FC2ブログ

YZF-R125 マフラー開発日記

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

先日のブログではノーマルデータのパワーグラフを載せましたが、マフラーの開発も順調に進んでいます。

10500rpmまで綺麗に回るエンジンですが、レスポンス自体はそれなりというか、ツキが弱くて力強さに若干欠けるところがあり、この点に付いては是非改善したいところです。

このクラスのバイクは完全にエンジンパワーを使いこなせる訳ですが、一クラス上のバイク等と一緒に走ろうとすると、回し気味になりますよね。

そもそもR125は回して初めて楽しさが出るバイクでもあります。

せっかく回して楽しいバイクならより楽しくなる様に、中高速域をもっと元気にしてあげる事が結果として乗り易く、そして楽しくなると思います。

ピークパワーのポイントを後ろにズラし、パワーバンドを広くする事を目標にスタートです。

環境に合わせて触媒も内蔵し、音量に関しても新規制をクリアしてという、出したい馬力に対して反比例する事に取り組む訳で、比較的、パワーの稼ぎ易いビッグバイクとは違い、かなりシビアな状況での挑戦ではあります。

CBR250Rの開発時も、フルエキとスリップオンとの差がなかなか顕著に表れず、どこのメーカーも苦労していた事が事実としてありましたが、原因は環境問題に取り組んだ結果のシビアな燃調にあります。(簡単に言うとガスが薄いんですよ)
今回もその点については同じです。
(ちなみに弊社はCBR250Rではフルエキを見送り、パワー的にもコストパフォーマンスに優れる事からスリップオンを発売しました。)


さぁ、まずはポートのサイズやノーマルのパワーグラフからエキパイの太さを決め、全体に管長を短くした試作1号のデータがこれです。
比較データ
もちろんの事ですが、赤が弊社マフラー、黒がノーマルです。点線はトルクカーブです。

予想通りというか、やはり短くする方が元気になりました。ちなみに触媒は既に内蔵させてのデータです。

現時点ではお見せ出来る取り回しにはなっていない為、マフラーの全体図は控えておきます。

試作1号で使用しているサイレンサーの全長を80mmカットし、更に短くして探って行きます。
その結果がこれです。

比較データ (1)
今度は赤線が試作2号で黒線が試作1号です。
考えている方向が合っている様です。更に特性が良くなりました。

この後、パンチングの内径を細くしたり、多段式パンチングを試したりと、テストを繰り返しましたが、あまり、パッとせず、今度は思い切ってセンターパイプを元の寸法から35mm短くし、中速域のレスポンスが良かったインナーピースと組み合わせた試作6号がこれです。
比較データ (2)
赤線が試作6号で黒線が先程の試作2号です。
管長が短くなったにも関わらず、低中速域が痩せる事無くピークパワーを更に稼ぐ事に成功です。

んで、ノーマルとどれ位変わったのかというグラフがこれです。
比較データ (3)
赤線が試作6号、黒線がノーマルです。

グラフの差以外にも10500rpmまでの到達時間が約2秒近く速くなっています。

もちろん、これで終わりません。
今回のテストは第一段階です。
個人的にはまだ全然納得がいきません。もう少しパワーバンドに幅を持たせたいと考えているので明日から第二弾のエキパイを製作して頑張りたいと思います。

ところで今一番頭を悩ませているのが、サイレンサー形状です。

皆さん、どんなサイレンサーを望んでいるのでしょうか?
良かったら教えて下さい!(よかったら開発担当宛にメール下さい!)宜しくお願いします!







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

マフラー形状希望案

第一希望出来たらKTM125DUKEみたいなエンジン下にあると良いなぁ
こけてもへこまないし、重心が下がるので良いなぁ。
第二希望はノジマのロックオンのショートバージョンみたいな
第三希望はレオビンチSBKのGP-Styleみたいな

マフラー形状希望案2

KTM 1190 RC8みたいにカウルに収まってくれると最高です!

サイレンサー形状

太く短くい「オーバル」か「SUSメガホン」なんてどうでしょう?

Re: マフラー形状希望案2

こおりんさま

いろんなご意見、ありがとうございます。

カウルの中に収める様に管長をうまく取り回せたらいいのですけどね... 非常に難しい問題ですね。

どちらにしてもスッキリ収まる様にしたいところです。

ご意見ありがとうございます。

Re: サイレンサー形状

ニシヤンさま

コメントありがとうございます。

今、まさに試そうとしている2種類のサイレンサーなのでドキッとしました(笑)

皆様のご意見を上手く反映出来る様にがんばります。

ありがとうございます。
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR