FC2ブログ

YAMAHA YZF-R125 マフラー開発について

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

最初にお知らせです。

CB400SF/SB H-V REVO 用SUSメガホンS/Oマフラーの製品ページに - 開発者の「長」コメント - をUPしました。ブログ内での開発日記の方が詳しい内容になっていますが、宜しければ見てみて下さい。

それでは本題に入りましょう。

11yzf-r125_blu2.jpg
YZF-R125です。

以前からチラホラと、そして最近になって急に問い合わせが増えております。

私としても戦闘的なこのスタイルは、マフラーの開発意欲が湧くバイクで興味を持って見ていましたが、「どれ位売れてるの?」という事に関して販売推移にも興味を持っていました。

需要があって初めて供給(販売)出来る訳で、我々の仕事は決して芸術家的な仕事ではありませんのでバイクの販売推移には特に注目してた次第です。

現在、販売されているR125はプレスト経由の物と バイクショップはとや さん等が独自ルートで仕入れた物とが存在します。

R125ユーザーには特に何も問題はないのですが、弊社の場合は少し問題があります。
輸入ルートによってバイクの型式登録が違う為、新規制対応のマフラーを製作する際、両方の型式でそれぞれ試験する必要があり、また排ガス試験にも別々に試験を合格する必要があります。

仮に一方の型式で新規制対応品を造ると、もう一方の型式に対しては新規制対応となってしまします。

「両方造ればいいやん!」という事ですが、先程の需要と供給が問題になります。
では、どれだけ売れてるの?という疑問に突き当たります。
また、輸入ルートによってバイクの型式登録が違ういう事は、場合によってはかなりの型式が存在する場合も考えられるという事でもあります。

現在、同じマフラー屋さんでヤ○ハの事情通のMAC-MRD大内社長と協議しながら前向きに検討しています。
R125をたくさん売っている輸入元を2社程に絞ってMAC大内社長と弊社でそれぞれのバイクを融通し合うという話で調整しています。

現時点で詳細はお知らせ出来ませんが、決まり次第お知らせします。

多分、マフラーを造る事になりそうなのでお楽しみにしていて下さい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR