FC2ブログ

YZF-R125 弊社に到着しました!

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

先程、YZF-R125が弊社にやって来ました。

DSCN1179.jpg
DSCN1181.jpg


昨日、いつもお世話になっている椚店長より陸送手配のご連絡を頂いて本日1時ごろに到着するという、本当に迅速に対応頂きまして、椚店長並びにはとや草加店の皆様、本当にありがとうございます。

で、早速バイクに跨ってみると...
うん!? あれ...? 

フランス人、結構足が長いですね(笑)。
私は身長が171cmですが、いざ跨ってみると両足ともつま先立ちになってしまいます(汗)
とても125ccの足着き性とは思えないです。

ちなみに弊社の新人君は私より10cm程身長が低く、跨るとこんな感じになります。
DSCN1183.jpg
これ、立っているというより、ちょっとしたバレリーナのつま先みたいになってしまいます(笑)。

海外製品でローダウンKITも出てるみたいですが、かなり高いですね...
日本人の体型に合わせた車高がやはり必要ですね!
そこで、もっとリーズナブルでしっかりした物を製品化したいと思います。

あまり車高を下げ過ぎると車体バランスが崩れますので、フロントフォークの突き出し量が5~10mm程度の変更で済む位、もしくはそのままでもいける様な「25~30mmダウン」を狙って試作してみたいと思います。
これ位下がるだけでかなり扱い易さが変わると思います。

外装パーツに関しては、明日外装担当の徳ちゃんと相談しながら予定商品をピックUPし、ブログでお伝えしたいと思います。

ベンチテスト等で基本データを取りながら、街乗りでポジション等のチェックをして、こんなパーツがあればと思う物を見つけていけたらと思います。

MAC-MRD大内社長からもステップ関係に関してリクエストを頂いていますので今後のブログでお話出来ればと考えています。

そうそう!MAC-MRD大内社長といえば、先日のブログでハードパーツに関して触れたところ、「ボアアップkitの事なのか?」等、数件メールが来ました。
私から曖昧な事は言えないのですが、先程「皆さんがかなり気になっているみたいですよ!」とお電話でお伝えした所、「山ちゃん、その件は任せといて!」と力強くおっしゃっていたので、詳しくはMAC-MRD大内社長のブログをチェックしてみて下さい。

 ※ 大内社長のブログです。  http://blog.mac-mrd.com/

仮にボアアップをしたとしても要はしっかり燃調をセッティングしなければ、速くならないどころか、100%走らなくなります。
シリンダーとピストンだけのKITでは全く役に立たないという事です。

しかしMAC大内社長のところは、その部分も含めてのKIT販売ですから、ボルトオン装着=めっちゃ速い となる事間違い無しです。

あっ、ボアアップKITって言ってしまいましたね...

詳しくは私でなく、MAC大内社長のトコに聞いて下さい。
MAC大内社長のブログが更新されなかった場合には電話やメールで尻を叩いて下さい(笑)。

今回は同じマフラーメーカー同士で、単にお互いの車体を共有する事のみならず、マフラー開発に関してお互いの持っているデータやノウハウに関してもガチに情報交換をしながら開発に取り組みます。

画期的というか、そんな事をしたマフラー屋さんは私の27年の業界歴を振り返ってもなかった事だと思います。

たかがマフラーと思われる方もたくさんいらっしゃるでしょうが、車体に合わせて「配管」するのがマフラー屋の仕事ではございません。

お互いの良い部分をお互いに引き出せるるマフラー造りになればと思っています。

ちなみにこの車両、すごく乗りたいモードに突入しましたので、個人的に所有する予定です。
大内社長、そういう事で宜しく!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR