FC2ブログ

2013 CBR400R マフラー開発日記 - スリップオン編 -

IMG_20130529_153426188.jpg

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

素晴らしいですね...
本当にため息が出ます。

CBR250R(シングルエンジン)をベンチテストした時にも今までに経験した事のない、実にスムーズなエンジンで、静寂かつパワフルな特性に、シングルエンジンの新たな可能性を感じさせてくれましたが、このCBR400Rのツインもそういった意味においては、負けていませんね。

ホンダのホームページでも「パワフルで扱い易い新開発エンジン。」と謳っていますが、まさしくそんな感じのエンジンです。

ツイン独特のパルス感は、乗り手の楽しさを刺激する反面、特性如何によっては疲れる鼓動みたいなものを強調する事にもなり、かといって「ドコドコ感」は捨てきれず...といった私の考える様な小さな概念(笑)は、このバイクには全くありません。

スムーズで乗り易い(扱い易い)パワフルなエンジン(ツイン)が世の中に無いのなら、「ホンダ」がそれを造る!といった強いメッセージをこのエンジンに感じる事が出来ます。

特性は超低速域から高速域に至るまで非常にスムーズで、エンジンの持つ力強さ(トルク感)で10,000rpmまで吹け上がってくれます。

4気筒のCB400SF REVO程のスムーズ感ではないものの、安心感というか、しっかりとトルクを感じれる様な吹け上がり方をします。

個人的にはモーターの様な吹け上がり方をするREVOのエンジンより、同じスムーズさでも、ツインのCBR400Rの方がよりエンジンらしさが感じられて、10,000rpmまでですが、回しても楽しいエンジンに仕上がっていると思います。


いきなりですが、パワーグラフを見てみましょうか!

IMG_20130529_155131438.jpg

これがCBR400Rのノーマルデータです。

アクセルのレスポンスやエンジンブレーキの効き方に至るまで非常にスムーズで、その点においてはNinja400Rに大きなアドバンテージを付けている様な気がします。

特に低速域から一気にアクセルを開けた時、息つく間もなくスムーズに加速していく点や、ツインエンジンらしからぬマイルドなエンジンブレーキの特性は、雑誌などでインプレされるプロライダーの評価も間違いなくいい事でしょう。

パワーグラフを見て分かるとおり、本当に谷無くスムーズに吹け上がっています。


ちなみにNinja400Rのノーマルデータがこちら

IMG_20130529_155228909.jpg

諸条件が違うので同じグラフ上の比較は避けますが、こちらも扱い易すい綺麗な特性です。
こうやって見るとNinja400Rも引けを取りません。

ちなみに弊社のベンチデータでもカタログ数値同様、約2ps強の差が確認出来ました。
(しかしながらこれは弊社でのテストですのであくまでも参考程度に!)

CBR400RとNinja400Rは同じツインエンジンであっても、また違うフィーリングです。

Ninja400Rをベンチテスト、試乗を通じて感じたのは、エンジン自体は非常にスムーズでフラットな特性ではありましたが、低速域のモタツキや、そこからアクセルを開けた時のレスポンスの弱さを感じ、ある程度、車速が乗ってしまうと400ccという排気量で楽しく走れるのですが、低速域では車重を妙に感じてしまうところがありました。
逆に高速域ではメリハリのあるパンチ力を発揮するのがNinja400Rの良さでもあります。

CBR400Rはその全域においてトルクフルで完成された印象を受けます。
たぶん免許取立ての人が乗っても快適・安全に走れてしまう様な気がします。

ソツが無いというか、欠点らしい欠点がこのエンジンからは見えてこない感じですね。

さてどんな感じにスリップオンマフラーを仕上げて行きましょうか!
非常に楽しみです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR