FC2ブログ

新型 Ninja400 マフラー開発日記

Ninja400    メガホン (1)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

まずはゴールデンウィーク休暇のお知らせを。

弊社のゴールデンウィーク休暇ですが、カレンダー通りで赤色の日のみが休みで、それ以外の黒色の日は営業していますので宜しくお願いします。

さて先週はバタバタと色々あって報告が遅れましたが、4/23に行われたJMCA加速走行試験ですが、結論から言うと試験に参加するのを断念しました。

音量に関してですが、結局のところ93.5db前後の音量から何をやっても動かなくなり、このまま試験に通す事も可能だった訳ではありますが、もし93.5dbで行けた場合、公式記録では94dbとなり、確かに法定基準値には入っていますが、このまま発売は危険と言うか、グラスウール(消音材)を使用して音量を抑えてる構造上、経年変化を考慮すると、とてもじゃないけど発売する水準に至ってませんので、無理にこんな状態で試験に行くより、ここまで来たらじっくりと仕上げようと心に決めて6月の試験を目指す事にしました。

今か今かとお待ちの皆様、本当にごめんなさいね...

法定基準値94dbに対して発売する商品が94dbなんて...やっぱり弊社としては出せないですね...

アフターマフラーの殆んどはこのグラスウールという消音材で音量を抑える訳ですが、この場合必ず経年変化は起こります。
グラスウールが散布されない様にグラスウール自体が1本の糸で出来ているタイプの素材もありますが、散布は抑えれるものの、このグラスウールにしても当然、経年変化から結果として音量は上がってしまうんですよね。
上がり幅は確かに少ないですけど...
(実はこの辺りの事を知らないマフラー屋さんも居るみたいですけどね...)

なので当たり前の事ながら当然マージンが必要な訳で、そのマージン分を考慮すると弊社の基準としてはやはり実測値で92.5db辺りまでかな?(殆んどの商品は90db辺りにポイントを置いていますけど)

それが弊社ではギリギリのラインです。

JMCA加入後の商品は弊社の場合、よく静かになったって言われますけど、元々のJMCA以外の商品も実は出荷時は90db以下に抑えてるんですよ!

お客様が勝手にインナーバッフルを外して乗ってるだけです(汗)

結局のところ車検が通らず違法なマフラーとなってしまう為、弊社としてはバッフルは必ず装着でお願いしてるんですけど、購入後はお客様の自己判断という事になりますが極力、バッフルを外さずに乗って欲しいものです。

電話や問い合わせでバッフルの外し方や外す特殊工具に関しての質問が来たりしてますけど、「外さんといて下さい!」ってキツ目に怒られた人も居ますよね?そう言われた方、あの電話は私が対応しています(笑)

私共も含めて皆さんと一緒にしっかり最低限のマナーは守って行きたいと考えてますが、話が逸れました。


肝心なNinja400の話に戻りますが、あと1db位と無理してでも落とすのではなく、音質の事も考えてしっかり余裕を持って音量を落とす方法があるのかというと、もちろんあります。

4/23の試験日の2日前という短期間では難しかったですけど、既にプロトタイプのサイレンサーはスタートさせています。
実はシャーシダイナモ上でのテストではなく、レース車両のST600クラスの車両で鈴鹿を走らせてのテストが行われています。
それもエンジン下で集合してその直後からサイレンサーという、このNinja400と取り回しがほぼ一緒のYZF-R6で行っています。

YZF-R6はそのパワーや排気量による排気温度、そして何よりも圧縮比の高さから来る排圧(背圧)も含めて、かなり参考データが取れるはずです。

そのデータを解析してこのNinja400に試してみたいと思いますが、データが揃うのはゴールデンウィーク明けになる見込みですので、シャーシダイナモ上で開発が始まるのはそれ以降になります。

思惑通りにならなかったら、また頭の痛い問題を抱える事になりますが(笑)、果報は寝て待てという事でとりあえず上がって来るデータを待ちたいと思います。

なのでNinja400のマフラー開発ブログをお読みの皆様、今しばらく待っていてくださいね。

今日は現況報告という事で宜しくお願いします。

Ninja400    メガホン (2)
Ninja400    メガホン (3)
※ まだサンプルなので少々、仕様が変わると思いますけど、今現在はこんな感じです。

スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR