スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型Ninja250 フルエキゾースト開発日記 - 序章 -

2018ninja250ブログ フルエキ (4)

皆様、こんにちは。
新型Ninja250 フルエキゾースト開発日記ですが、ある程度形になった時点で書き始めようと思っていましたが、ブログを読まれている方々からブログの更新をリクエスト頂いていた事もあり、現時点であまり進んでいませんが本日より更新させて頂く事にしましたので宜しくお願い致します。

この新型Ninja250のエンジンは新設計で前モデルとは特性も含めて全く別物のエンジンとなっているのは皆さんご存知の通りです。

因みにコチラが前モデルのエンジンです。
2018ninja250ブログ フルエキ (7)
写真の対比が出来にくくて申し訳なにのですが、イメージ的に新型Ninja250のエンジンは高回転域のパワーもさることながらエンジンの大きさが非常にスリムになっており、前モデルから30%位はコンパクトになったイメージです。

新型Ninja250は、大型エアクリーナーBOXの採用と共にエンジン傾斜角が前モデルよりも強くなり、その分タンク下のスペースを確保出来る事が、この大型エアクリーナーBOXを採用出来る要因でもあり、またエンジン傾斜角を前傾する事で吸気経路がストレートになり、ダウンドラフト構造を最大限活かせられる様になっています。

レースの世界では「ラム圧」という事場をよく耳にしますが、ラム圧をかける場合、このエアクリーナーBOXの容量は重要で、この容量が小さいとパンクというか実行的なラム圧がかからない事になります。

アジアでのレース人気により、この新型Ninja250はそういった事も踏まえて実に効率性を高めたバイクと言えますね。
もちろん、これはCBR250RRや今後出て来る新型YZF-R25にも言える事だと思いますけどね。

2018ninja250ブログ フルエキ (6)
因みに排気ポートを覗いてみると、前モデルより明らかに大きくなったポート径が確認出来ました。

新型Ninja250では、それに伴いノーマルのエキパイ径が前モデル(φ25.4)から、新型Ninja250は(φ31.8)とかなり太くなっています。
これは特に高回転側でのパフォーマンスに貢献している筈で、弊社も前モデル用フルエキゾーストではエキパイにφ31.8を採用しています。

因みに単純に太くなれば良いという事ではないのですが、今回フルエキゾーストを開発するにあたり、私が最初に選択したパイプ径は、ほんの少し太いφ32のパイプからスタートしています。

次にノーマル重量を見て行きましょう。


2018ninja250ブログ フルエキ (3)
エキパイ重量は2.58kgでした。

2018ninja250ブログ フルエキ (1)
そしてサイレンサー重量はカバーを含めて3.77kgという事で、マフラーの総重量は6.35kgという事になります。

2018ninja250ブログ フルエキ (2)
マフラーの全体はこんな感じです。
サイレンサーとエキゾーストパイプの2ピース構造で真ん中に見えるのがサイレンサーカバーです。

このマフラーを見て思うのは、エキパイのみならずセンターパイプもかなり太くなっており、前モデルのセンターパイプ径はφ35とかなり細かったのですが、新型Ninja250はφ42.7を採用と、正直アフターマフラー並のパイプワークですね。

果たしてフルエキゾーストによりパワーを上げれるマージンがあるのか?という事になるのですが、ノーマルの特性を見る限り、私的には高回転域に上乗せ出来るパワーマージンがあると思っています。

まぁ、それはベンチテストで実証していくしかないのですが、最初は前モデルのフルエキ寸法とノーマルマフラーの仕様等を頭に入れながらノーマルのエキパイ長を少し変えた所からスタートしたいと思っていますが、スリップオン時のベンチテストのイメージから、フルエキのエキパイ長はノーマルとかなり違う寸法になるのでは?と思っていますが、これも開発が進む中で見えてくるでしょう。

そのエキパイですが、まずはこんなレイアウトからスタート。

2018ninja250ブログ フルエキ (12)
現時点でのレイアウトはベンチテストによってパイプ長が決まっていく過程なのでそれ程意味がないのですが、前モデルよりエンジン傾斜角度が付き、吸気経路がストレートになり理想的な感じなので、排気側もなるべくクネクネさせず、持っていきたいと思っての事ですが。。。

2018ninja250ブログ フルエキ (13)
レイアウトしていて思ったのは、なるべく前方でエキパイ長を稼ぎたいと思っているのにこのレイアウトでは前で管長を稼げないという事に後になって気が付きました。。。

何故、前方で管長を稼ぎたいかというとベンチテストの結果、採用した寸法が長くなった場合、「SHORT_LINE(ショートライン)」フルエキゾーストにならないからです、はい(笑)

レース用と違い、一般公道用は触媒が必須な訳ですが、触媒有りと触媒無しのベスト寸法は、ほぼ必ずといっていい位に管長が違います。

触媒が入っている場合、たいていはレース用よりベストな管長は長くなってしまうんですよね。
レースベースでパワーを出して、後で触媒を入れた様なマフラーが思いの外、走らないといった現象が起きるのはこんな事も大きな要因としてあります。

こういう事象はベンチテストを繰り返し、作業しているので分る事ですが一般公道用でパワーを出す時は、それなりに理解してかからないと遠回りしてしまいますし、間違った解釈で進むと「何をやってもパワーが上がらない」と勘違いする事になります。

まぁ、ここまで書いて「新型ninja250はフルエキでもパワーが変わりませんでした」ってブログで書く様な時はすみませんです(笑)

その時は製品化を断念しますね(笑)
まぁ、そうならない様に全力で慎重に頑張っていきたいと思いますのでご興味のある方は宜しくお願い致します。

という感じで開発日記、スタートです。

2018ninja250ブログ フルエキ (5)
スポンサーサイト

新型Ninja250 スリップオンマフラー動画をUPしました。

DSCN1634.jpg

皆様こんにちは。
こちらのブログの方では久しぶりになりますが、新型Ninja250用スリップオンの各種タイプの動画をYouTubeにUPさせて頂きました。

たくさんの方々からリクエストを頂いておりましたが、この時期までずれ込んでしまい、本当に申し訳ございませんでした。

毎回書きますが、再生環境で音質が全く違って聞こえる事もあるかと思いますが、ご参考になればと思いますので宜しくお願い致します。

SB4270JM (21)

・新型Ninja250 SS-OVALスリップオン


SV4270JM (231)

・新型Ninja250 チタンオーバルスリップオン


BK4270JM (110)

・新型Ninja250 ラウンドタイプスリップオン


となっています。

取り急ぎご報告とともに、新型Ninja400の方もまた動画を撮りたいと思っていますので、そちらの方は今しばらくお待ち下さいませ。

それでは宜しくお願い致します。

Ninja400イメージ (2)
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
WR'S(ダブルアールズ)マフラーの開発状況などを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。