FC2ブログ

GSR750スリップオンマフラー開発します。

GSR750  (1)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

今月は仕事始めから、やる事が一杯でいつもの正月明けモードは全く無く、珍しく年初から目一杯に仕事モードになっています(笑)

例年とは違い、マフラーの開発中車両が複数台ある状況なんですがそれに加えて急遽、GSR750用スリップオンマフラーの開発をする事が決まりました。

仕事始めの挨拶で㈱ダックスコーポレーションさんに行ったんですが、その時にダックスさんの開発室にマフラー開発用のGSR750を発見!

GSR750をマジマジと見てる間に造りたくなってしまいました(笑)

去年、異型チタンオーバルをリリースしてからGSR750等、スポーツネイキッドバイク用マフラーのリクエストもたくさん頂いていた事もあり、またダックスさんのご好意で車両を貸し出してくれる事となりましたので、正式に開発する運びとなりました。

GSR750でスリップオンマフラーを開発するにあたって、触媒は純正をそのまま使用出来て、センターパイプの途中からサイレンサーまでを交換するタイプになるので、新たに排ガス試験が必要無い事でかなり早いスピードで開発が出来ます。
※ 商品には、車検に必要な「純正触媒使用確認書」が付属されます。

スリップオンに使うサイレンサーはもちろんこれです。
OV4250JM (100)

【78 kW 〔106 PS〕 / 10,000 rpm】を発揮するGSR750を更にアップデート出来る様なマフラーに仕上げたいと思います。

触媒内蔵型スリップオンマフラーの開発とは異なり、純粋にサイレンサー構造とセンターパイプの適正化を図る作業となるので、この最近では珍しく最短で開発が出来る事もあって、1/29のJMCA加速走行試験に間に合わせる予定です。
(後、20日ですが十分間に合うでしょう!)

ちなみに1/29のJMCA加速走行試験にはGROMも持って行きます。

GROM.jpg

こちらも年明けから既に開発が進んでいます。(近くブログ更新します。)

新型Ninja400に関しては去年からスタートした新しい排ガス試験「WMTCモード」という排ガス試験の兼ね合いもあり、JMCA加速走行試験は2月末を予定しています。
それまでにカーボン外装パーツも含めてこちらも着実に開発を進めて行きたいと思います。

KTM 690 DUKE 、新型Ninja400 、GROM 、そしてGSR750と開発中のバイクがあり、その後には125/200/390DUKEが控え、また詳細は言えませんが、東京モーターサイクルショーに出展されるバイクの開発も入っており、今年は年初から大忙しです。
そうそう、Ninja250/Z250用フルエキゾーストですが、もて耐サポート用にレースマフラーの開発もありました(汗)。
現在、JMCA認証マフラーとして触媒が内蔵されていますが、レース用として触媒レスのマフラーでのベンチテスト&改良作業もありますね...

今年は鈴鹿8耐の準備も控えている、というか現在も進行中で、何か全てを考えていると頭がおかしくなりそうですね(笑)

一つ一つ、着実にしっかりこなして行きたいと思います。

ブログではそれぞれの動きが分かるようになるべくマメに更新して行きたいと思いますので宜しくお願い致します。



スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR