FC2ブログ

2013 CBR400R スリップオンマフラーの加速走行試験、合格しました!

加速走行試験 (4)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

昨日は総勢45台以上が参加しての加速走行騒音試験が、㈱デイトナさんのテストコースで行なわれました。

いつも快く試験会場としてご提供・ご協力頂いている㈱デイトナさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

曇り空ではありましたが、熱中症になりそうな暑さの中、弊社はCBR400Rのスリップオンマフラーの2種類を受験して来ました。

試験を受けたのはこのチタンオーバルスリップオンと
IMG_20130618_10122231.jpg

ラウンドタイプのスリップオンの2種類です。
加速走行試験 (3)

番号が貼られていますが、これは受験番号です。ちなみにチタンオーバルの方は34番が受験番号です。

今回は2本のスリップオンに個性を引き立たせての仕様としていたので、合格と共にしっかりとその差が表れていた事に満足して帰って来ました。

開発中のブログでも少し書きましたが、チタンオーバルは音質的にジェントルな感じで音量を抑えつつもツインサウンドを感じられる様に、そして上品な心地良いサウンドに仕上がっており、近接騒音値は88db そして加速走行騒音値は75dbとなっています。(即行値)

またラウンドタイプはレーシングサウンドとまではいかないまでも、ツインらしいサウンドを奏でる様にとチタンオーバルとは内部構造を少し変更しており、その結果うまく特色を表現出来ているのではないかと思います。
近接騒音値が90db、そして加速走行騒音値が78db(これも即行値)となっています。


加速走行試験 (5)

この写真は正確な回転数を拾う為にプラグコードからピックアップを取っている所で左手前に見えるのが計測するマイクです。

こうして測定した数値を奥に見える机上の機械に数値として記録させるという、車検場なんかで簡易に測定しているのとは違い、高い機材でかなり精密に測定を行ないます。

試験を行なう人間ですが、手前左側の方が車両検査協会から来られているK岡さん(いつもありがとうございます)とその他2名は当日試験に来てる各メーカーの人達でそれぞれ分担してお手伝いをしています。

ちなみに弊社マフラーの写真に写り、机上での数値確認をしてる人は、今回マフラーの開発車両を提供してくれた㈱ダックスコーポレーションの平井さんです。(平井さん、ありがとうございました!)

この日、朝礼の挨拶をした私ですが、この後打ち合わせがある為、自社の試験終了後にお手伝いもそこそこに早退させて頂く事になりましたが、皆さんのご協力のもと、怪我や事故無く無事に終了しました。

参加された各メーカーの皆様、暑い中本当にご苦労様でした!&ありがとうございました!

そしてこの日、一番活躍されたのがこの写真の方!
JMCAマフラー部会長のSP忠男さんの大泉さんでした。
加速走行試験 (2)
※ 写真が切れててすみません(汗) カメラ苦手なもんで...(大汗)

いつも率先して業界を引っ張ってってくれる大泉さんは、この日デイトナさんのテストコースで何と170周もの周回を走り、テストライダーとして猛暑の中、走破してくれました。(大泉さん、本当にお疲れ様です!)

今回私は次の仕事が控え、早退する事情もあって本来ならテストライダーとして同行するはずの外装担当の徳ちゃんを連れて行きませんでしたが、猛暑の中のあの台数を考えると、やはり連れて行くべきでしたね。

テストライダーとして大泉さんにかなりの負担をかける事となってしまいました。

試験は計測開始時点の進入スピードが実測値でわずか±1.5km/hとなっている為に人(経験)によっては何周もやり直す事になる等、経験と技術が備わっていないと試験の時間に大きく影響します。

そういう意味においては、皆さん免許も経験もあるのですが、なかなか難しく「じゃあ、次僕が乗ります!」とか、簡単に行かない理由もあるんですよね。

弊社が行く時は本来、必ずテストライダーの徳ちゃんを連れて行くのですが、試験が終わり帰り道では神経をすりきらせ、また体力を使い切った徳ちゃんが憔悴しきっていますね。
それだけテストライダーの仕事は過酷だという事ですね。(何せ、初めて乗るバイクも多く、バイクによってはスピードメーターがあてにならないバイクも多く存在しますから)

今後はなるべく多くのテストライダーを育成しなければいけませんね。

これを読んでるJMCA加入のマフラー屋さんで我こそはと思う方!是非名乗りを挙げて欲しいと思います(笑)
皆さん、分かってると思いますが、基本的にボランティアですからね!(笑)

そういう意味では徳ちゃんは条件がいいなぁ。日当が出てるもんね(笑)。(といってももちろんウチが払ってるのですが)

私ですか?(笑)
私の代わりに徳ちゃんを連れてってますのでご勘弁を(笑)

JMCA会員の皆さんで力を合わせ、しっかり相互協力をしながら進めて行きたいと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR