FC2ブログ

2013 新型 CBR400R マフラー開発日記 - スリップオン編 -

DSCN4304.jpg

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

前回の続きで、まずはセンターパイプを短くし、エンジンを回してみるものの、前回からあまり変化なく、もしやと思い、センターパイプに溶接してたディフェーザーを切り落とし、再度ベンチテストをする事に。

その結果がこれです。

最終プロト

ちなみに前回のテスト結果がこちら。
ショート2

高速域こそ、前回の方がいいものの、低速から中高速域までは今回の結果の方が上々です。

特に注目して頂きたいのが、トルク曲線です。
分かり易くトルク曲線を実線に表したのがこのグラフです。

最終プロト (1)

低回転域からトルクがしっかり稼げているのが分かると思います。

どちらを採用するか?
もちろんトルクを稼げている方を採用です。

当たり前ですが、レース用を作っている訳ではなく一般公道で楽しく走って頂く事が、目的で開発していますから。

採用しなかったので写真は控えますが、サイレンサーとセンターパイプの差込部に仕込んでいたディフェーザーですが、今回はそれが中速域の妨げになっていたようです。

今回、ブログ内では触れていませんが、かなり細い径のサイレンサーでもテストをしていました。
その細いサイレンサーの時には、かなり効果を発揮していたディフェーザーもサイレンサー径が変わり、内部構造の仕様が変わっていくうちに、結果として逆に妨げになっていました。

もう少し早く気が付いていれば、もっと早く開発が終了したのですが...(笑)
一筋縄でいかないトコもマフラー開発の醍醐味で、一度や二度良かったからといって、思い込んじゃ駄目ですね。
まぁ、想定の範囲内ですけど...って終わってから言うな!って話ですが(笑)

でもおかげで特性的にもデザイン面でも良い物が出来たと思います。

来週12日にある加速走行試験にも無事、間に合って後は音量のみです。

オーバルはその形状効果か、かなりジェントルな音質に、そしてラウンドは少しレーシングサウンドに近い音質でそれぞれの個性がしっかり出せたと感じています。

品番・価格等は既に決まっていますが、改めてお知らせするとしてサラッと画像を少しだけUPします。

まずはオーバルタイプから

SV1420JM (1)
SV1420JM (2)

OV1420JM (3)
OV1420JM (31)

前回とマフラーレイアウトが変わってないと思うアナタ!変わりましたよ!(笑)
まぁ、この写真だけで違いの分かる人はなかなかの人ですね。

次にラウンドタイプです。

BF1420JM (24)
ステンレスサイレンサー 

BC1420JM (25)
カーボンサイレンサー

BT1420JM (8)
チタンサイレンサー


そしてたくさんの皆様からのご要望にお応えして、今回からラウンドタイプにも焼き色が登場です。

BK1420JM (30)
BK1420JM (35)

同業の人達からは「スリップオンだけでどんだけラインナップするねん!」と言われそうですが(笑)、選ばれるお客様に喜んで頂けるならそれで結構です!(笑)

ちなみにこの商品は、弊社のそれまでのスリップオンとは違い、ノーマルガスケットを使用するタイプのスリップオンです。

純正のジョイントガスケットは約800円 ...って何か高いですねぇ...

なので、少しでもお客様の負担にならない様に「ガスケットは付属」します。

だから、マフラーご購入時に別途ガスケットを購入頂かなくても結構ですよ!


さぁ、後は12日の加速走行試験に受かるだけです。
スポンサーサイト



プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR