒もこの中に内蔵されています。
膨張室自体の容量は125ccとしては大き過ぎる位ですが、これはどうやら見た目だけではなく200DUKEと共通みたいです。

内部構造が違うのかというと、どうやらこれも125DUKEと200DUKEは共通のようです。
まぁ、実質75cc差なので同じでいけるのでしょうけどね…

390DUKEに関してはさすがに内部構造が違う筈(というか、実際に違う事も確認出来ています)ですが、膨張室の全体容量的には125DUKEと同じ物が使用されています。
詳しくはここで書けませんが、この黒いお弁当箱みたいな膨張室内は部屋が3層になっており、所狭しとパイプが通っています。
基本的にはこのパイプ長やパイプ径を変える事で排気量に見合った内部構造となっています。

今回の125DUKEはこの膨張室以降の部分を交換、元気なエンジンをより一層、元気に出来る様に頑張りたいと思っています。

690DUKEでは、スリップオンマフラーの音量自体は問題ないのですが車体やエンジンから発生する音が大き過ぎてJMCA加速走行試験にパス出来ずに再チャレンジの予定ですが、この125DUKEもその辺りの問題を少なからず持っていますので手抜かりの無い様にしっかり頑張りたいと思っています。

次回はシャーシダイナモでのベンチテストで実走フィーリングと比較しながら検証してみたいと思います。

KTM 125DUKE (4)
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR