FC2ブログ

GSR750 マフラー開発日記 

IMG_20140216_151520489.jpg


WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

GSR750用マフラーの開発日記ですが、少し時間を置き過ぎて申し訳ございませんでした。
台湾出張から帰国後、バタバタと2日が過ぎ、会社事務所でこんな時間から更新です...

本日も8耐マシンであるKTM 1190RC8R用に届いたレーシングパーツの確認や耐久用タンクの仕様確認、前後のクイック等、また来週末の鈴鹿ファン感の最終準備の確認等で時間をかなり費やしてしまいましたが、鈴鹿ファン感には何とか間に合いそうでホッとしています。

現在、ビームス田中社長に塗装の手配をお願いし、粛々と作業をこなしていってもらってる状況ですが、チーム詳細情報に関しては、鈴鹿ファン感の後という事にしたいと思います。

正式に(かな?)チーム結成をしてわずか数ヶ月ですが、スポンサーに関しても今、話題のあの会社が...という感じでになっており、それも合わせてすべて準備が整ってからの方が良さげなので、後日しっかりご報告したいと思います。


さて前回、プロトタイプのファーストインプレッションでは綺麗に(?)ノーマルデータを下回るという、期待と裏腹に意外な形でスタートを切りましたが、その後センターパイプを伸ばしていく方向でピークパワーに良い影響を、そしてサイレンサーのインナー部の変更をする事で、中速域の落ち込みをほぼ、解消する事が出来ました。

まずはその結果をもう一度見てみましょう。
前回の最終はこんな感じでしたね。
プロト3

センターパイプの寸法を変更して何とかピークパワーも良くなりましたが、サイレンサーの内部構造次第では、中速域を更に改善出来そうな感じで前回は終えました。

この後、更に(といっても数センチです)センターパイプを伸ばしていったのですが、思いのほか変化が無く、今度はセンターパイプの入り口部付近をテーパードタイプに変更したのをきっかけにイメージ通り、中速域での特性に変化が現れ出しました。

IMG_20140217_152646551.jpg
分かるでしょうか?
ジョイント部から長さ50mmでφ42.7→φ50にテーパードしています。

こんな小さな事で...って、これが変わったりするもんなんですよ!(笑)
ちなみにノーマルのセンターパイプ径はφ42.7で、前回まではジョイント部からいきなりφ50にしてたんですけどね。
このタイミングでついでにサイレンサーの内部の径とインナーパイプ径&長さを変更して出た結果がこちら。

gsr750最終プロト (1)
黒線がノーマルで赤線がスリップオンです。

点線のトルクグラフを含めて前回の物よりかなり良くなりました。
センターパイプの効果と言うよりは、もしかしたらサイレンサー内部構造の効果の方が有効だった様な気がしますが、ここは相乗効果と思い込んで、進んで行く方が達成感が出ます(笑)

この後も各寸法を確かめる様にチェックして行き、その中でのベストはこんな感じとなりました。

gsr750最終プロト (4)
同じく黒線がノーマルで赤線がスリップオンです。
先程より、ピークパワーは0.2psほど、上がりましたが中速域が痩せてしまいましたね。

比較するとこんな感じ
gsr750最終プロト (2)
先程のデータが赤線で、最後に試したのが青線です。

ピークでは線1本分位だけ、わずかに青線が出ていますが、全体的には断然、赤線の方がいい感じです。

って、事でスリップオンとはいえ、しっかりやり尽した結果、最終仕様が決定しました。

gsr750最終プロト (3)
これで決定です。

その最終仕様の装着画像がこちら。

gsr 750 (3)
gsr 750 (2)
gsr 750 (1)

音量に関してですが、並列4発の気持ちの良いレーシングサウンドを醸し出しつつ、近接騒音91db以下という、ワイルド感たっぷりながら、非常に上品でレーシーなサウンドとなりました。

仕様は完全に決まりましたが、まだ終わりません。

後はディティールに関してです。

250ccや400ccクラスのバイクより、パワーも排気温度もかなり高い事から、このGSR750用スリップオンのセンターパイプには、特殊加工を施してみたいと考えています。

次回ブログでご紹介したいと思いますので、楽しみにしていて下さい。
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR