FC2ブログ

CBR250R マフラー 開発スタート!!

cbr250r nor

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。
CBR250R 型式 JBK-MC42 の開発を開始しております。

いきなりですが、さすがホンダって感じの完成されたエンジンです。
エンジンからの嫌な振動は全く無く、驚くほどスムーズにリミッターが効くまで吹け上がります。

まずはバイクの性格を確認する為にベンチテストしたのですが、無駄な振動は感じず、伝わってくるのは小気味のいいエンジンビートだけ。
V型2気筒のVTR250はもちろん、並列2気筒のNinja250Rとは全く違う洗練されたシングルエンジンって感じでアクセルを戻した時のエンジンブレーキも変に効きすぎる事もなく、あきれるほど(?)出来のいいエンジンです。

一枚目の上の写真はシャーシダイナモで6速全開で回してるところですが、メーター読みで6速11,000rpmまで綺麗に吹け上がります。

2,000rpm辺りからしっかりトルクが出ており、非常にスムーズに加速、4,500rpm位から更にトルク&パワーがモリモリ出てくる感じでパワーこそ27PSですが、回す楽しさを存分に感じさせてくれます。
アクセルレスポンスもかなりいい感じに仕上がっています。

パワーこそNinja250Rに劣るものの、低回転域からCBR250Rの方がトルクが出ており、プロライダーでなく、一般の方であればサーキット走行時なんかは、CBR250Rの方が速く走れるのではないでしょうか。

レブ特性も良く、扱いきれるクラスだけに余計に楽しく走れると思います。


ただ、ノーマルマフラーはその大きなサイレンサー部でかなりしっかり消音されており、シングルが持つテイストまでが無くなっている様な感じもします。
最近、よくお客様から「静かすぎて、歩行者の方や車のドライバーが気付かないので、かえって怖い思いをする」といった話を聞くのですが、やはりこのバイクもそんな感じになっています。

ウルさ過ぎはもちろん論外ですが、シングルらしい小気味の良いエキゾーストノートを目指し、また性能的にも、どの部分が一番このバイクの良いところなのかを見極めながら開発していきたいと思います。

なるべくマメに更新する予定です!
気になる方はチェックして下さい。

※ この写真はベンチテストで思いっきり回してる時の写真ですが、何故かタイヤが止まっている様に見えてます。
  躍動感がなくてスミマセン。何枚か撮りましたが、全てこんな感じです。 カメラ担当の青木君が天才なのか、偶然なのか.
cbr250r (1)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR