FC2ブログ

新型 Ninja250/Z250 マフラー開発日記 - フルエキ編 -

DSCN4560.jpg

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

前回はフルエキを造る前のアプローチに関して書いてみましたが、いよいよ本題に入って行きましょう!

スリップオンマフラーを先に開発してすでにリリースしましたが、ノーマルエキパイベースとしては良く出来たなぁと、自画自賛ではないですけど、やれる範囲のベストを尽くせた事でかなり達成感がありました。

それと同時に「果してフルエキがこのデータに勝てるんだろうか?」という気持ちにもなりました。

CBR250Rの時は、スリップオンマフラーのデータが良過ぎた事もあり、フルエキゾーストという商品価格が高いマフラーの価値をその性能に見出す事が出来ず、フルエキの商品化をやめた経緯がありました。

今回のNinja250/Z250も予想以上にスリップオンの出来が良く、どれだけフルエキの価値を出せるのかは、やってみないと分からないな!という感じでスタートしました。

CBR250Rの時はピークこそノーマルと変わらないものの、低中速域ではかなりトルク&パワーが稼げたのに対し、今回のNinja250/Z250のスリップオンではピークも稼げています。 果たしてどうでしょう...

ノーマルの特性としては11,000rpmを越してからも結構、元気良く回ってくれるのですがノーマルの場合、それ以降のパワーの落ち込みは顕著で、私的には「エキパイ径とエキパイ長で何とかなるかな?」という手ごたえもありました。

具体的にはノーマルよりエキパイ径を太く、そして短くしていく事でピークパワーの位置を少し後ろに持っていければ、高回転型というより、幅広いパワーバンドが作れるのではと考えました。(書いてみるとマフラー造りって簡単そうに見えますね...笑)

ただし、気を付けなくてはいけない事が一つ。

ノーマルエキパイでは細いエキパイの途中にパイプが連結されており、特性如何によっては同じ様な事を採用しなければいけないなという事です。

一般的には低中速域の改善に使われているこの連結パイプですが、ノーマルのエキパイを見た限りでは、効果的には必要なさそうに感じるのですが。
もちろん高速域の改善目的にも使われる事もありますが、連結されている位置からして、そっちは無さそうな感じです。(フィーリングの改善等には役立っていると思います)

まぁ、ベンチを回してみてそれが必要なら採用するまでの事なのですが、出来るだけ低価格で提供したいと考える私にとっては「不要なら外したい」というのが、本音です。

見た目のポイントになるなら採用もありですが、Ninja250の場合、カウルに隠れてしまうし、Z250の場合にしても位置的に同じ様な事がいえそうですしね...。(どちらにしても必要じゃなきゃ採用しませんが、結論は最後にという事で)

話を戻すとエキパイ長を短くするとはいえ、カウルの干渉を避けながらも必要なエキパイ長を稼ぐ為にと、ノーマルレイアウトとは違うレイアウトを採用しました。

DSCN4578.jpg

2気筒ですが横から見るイメージは4発のレーサーレプリカ的なレイアウトです。

ノーマルに似せるのが嫌だった事と、フルエキは後発での開発となるので他社さんとイメージが被るのを嫌った事もあります(笑) ...本当はもっと違う理由もあるんですけどね。

触媒の位置ですが、透過率の良さや効率を考慮してエキパイ集合部直後に装着しています。
こんな感じに...
DSCN4581.jpg
※ 触媒前後の絞り角度も性能に大きな影響を与えるので重要です。

触媒直後のセンターパイプを細いパイプでレイアウトし、テールパイプを太めにと、こんな感じでの仕様でまずはテスト開始です。

Z250 フルエキ試作 (2)

それで出た結果がこちら。
比較データ (1)
※ 黒がノーマルで赤がプロトタイプ1号です。

まず良かった事として、このエキパイは連結パイプを採用していない状態での結果なので、この先どうなるか分かりませんが、1発目としては思ったより好感触です。(谷も無いことから連結は無しでいけそうです。)

現時点でピークパワーの位置は後ろに持って行けず、ピークはノーマルと同じ位置ぐらいですが、11,000rpm以降の落ち込みがかなり改善されています。
先に書いていて何ですが、エキパイ長だけでピークをずらすのは燃料マップとの兼ね合いもあるので、書いてる程、簡単でない事はマフラー開発者の方々はもとより私も十分理解していますが、結果としては広いパワーバンドを作れそうな感じです。

※ちなみにエキパイ長を間違えるとピーク位置どころか、使い物にならないデータになるので、そういう意味ではそんな悪くない方向です。

スタイルとしては、デザイン的にはまだまだな感じですが、スリップオンマフラーよりはかなり元気な感じでUPスタイルとなっています。

これは前にも書いたレイアウトの自由度から来るフルエキならではのメリットでもありますね。
ただし、この時点では弊社のスリップオンマフラーに負けてますね...

次回はこの続きから始めたいと思いますので、乞うご期待を!
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR