FC2ブログ

メガリ250R (MEGELLI250R) について 続報!

メガリ250r

マフラー開発担当です。

メガリジャパンよりご連絡を頂き、昨日レーシングワールド高槻店さんにメガリ250Rを持ちこんでいるとの事で外装開発担当の徳島こと「徳ちゃん」を伴なって試乗、車両に対してのセールスポイント等を伺いに行って来ました。

ちなみに徳ちゃんはメディア等には全く知られていない存在ですが、JMCAマフラー会員の間では、加速走行試験時のテストライダーとして各マフラー屋さんが持ち込む車両を下はモンキーから上は隼、ハーレー、BMWと、小さい体にめげずお手伝いさせて頂いているので、各メーカーさんから「徳ちゃん」と愛称で呼ばれ、マフラー屋さんの中ではちょっとした有名人です(笑)。
今回もその豊富な経験を活かすべく、弊社の試乗担当として連れて行きました。

持ちこまれた車両はキャブ車で日本仕様のインジェクション車ではなかったものの、全体の仕様はほぼそのままという事でじっくり拝見しました。
ちなみにプロダクション仕様(でしたかね?)というこの車両はフロントに倒立フォークが装着されていました。

設計をイギリス、エンジンはイタリア、生産国が中国という事で、質感や全体のバランスがとても気になる所でしたが、車両のまとまりも良く、新興メーカーとしての不安は全くありませんでした。

粗を探せば、それなりに出て来ますが、それはこのクラス(250cc)のバイク全てに言える事で特別何かが劣っているという事はありませんでした。

国産メーカーのバイクはNinja250R、CBR250Rとタイで生産していますが、日本品質というか、本当にソツなく出来ており、完成度の高さがうかえます。
このメガリ250Rもそれなりに完成度が高いものの、「イジりがい」のある部分をたくさん残しています。

これは完成度が低いという事では決してなく、ヨーロッパのバイクに共通する所だと思います。

国産車はどこを取っても全てが及第点で、限界まで感じれる250ccではある意味、特徴が無いというか面白みに欠ける部分でもあります。
しかしこのバイクはスポーツタイプとして特化してる所があり、同時に特化するあまり何かを若干犠牲にしてる部分もあります。
個人的にはむしろ、そこにバイクらしさというか、その不器用さに魅力を感じます。

カスタムパーツを製作する立場としては、本当にやりがいのあるバイクで発売される日が楽しみであります。

徳ちゃんのインプレによると、動力的な信頼は国産と遜色なく、ブレーキのフィーリングは非常に良かったとの事。
特にリヤブレーキのフィーリングが気に入ってたみたいです。
これは135kgという軽い車体とディスク板の大きさがブレーキのフィーリングに貢献してると思います。
ただ、ブレーキレバーは若干握りにくく、レバー自体の長さが短いのかな?という事でした。

これはお気に入りのビレットタイプに交換等、好みに合わせて交換するのも良いでしょう。

スタート時はクラッチも軽く、指1本で神経質にならずスッと出て行く感じでシングルエンジンらしいフィーリングですが、回転の伸びに関しては特別悪くは無いのですが、少し物足りなさを感じた様で、これもマフラー交換等で特性を変えれば、ストレスなく吹け上がると思います。

この様に、カスタマイズしながら自分らしいバイクを自分で作るといった楽しみが存分に残されているバイクだと言えるでしょう。

また、補足しておくと試乗車はキャブ車であり、インジェクション車(日本仕様)となった時には、色んな面で小さな問題は改善されている事だと思います。

本当に発売日が楽しみなバイクです。
すごく雰囲気がありました。

皆さん、期待していいバイクだと思います。


※ 写真は徳ちゃんではなく、レーシングワールド関西統括責任者の高見氏です。
  高見氏はトライアンフをはじめ、国内外を問わずバイクを知り尽くした定評のある方です。
  高見さん、今回はお世話になりました。インプレの感想をまた聞かせて下さ~い!

メガリ

※ フロントフォークに注目です!

来週から、CBR250Rの開発情報をブログにUPしていきますのでお楽しみに。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR