FC2ブログ

YZF-R125 - カスタムパーツ 外装編 - 

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

遅くなりましたが、YZF-R125のフェンダーレスKITの最終段階のプロトタイプが仕上がって来たので、取り付け方法等も画像を多用しながら簡単にご説明しながら、紹介したいと思います。

まずは単体写真です。
YZF-R125 fr
ウインカーと反射板はノーマルを流用してます。

じゃぁ、早速取り付けて行きましょう!

まず、ノーマルを取り外し、ウインカー等を上の写真の様に予め組み付けておきます。
次にノーマルベースの穴にノーマルと同じ様に配線を通します。

YZF-R125 fr (2)
YZF-R125 fr (3)

ウインカーのカプラーを接続します。
YZF-R125 fr (4)

次にベース本体の両面テープのフィルムを剥がし、ベース位置を仮決めしますが、この時、線を挟み込まない様に気を付けて下さい。
YZF-R125 fr (6)

位置が決まった時点で写真の様にナットで軽く固定し、位置を確認しながら両面テープを貼り付け、ボルトを本締めします。
YZF-R125 fr (8)

皆さん、ここまで分かったでしょうか?
フェンダーレスに興味の無い方、申し訳ございません。(汗)
結構、お問い合わせが多かったので、今日のブログは一気にフェンダーレスの紹介をさせて頂いています。

まだまだ行きます!

では次にナンバー灯の配線を。
少し難しくなりますが、ナンバー灯の配線を保護してる外側のビニールをハサミで3センチ程カットします。
YZF-R125 fr (9)

写真の様に赤の線は赤に、黒の線は黒へ配線コネクターで接続します。
YZF-R125 fr (10)
YZF-R125 fr (11)
プライヤーで押し込み...

出来上がった感じはというと
YZF-R125 fr (12)
こんな感じになります。

これで配線関係は終了!
取り付けた写真がこんな感じです。

YZF-R125 fr (15)


YZF-R125 fr (16)

マフラー等が装着されていない写真で恐縮しますが、どうです!かなりスッキリしっくりと収まってるでしょ!
YZF-R125のエッジの効いたフォルムが更に引き立ちます。

LEDのナンバー灯はこんな感じです。
YZF-R125 fr (13)

ナンバーを付けていないので申し訳ございませんが、しっかり照らしてくれますのでご心配なく。

この後、更に細部を煮詰め、走行テスト後に商品化する事になります。

また写真でも少し写っていますが、リヤフェンダー(写真の物はFRP)も形の最終確認が終わり、バックネットを張り、綾織りカーボンで仕上げてチタンのグラデーション仕様のマフラーを装着して来週にも再度写真を掲載しますので、宜しくお願い致します。

またサイドカウルの「R-125」ステッカー(シルバー)ですが、サイドカウルをご購入頂いた方へのサービス品としての付属になります。
ステッカー単体での発売はリペアパーツという形を含めても行いませんので宜しくお願い致します。
(純正ステッカーに酷似した造形上、販売すると問題が出そうです。お問い合わせ頂いた方、すみません。)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR