FC2ブログ

YZF-R125用フルエキゾーストに関して

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

ブログ更新が出来ずに本当に申し訳ございません。
恐ろしい位に忙しく、大袈裟ではなく分単位で予定をこなしていく毎日を過ごしている今日この頃です。

これだけ忙しいとやりたい事はおろか、何から手を付けていいのか分からなくなる状況です...

ただでさえ忙しいのに、アルミやチタン、ステンレスを溶接するアルゴン溶接機が壊れたりと、気持ちのいい位に難題が私を襲って来ます。

機械が1台壊れるだけで量産予定は大きく狂い、職人さんもさぞかし機嫌が悪いかと思いきや、私が新品の機械導入を決定した事に満足気で、これから降りかかって来る溶接ラッシュも上機嫌でこなしてくれそうで、とりあえずホッとしています。(いや、ホッとしていてはいけません)

皆さんから、外装に関してのお問い合わせやブログ更新が出来てない事のお叱りも頂き、大変申し訳ないのですが、明後日までには何とかブログ更新させて頂くとして、本日は少しばかりマフラーの取り付けに関してお知らせ致します。

稀にですが、サイレンサーバンドの取り付けを誤った形で取り付けようとして苦労されている方がいますので、その件についてのお知らせです。

画像を見て頂くと早いのでまずは画像をどうぞ。

DSCN2386.jpg

画像はR125のラウンドタイプで車体の上から見下ろした画像になります。
サイレンサーバンド→アルミカラー→ワッシャの順で取り付いていますが、たまに間違えてバンドの間にカラーを挟み込んで取り付けようとしたりとか、ステップブラケットを挟み込んで取り付けをしようとする方がいらっしゃるみたいです。

画像の通り、バンドの間には何も挟まず取り付けて頂きたいと思います。
取り付け時には少し窮屈そうになるかも知れませんが、マフラーに火が入り、熱がかかる事でサイレンサーパイプに綺麗に沿うようになりますので、くれぐれも間違った取り付け方で走行されない様にご注意下さい。
適切に取り付いていないとマフラーが外れたり、事故の元となり大変危険です。

バイクの整備が出来る方なら、「そんな取り付け方してる人いないんじゃないか」と思うかも知れませんが、たまに弊社マフラー以外の取り付け等でも街中で見かける時があります。

危ないので取り付け方を紙に書いてバイクのシートやメータ付近に置いてきたりする事もありますので、もし整備経験がある方で間違った取り付け方をしてる人を見かけたら、優しい心で教えてあげて下さい。

バイク乗りみんなで安全、安心な走りが出来る様、助け合いましょう!

と言う事でひとつ宜しくお願い致します。

あっ、それとメールでご質問を頂く際に携帯メールから送信される方へ

こちらからの返信メールはパソコンです。
携帯の設定でパソコンメールを受け取れない設定になっている方は返信メールが届きませんので、予め受信出来る様に設定しておいて下さい。

結構、多いですよ!
質問してるのに返事が来ないと怒っている方、まずは設定確認して下さいね!(笑)

それでは宜しくお願いします。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR