FC2ブログ

YZF-R125 マフラーに関してのお知らせ

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

いよいよ来週金曜日に発売開始となりますが、昨日はこのマフラーの取り扱い説明書の校正をしていました。

フルエキゾーストに交換する際、新品のガスケットをご用意頂くのが通常です。
しかしながら今回は、あえて新品ガスケットをご用意下さいと書いておりません。

取扱説明書の本文でも書きましたが、R125に使用されているガスケットの質がかなり良く、そのまま使用しても問題無しと判断したからです。

開発時に何度も何度もマフラーの交換をして、テストを繰り返していましたが,特別ヘタる感じも無く、もちろん排気漏れを起こす訳でも無く、しっかり機能してくれています。

そもそも私達マフラー屋さんは、古くなったガスケットをそのまま使用しても排気漏れを起こす様な取り付け方をする事がまずありません。
ちょっとガスケットがヘタってるなぁと感じたら、ガスケットを裏返しにして使用するか、ほんのちょっとだけ液体ガスケットを薄く塗って締め込む事で100%排気漏れを起こさせません。

何故、ガスケットを裏返しにするかというと、マフラーを取り外した際、純正マフラーとガスケットの当たり面で段差が出来ている事がある為、ガスケットのシール機能が果たせない恐れがあるからで、裏返して綺麗な面でマフラーを締め込む事でシール機能を保てるからです。

ざっくりとお話すると、ガスケットの役目は締め付けトルクをかけた際、潰れる事によってシール機能を果たす為に、基本的には新品交換が望ましいとされていますが、R125に関して言えば、品質のいいガスケットが使用されているので、マフラーの当たり面が極端に変形や潰れる事がなく、そのまま使用頂けると判断しました。

使える物は再利用!これもエコです(笑)。

(もちろん、新品をご用意頂いた場合にはそれを使って頂ければいいかと思います。)

既にご注文を頂き、商品の発売を心待ちにされているお客様にも参考にして頂けたらと思っています。

次にマフラー重量のデータをお知らせします。

・ ステンレス/ステンレス       品番 LA2210JM  2.76kg
・ ステンレス/チタン          品番 LT2210JM  2.63kg
・ ステンレス/チタン(焼き色)     品番 LS2210JM  2.63kg
・ ステンレス/カーボン         品番 SC2210JM  2.49kg
・ ステンレス/SUSメガホン       品番 LM2210JM  2.82kg

※ ノーマルのマフラー重量は6.1kg位です。

排気効率と浄化性能を優先する為に大きめの触媒を装着していますが、どのタイプもノーマルの半分以下に抑えられています。

純正マフラーもステップ下にマフラーがあり、マスの集中化という事でいえば重量配分的に大きな違いはないのですが、やはり半分の重量になるって事で取り回しや走行時に素軽さを体感頂けるのではないでしょうか!

ご購入頂いた皆様に、パワー感や乗り味の変化を感じて頂けたとしたら開発者として大変嬉しく思います。



DSCN2078.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR