FC2ブログ

YZF-R125 マフラー 開発日記

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

久しぶりの更新になります。

開発中にも関わらず、開発以外の雑務がたくさん回って来て「おいっ!」って言いたくなる所を堪えて淡々とこなしております(笑)。
弊社は少人数なので致し方ないところではありますが...。(4月からもう一人、新人君が入社するので状況が好転する事を願っています。)

火曜日には名古屋までJMCAマフラー会議に参加して来ました。
こちらは雑務でなく私の任務の一つでありますが、会議終了後10人前後集まり、場所を変え、お酒を交えてのミーティングにも毎度ながら参加してきました。

このミーティングですが、正直言って会議よりも実のある情報交換場というか、合同戦略会議みたいな感じで、いろんな意味で本当に得るものが多いと感じています。
詳しくは書けませんが弊社は現在、国内のみの販売ですが、海外を照準に合わせ、今年は非常に大事な1年となりそうです。

さて、肝心のYZF-R125ですが別にサボっていた訳ではございません。

まず、決定事項をお話すると、メガホンのデザインが車体に似合うという結果からメガホンを採用する事になりましたが、社長と相談し、「ラウンド(真円)のマフラーもバリエーションに入れよう!」という事になり、メガホンとは別に通常タイプのサイレンサーも設定する事にしました。(ショートタイプです。)

これは前ブログでのリクエスト希望に対して、戴いたメールにカーボンサイレンサー設定希望が多かった事から、何とかご希望にそえる様にとの思いで、発売を決定しました。
(チタン、ステンレス、カーボンの3種類設定致します。)

国内市場だけを見ると難しい選択でしたが、R125のマフラーは弊社の他の数車種のマフラー達と海外市場でも販売する計画を立てている事もあり、バリエーションを持たせる事で決定しました。
(近く画像を載せたいと思います。)


さて、現在はメガホンサイレンサーのサイズの最終決定をしている真っ最中です。

というのも、近接騒音値をクリアしても新規制を合格するには加速走行試験を合格しないといけません。

その為に消音面積の少ないメガホンで音質や音量をサイズを変えながら、デザインを含めて確認作業の最中です。

メガホン

限られたサイレンサー容積の中での作業で、少しのサイズ変更で見栄えも変わるので慎重に作業を行っています。

メガホン (1)

上の2枚の画像は、完全なプロトタイプで最終版ではございません。
エキパイの管長自体はデータが取れていますので、カウル内のセンターパイプのレイアウトを変更しながら最終決定したいと思います。

見た目を取ると音量がギリギリで、音量をしっかり抑えるとイメージと違う感じになったりと、なかなか上手くいきません。

なんとか週明けには終われる様、頑張りたいと思います。

何となくですが、加速走行試験はかなりヤバそうな感じです。
場合によっては4月末に再試験となる可能性がありそうですね...。 上手く行けばいいのですが。

ちなみに来週は排ガス試験です。
性能・環境面と万全を期して触媒を選択しましたので、こちらは余裕で合格してくると思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです。メガホンもショートも思いっきり短いのを楽しみにしております。
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR