FC2ブログ

CB400SF/SB REVO メガホンS/Oマフラー 開発日記 -続編-

revo-1.png


WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

年末年始で、少し開発ブログの更新が遅れましたが今日は続編と言う事でお話したいと思います。

まずは訂正からです。
12/28のブログで「ちなみに加速走行試験は二名乗車(重量130kg±10kg)で~」と書きましたが、実際には110kg±20kgでした。
㈱ダックスコーポレーション浜さんに連絡頂き、間違いが判りました。(スミマセン)

ちなみに試験では検査官立ち合いで運転手の後ろにダミーウェイトを載せて重量を合わせたり、体重を測って二名乗車で重量を合わせたりして試験を行ってます。

さて本題ですが、今回はレスポンスについて少し書こうと思います。

アクセルを開けた時にツキが悪い、いわゆるレスポンスが悪いと非常に乗りにくく感じたりする物です。
アクセルを開け、一呼吸置いてから加速する様に感じたりすると、それだけでストレスを感じたりしますし、また逆に敏感過ぎる位にツキがあると、バイクの挙動も神経質な感じになり、乗っていて疲れますし乗りにくくもなります。

一般的によく勘違いされている事でレスポンスが良いと馬力が出ていて、悪いと馬力が出ていない様に思われているみたいですが、シャシダイナモ(ベンチテスト)にかけると、案外同じパワーカーブを描いたりします。

では何が違うの?となる訳ですが、もちろんセッティングという事も理由の一つではありますが、案外忘れがちな部分としてサイレンサーの容量という事が上げられます。

例えばビッグバイクのユーザーの方に多いのですが、あるアフターマフラーのサイレンサーをショートタイプの径の細いサイレンサーに変更されているのをよく見かけたりします。

見た目や音量を自分好みにする以外に「パワーも上がった様な気がする」といった意見も聞かれます。
確かに長さが短くなった事による特性の変化もあるでしょうが、「パワーも上がった様な気がする」の大きな要因はレスポンスの変化です。

レスポンスはサイレンサーの外径が太い物より外径が細い物の方がレスポンスは向上します。
同じ条件のマフラーでは、φ110のサイレンンサーよりφ90の方が単純比較でレスポンスが良い(ツキがよい)という事になります。

実際にはサイレンサー内部のパンチングパイプの径や開孔率(孔の開いている割合)、パンチングの孔径に至るまで様々な要因があり、決して一筋縄にはいきませんが、大まかに例えると上の様な事になります。

では細い方がいいのかというと先にも述べた通り、過敏に反応し過ぎてアクセルワークに気を使わなくてはならなかったり、ツーリングに行った時、あるいは市街地で信号待ちからの発進時に思いの外、疲れたりとレスポンスが良過ぎるのもそれなりに短所がたくさんあります。

また小さいサイレンサーに換えた事により音量が大きくなり、音量を落とす為に入れたインナーバッフルのせいで音量は落とせたものの、結果として反ってレスポンスが悪くなったりという話もよく聞きます。

結局は元のサイレンサーが一番良く考えられていて尚且つ相性が良いという事に気が付く場合も多いみたいです。

各社、それぞれトライ&エラーを繰り返しながら、乗り易さを重視したり、スポーティ差を追求したりと、特徴に合わせてサイレンサー径や長さを決定しているという事をお忘れなく。(あくまでもちゃんとしたメーカーのお話ですが。)



今回発売するメガホンサイレンサーはレスポンスを含めた特性造りには利点がたくさんあります。

DSCN1075.jpg

音質の点に関しては前のブログでお話した通りですが、上の写真を見て頂ければ判る通りテーパー形状のみのメガホンでは無く、テーパー部とストレート部(エンド部)でこのサイレンサーは構成されている為、特性としてはマイルドなレスポンスをストレート部で確保しながら、俊敏に反応するレスポンスをこのテーパー部で得ています。

私が特性造りを行う際、絶妙なレスポンス、フィーリングを目指す時にパンチング径の変更や多段式パンチング等を用いてレスポンス及びフィーリングをテストします。
これはもちろん消音面も考慮しての作業ですが、確実な消音を果しながら「消音=パワーダウン」にならない様、徹底的にベンチテストします。

今回はφ50.8のストレートパンチングを採用しましたが、テーパー部の細い部分を径の細いサイレンサーに見立て、扱い易いマイルドな特性を得る為にストレート部を径の太いサイレンサーに見立ててテストを繰り返しました。消音自体は全長で補う事で絶妙なフィーリングと程良い消音を実現しています。

さらに特性造りには、インナーパイプを多段式にする事で低速域から高速域までREVO本来の特性を存分に発揮出来ているのではないかと思います。(※ 前回ブログのパワーグラフをご参照下さい。)

「扱い易いのにレスポンスが抜群にいい」という特性をご購入された方は必ず体感頂けると思います。


え~っと、どうしようかな?
続きは次回ブログという事にしましょう。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR