FC2ブログ

KTM 690 DUKE 用スリップオンマフラー 加速走行試験に行って来ましたが。。。

690DUKE テスト (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

昨日(10/1)、㈱デイトナさんのテストコースに於いてJMCA加速走行騒音試験があり、弊社も予定通り690DUKEのスリップオンマフラーを受験して来ました。

ですが。。。 残念ながら当初から懸念していたメカニカルノイズの影響で加速素行試験は不合格となってしまいました。

う~ん。。。車体の個体差といいましょうか、マフラー自体の音量は全然余裕でクリアしていたので残念な限りですね。。。

その車体の個体差なんですが、前回の試験に持ち込まれた車体の方が結果として全然静かでしたね。

今回も加速走行騒音の計測をお手伝いしながらの試験でしたが、試験ライダーを努めてくれたSP忠男さんの「お~ちゃん」コト大泉マフラー部会長をはじめ、前回参加していたメンバーの皆さんも口を揃えて言ってましたね。

前回、持ち込まれた車両はエンジンの斜め横(45度で50cm離れたところ)で計測した時に示した音量は94db、今回、整備を済ませて事前に同じ位置から計測したエンジンの音量は92dbと、行くまでは余裕をかましてたんですけど(笑)、エンジン音=加速走行騒音値とならないのが、試験の難しいところです。

690DUKE テスト (1)
二種類のマフラーの音量はもちろん、エンジン自体の音量も測っていたのですけどね。。。

※ ちなみに試験風景の写真が無くてすみません。規定で試験時の写真撮影はNGなので。。。

でも決して690DUKE自体の出来が悪い訳ではないんですよね。
オーナーの方は分かると思いますが、4速で50km/hからの加速って回転数的にエンジンがシャクった様になりますよね。
1速、2速でも低回転域にクセを持つ690DUKEですから、4速でこのスピードから全開にして計測するこの試験には全く持って不利というか、向いてませんよね。。。(まっ、向いていないで片付けられませんけど)

また今回、試験ライダーの大泉さん曰く、「前回の車両より今回の車両の方がエンジンが調子いいというか、速いよね!」との事。

そう、車両の個体差として今回持ち込んだ車両の方が速かった(調子が良かった?)気がします。
結果、加速した分だけ音量に跳ね返ってくる訳でその分、音量も大きくなってしまうという悪循環(苦笑)。

大泉さんには「このマフラー、パワー出てるよね!出し過ぎが原因なんじゃないの?(笑)」って冷やかされましたが(笑)、マフラーが原因で不合格になった訳ではないので、場合によっては車両の変更も考えて再度挑戦という事にしたいと思います。

年内の試験は残すところ11月中頃と12月の2回のみ。
何とか年内中に合格してリリース出来たらと考えています。

また今回は同じスタイルながら、迫力のあるサウンド(音量はもちろんクリア)のタイプと静音タイプと二種類のタイプを受験して来ました。

690DUKE テスト (6)
※今回試験に持って行った静音タイプのサイレンサーシェルはソリッドタイプで行きました。

正直のところ、音質に関してどの様な味付けや雰囲気に持って行くのが好ましいのか?という意味において、手探り状態であることも事実です。

690DUKEオーナーの方々が期待している音質の部分に関して、日頃たくさんのKTMオーナーに接する機会を持つ人に聞いてみよう!って事で、今年、KTM 1190 RC 8Rで鈴鹿8耐を戦ってくれた大樂竜也選手に電話をする事にしました。

20148時間耐久レース (16)
8耐時の大樂選手です。何か随分前の様な気が…(笑)

彼は鹿児島のKTMマルチディーラ-:フレックスさんの息子さんで彼自身も働いており、プロレーサーならではの視点からライディングに関するアドバイザーとしても活躍しています。

沢山のイベントを運営し、また各種イベントに積極参加されているフレックスさんの名アドバイザー(?)としての立場から、690DUKEに関するお客様の声を聞かせてもらえればと思い、電話を掛けた次第ですが、「迫力のある音を好む方も多くいる反面、静かなマフラーを好む人も多くいる」と、私としてはそんなこと分かった上でアドバイスを聞きたかったのですが(笑)、それならばと、どちらも持って行け!って感じで今回は二種類のタイプを試験して来た次第です。(結果としてはどちらもマフラーに関係無く不合格でしたが)

どちらのタイプもリリースするのか、どちらかをリリースするのか全く決めていませんが、合格させておけば、その後は何とでもなると思い、試験を受けましたが良くも悪くも時間的な余裕が出来たので、あらためてゆっくり仕様を決めて行きたいと思います。

長々と書きましたが、現状こんな感じです。

最後にリクエストも多かったソリッドタイプの装着写真です。

690DUKE テスト (3)

690DUKE テスト (4)

690DUKE テスト (5)

本日、先輩の元に690DUKEを返しに行った際に先輩の工場内で撮ったのですが、思った以上にソリッドタイプのサイレンサーが車体にマッチしますね。

どちらにしてもリリース出来る様、頑張りますので宜しくお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR