本日から新型CBR250RRのマフラー開発始まります。

新型CBR250RR ノーマル (11)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

昨日、バイクの引き取りをしてまいりました。
ご協力頂きました関係者の皆様、本当にありがとうございました。

写真で見ていた時、正直言ってレーシングレッドの車体は少し派手な様に見えていて、「こういうのがインドネシア(アジア)受けするのかなぁ?」等と考えていたりもしましたが、実際に車体を目にすると存在感というか、雰囲気が本当に素晴しく、「レーシングレッドを購入しておいて良かったなぁ!」と改めて思う次第でございます(笑)

ちなみにフロントから見た目はこんな感じです。

新型CBR250RR ノーマル (10)
下がヘッドライトで上がポジションランプです。

ウインカーを点けてみるとこんな感じに。。。

新型CBR250RR ノーマル (16)
スッキリとしていて格好いいのですが、このウインカーに関しては日本の法規に抵触する(?)可能性があるらしく、マフラーの法律に関しては知識が豊富ではありますが、ここら辺りの法規が実は良く分っていなかったりしますので、ナンバー登録をするまでにはしっかりと確認して対応したいと思います、はい。

昨日、アメブロで少し書きましたがフロントマスクを見てみるとミラーの下側にステー穴があいています。。。

新型CBR250RR ノーマル (4)
新型CBR250RR ノーマル (3)

ミラーを外してみると。。。
新型CBR250RR ノーマル (6)
こんな感じでベースプレートからステー穴が生えています。

以前、同業の仲間とインドネシアに視察旅行に行った事があるのでピンときましたが、これね、ナンバープレート取り付け用のステーなんですよ。
インドネシア
これはインドネシアのヤマハディーラーを訪ねた時の写真ですが、スクーター、ロードモデルに関係なく前後にナンバープレート装着がインドネシアでは義務付けとなっています。

日本では当然要らないのと、目障りというかビジュアルが悪いので早速、カットしてミラーを付け直しました(笑)

ちなみにエンジン型式を見てみると。。。
新型CBR250RR ノーマル (17)
なんとシングルエンジンのCBR250Rと同じエンジン型式です。。。
RRは2気筒なのでエンジン型式くらい違う型式を採用しても良かったのでは。。。(例えばMC42Eとか。。。)

さてバッテリーを繋ぎ、キーをONにすると最初に「CBR」の文字が浮かび上がります。
新型CBR250RR ノーマル (12)
そしてメーターが立ち上がります。この辺りは雰囲気があっていい演出ですね。

新型CBR250RR ノーマル (13)
因みにデフォルトのモードは『Sport(スポーツ)』です。

新型CBR250RR ノーマル (18)
白丸で囲んだスイッチがモード切替スイッチですが、これを一度押すと『Sport +』モードになり、より強力なパワー感になるらしいです。

新型CBR250RR ノーマル (14)
更にもう一度押すと。。。

新型CBR250RR ノーマル (15)
『Comfort』モードとなり、扱いやすい特性になるそうですが、それは乗ってみてから再検証したいと思います。

実際にアクセルを吹かせてみる(ブリッピング)と明らかに『Sport +』モードの吹けあがり方が良く、『Comfort』モードは音質も控えめな感じでレスポンス感も弱くなるのがハッキリと分ります。
乗ってみないと何ともいえませんが『Comfort』モードって使うんでしょうかね?(笑)
パワー感を前面に出しているこのRRで、その必要性が何処にあるのでしょうかねぇ。。。

音量自体は動画でも確認していた様に若干大きめな感じで音質的には、まぁそれっぽいというか、思った以上に金属チックな音質ですが、決して悪くはありません

新型CBR250RR ノーマル (6)
アイドリング音量も存在感合って良いのですが、予想よりは大き目な事もあり、音量を計ってみる事に。

新型CBR250RR ノーマル (7)
結果は73.9dB。 そんなに極端な音量ではありませんでしたが、少し大きいかな、程度です。
これ位の方がいいかもですね。

次に近接騒音値を6,250romで計測しました。その結果は。。。

新型CBR250RR ノーマル (8)
87.3dBでした。これも決してと大きいと思えるレベルではないですね。他の250ccクラスとほぼ同等です。

ちなみに『Sport +』モードでも結果は同じです。
アクセルをブリッピングしてみるとタンクの前側から「クゥオーン」という、吸気音...かエンジン自体から気持ちのいい音が聞こえてきたりと、演出なのかたまたまなのか分りませんが、その気にさせてくれる雰囲気がありますね。

レスポンス自体は正直言って自分の中のイメージとは違い、ある意味普通でした。

長々と書きましたが、思った以上の雰囲気を持ったこのCBR250RR、250cc市場に風穴を開ける投入となりそうな予感で、今後は少しずつCBR250RRを紐解いていきたいと考えています。

どんなマフラーを造るのか、自分自身楽しみですが、バイクに乗って性格を理解した上でまずはスリップオンから取り掛かっていく事とします。

何種類のスリップオン、そしてフルエキを造るのか現時点では全く決めていませんが、興味のある方は楽しみにしておいて下さいね。今回は結構、攻めてみるつもりです。

それでは今日はこの辺りで。
スポンサーサイト

レース用マフラーに関してお知らせ

Ninja250SL    jp250 レース用

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

今週も週末になり、ようやく私の業務も一段落しそうです。まだ若干、残ってはいますけども。。。
1月も残すところ本日を入れて4日となりましたが、今月は例年になく良いスタートが切れました。

まだ手元に来ていませんが新型CBR250RRの情報がネットで盛り上がっている状況下で、今月はフルエキ・スリップオン共にYZF-R25/MT-25用のマフラーが良く出ましたね。

特にスリップオンに関してはここ2週間位でかなりご注文を頂いたみたいで、在庫切れも出たりとご迷惑をおかけしておりますが、出荷体制も整いつつありますので、ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

さてレース用マフラーに関してのお知らせです。

レース用マフラーのラインナップに関しては、現在のところ下記のラインナップを考えております。

・ Ninja250SL     フルエキゾースト(JP250)
・ YZF-R25      フルエキゾースト(JP250)
・ 新型CBR250RR  フルエキゾースト(JP250)

新型CBR250RRに関しては皆様ご存知の様に国内仕様の発売が春先になる見込みなので、来週早々にでも納車されるインドネシア仕様の車両で開発を進めますが、発売はかなり先の事となりそうです。

販売方法は、通常の商品とは異なります。
レース用パーツに関しては、弊社直販・指定レース用ショップ、またWEBショップではウェビックさんのみの取り扱いとなります。

去年のブログでも書きましたが、レース用マフラーが一般公道に流入する事も懸念され、クローズドコース(サーキット)を走る車両に対してのマフラーになりますので、現在ウェビックさんと「一般公道使用禁止の承諾書」等々の準備を進めておりますので、ウェビックさんのサイトで購入頂けるのはもう少しお時間がかかるかも知れません。

また準備が整い次第、告知させて頂く予定ですが、お急ぎの場合、弊社に直接ご連絡頂けましたら個別に対応させて頂きますので宜しくお願い致します。

価格に関してですが以下の通りとなります。

【 Ninja250SL 】  

Ninja250SL wrs JP仕様 (1)

・ ステンレス/チタンサイレンサー(ソリッドチタン) 品番 RFV4260JP  定価 74,000円(税抜き)
・ ステンレス/チタンサイレンサー(焼き色)     品番 RFM4260JP  定価 77,000円(税抜き)

【 YZF-R25 】

yzf-r25 wrs JP仕様 (2)

・ ステンレス/チタンサイレンサー(ソリッドチタン) 品番 RFV2250JP  定価 83,000円(税抜き)
・ ステンレス/チタンサイレンサー(焼き色)     品番 RFM4260JP  定価 86,000円(税抜き)


222  JP250 レース用マフラー

またフルコン装着時等に必要な社外センサーボスに関してはオプション(有料)となりますが、マフラー購入時に指示頂ければ取り付けて出荷する事も可能にしています。

また個別の商品毎にブログでご案内したいと思いますので宜しくお願い致します。

レース用マフラーに関してはいろんなご意見を頂き、「どんなに頑張っても一般公道で使用するヤツは何としてでも手に入れるよ!」、また「マフラーを売るショップを限定すると販売数に影響が出る」等々、当然ながら私も理解した上での事です。

前にも書きましたがレース用マフラーで採算取れなくても、数量出なくても全然OKなんです、はい。

レース用マフラーの開発はJMCA認証マフラー等の一般公道用マフラーの為の豊富なデータ蓄積に役に立ってくれますし、純粋にパワーを求めるマフラー造りで、そのバイク本来の性格を見つける事が出来る事もあり、今まで販売していなかっただけで、沢山のレース用マフラーの開発に携わったり、OEMで開発したりしているんですよね。

なのでレース用マフラーが仮に不採算であろうがなかろうが、弊社の商品を開発する上で常にルーティンの中に入っていることでもあります。むしろ、今度はそれを売る事になるので決してマイナスではないんです、はい。

格好を付ける気はサラサラないですが、レース用に関しては必要と思って頂ける方々にさえ手に渡ればそれでいいと考えています。

通常商品と違い、購入出来るショップは限定されますが、ウェビックさんとはそういった考え方を私の思う以上に理解して頂けたのでレース用マフラーの取り扱いをお願いした次第です。

話が難しくなり過ぎてもアレなのでここで止めるとして(笑)、またマフラーの詳細情報等も更新していきますので宜しくお願い致します。

それでは今日はこの辺りで。

今更で申し訳ございませんが...新型GROMマフラー重量です。

新型 GROM  車両売却 (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

去年の年末、バイクブロスさんのWEBページ『原付RIDE』において、有名マフラーメーカー数社が集まり「新型GROM・Z125PRO」用マフラーのインプレッション的な企画があり、弊社も参加したのですが、本日メールで記事校正が上がってきており、内容を確認していたところ、マフラー重量の記載が「 - kg」 となっているのを発見。

よくよく考えてみると、マフラー重量は当然計測済みではありますが、ブログを含めて重量に関してのお知らせが出来ておりませんでした。。。(本当にすみません。)

過去のブログを読み返して見てみると、まぁ毎回といや毎回ではありますが、その時々でブログを更新しているので、内容の整理が出来ていない事もありますので、今更ながらですが改めて品番及び価格・マフラー重量をブログにUPさせて頂きます。
(全く持ってお恥ずかしい限りですが。。。)


【 S.O.Vチタンショートオーバルサイレンサータイプ 】   音量 近接 : 84dB   加速 : 76dB 
                                    マフラー重量 : 2.31kg  ※ ノーマル重量 : 4.83kg

・ S.O.V(ソリッドタイプ)   品番 LT1150JM  価格 45,000円(税込み48,600円) 

LT1150JM (20)
LT1150JM (73)

・ S.O.V(焼き色タイプ)  品番 LS1150JM  価格 48,000円(税込み51,840円) 

LS1150JM (3)
LS1150JM (54)


【 異型チタンオーバルサイレンサータイプ 】    音量 近接 : 85dB   加速 : 74dB
                                マフラー重量 : 2.75kg  ※ ノーマル重量 : 4.83kg

・ チタンオーバル(ソリッドタイプ)  品番 LV1150JM  価格 55,000円(税込み59,400円)

LV1150JM (38)
LV1150JM (74)

・ チタンオーバル(焼き色タイプ)   品番  LM1150JM  価格  58,000円(税込み62,640円)

LM1150JM (49)
LM1150JM (36)

※ マフラー重量にはサイレンサーバンド及びスプリング類も含まれた重量です。

となっています、はい。

どれだけ売ってからのお知らせなんだ!という自身の声がブログを更新しながら頭をよぎっていますが、皆様、あたためて宜しくお願い致します。

ちなみに念の為にマフラーデータも再掲しておきます。

ノーマルvs最終プロト
こんな仕上がりとなってます。

本日は大阪も雪がちらついて大変寒く、弊社社長は珍しく風邪でダウン。。。(笑)
皆様、くれぐれも体調にはお気を付けてお過ごし下さいね。

それでは本日はこの辺りで。

新型GROM、車両が売れました。

新型 GROM  車両売却 (1)

季節的に分っている事とはいえ寒いですね。。。
大阪でも雪が積もったりしていますが、弊社は東大阪市の中でも山側でなく平野部なのでチラチラと雪は見るものの、まだ雪が積もったりはしていませんが、底冷えはしていますね~。。。

いつもなら雪が積もったり道路が凍結したりする季節になるとバイクは走れくなる訳で、必然的に我々アフターパーツのご注文も減少するのですが。。。今年はなんか違いますね。。。(笑)

週の中頃はさすがにこの時期らしい動きになりますが、週末から週明けに関しては相変わらず好調で、本当にご注文頂いた皆様に感謝です。

さて表題の新型GROMですがお問い合わせ頂いた方々、ありがとうございました。
おかげ様で売れ先が決まりました。

「春ごろまで車両が売れていなかったら。。。」という様なお話しも何件かありましたが、『買い手のいる時が売るタイミング』という事でめでたくご縁があって嫁ぐ事となりました。

新型GROMに限らず、今後も開発車両売却の際はブログで告知させて頂きますので、その際にご縁がありましたら宜しくお願い致します。

ちなみに今週入って来るであろう車両は。。。

2017CBR250RR (1)

レーシングレッドの新型CBR250RRです。

この車両もスリップオン並びにフルエキゾーストを開発し、開発終了と同時に売却予定にしています。
売却時期に関しては開発次第で未定ですが、国内仕様が出る前には売却出来ると思いますので、興味のある方はメールででもご連絡下さいね!

それでは。

新型GROM 車両売却します。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

出張から戻って来ましたら、先日告知していた新型GROMの車両販売に関して数件、お問い合わせがございましたので、改めてブログでお知らせしたいと思います。

新型 GROM  車両売却 (1)

開発終了に伴い、新型GROMを売却します。

販売するこの車両に装着しているパーツは以下の通りです。

新型 GROM  車両売却 (7)
新型 GROM  車両売却 (5)
フレームスライダーにフロントアクスルカップ。

新型 GROM  車両売却 (2)
新型 GROM  車両売却 (6)
新型 GROM  車両売却 (10)
フルエキゾーストにバックステップ、リヤアクスルカップ、それにチェーンガード。

新型 GROM  車両売却 (4)
新型 GROM  車両売却 (3)
新型 GROM  車両売却 (9)
ハンドルストッパーにマスターシリンダープロテクター、それにヘルメットロック。

等々のボルトオン機能パーツが豪華に装着されています。
マフラー以外の機能パーツはレース界でも装着率がハンパない、皆さんご存知のベビーフェイスさん製です。

新型 GROM  車両売却 (8)
またマフラーに関しては、ご購入時にショートオーバルも選択可能です。

当然、ノーマルマフラー及びノーマルステップはご購入時にお渡ししますが、置き場が無い場合は、1年程度ならお預かりする事も可能です、はい。

走行距離は現時点で190kmの新古車レベルで購入時期次第では若干伸びると思いますので、その点はあしからずです。

エンジンは当然快調で車体に目立つ様な傷なども見受けられませんが、登録して乗っている車両でもあり、あまり神経質な方はご遠慮頂きたく思いますが、お買い得感いっぱいの車両で、このままでも十分ですが、ここから少し手を加えるだけでかなりカスタマイズされたバイクに変貌すると思いますね。

価格は、これだけのパーツが付いて。。。う~ん、リアルな数字はここで止めときましょう(笑)
本当に興味のある方だけ、メールかお電話でお問い合わせ頂ければと思いますが、消費税まで込みで総額30万円台前半とかなりお得な価格で販売します。

また実際にご購入の方には、更にお得な特典もお付けして販売させて頂きますので、ご興味のある方、連絡お待ちしていま~す。

それでは宜しくお願い致します。
今日のところはこの辺りで。

Z125PRO・新型GROM用フルエキゾーストに関して

z125pro     LS4110JM (1)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

Z125PRO・新型GROM用フルエキゾーストですが、現在どちらもバックオーダーでご迷惑をおかけしていましたが、製作中のロットが完成しましたのでZ125PRO・新型GROM共、昨日からバックオーダー順で出荷をさせて頂いております。
大変、お待たせ致しましたがお手元に届くませ今しばらくお待ちくださいませ。

LS4110JM グレー (3)
特にZ125PROのご注文・問い合わせが多く、納期に関してかなりご迷惑をおかけしましたが、当面は即納に近い状態で出荷が可能かと思います。
納期に時間がかかるので悩まれていた皆様、ご検討下さいませ。

z125pro     LS4110JM (2)

LS1150JM (51)

取り急ぎご報告という事で、それでは宜しくお願い致します。

新型CBR250RRゲットです! ~の新型GROM 売却します。

2017CBR250RR (1)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

先日のブログで『ここ数日でおそらくいろんな動きがあるかと思いますので、その都度皆様にお伝え出来ればと考えています。』と書きましたが、早速動きがあったのでまずはそちらのご報告からです。

昨年11月後半辺りから新型CBR250RRを手に入れようと、水面下で動いていましたが、その成果が報われまして、新年早々、新型CBR250RRをGETする事が出来ました。

インドネシアから既に車両を入れてるショップさんもあったりしましたが、インドネシアからの輸送費は思った以上に高く、諸々の費用で総額3桁位の見積もりとなり、納期に関しても現地でバックオーダーになっているので2月中旬以降になるとの事で、少しでも早く手に入れたい事もあって、各方面に情報収集しておりましたが、順調なら再来週中に新型CBR25RRがやって来ます。

灯台下暗しというか、結局、車両GETの要因は年末に関西のレース業界の方々が集まった忘年会の席での話がキッカケという。。。(笑)
やはりこの業界、人の集まるところには顔を出すべきですね(笑)関東に、東海地方にと電話掛けまくっていましたが、案外大阪で事が足りました(笑)

因みに同業で飲み仲間でもある豊中BOSS率いるBEAMSさんと2台GET出来ましたので、切磋琢磨しながら開発状況等、情報発信をしていけたらと思っています、はい。

この製品開発ブログでは車両が納車されましたら、またブログでお伝えする予定ですのでお楽しみに。

また、この車両の購入資金という訳ではございませんが(笑)、開発も一段落しましたので新型GROMを売却する方向で調整しています。

新型GROM 売却 (1)

売却の詳細に関してはまた週明けにでもお伝えする予定ですが、写真のGROMに装着しているカスタムパーツは全て装着した状態で売却をする予定ですので、かなりお得な仕様での売却となります。

装着パーツをサラッと見てみると。。。

新型GROM 売却 (4)
新型GROM 売却 (5)
マフラーはもちろんの事、Babyfaceさんトコの前後アクスルスライダーや。。。

新型GROM 売却 (2)
新型GROM 売却 (8)
同じくBabyfaceさん製のバックステップやフレームスライダー等々、その他にもたくさんカスタムパーツが装着されている車両です。

車両に興味のある方は弊社まで「ブログを見たけど。。。」と、お気軽にお電話もしくはメールを頂ければと思います。

詳細は週明けにでもお伝えしますので、皆様の周りで新型GROMのご購入をお考えの方がいらっしゃいましたら、宜しければ教えてあげて下さいませ。

それでは今日はこの辺りで。

ステッカーご注文に関してのお知らせ

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

ステッカーに関してお知らせです。

弊社ではリペアパーツ関連商品としてステッカーを販売していますが、これまで1枚からご購入が可能となっていましたが、2017年1月5日よりステッカーは「2枚組み」での販売に変更となりました。

機会がある度にブログでもご案内して来ましたが、弊社はリペアーパーツを含めて1,000円(税抜き)以上お買い上げの場合、送料は無料となっています。

また1,000円以下の場合においても国内でしたら離島であろうとも一律500円(税抜き)で佐川急便にて発送させて頂いています。

たまに離島からご注文の方からすごく感謝されたりしますが、直販の場合、送料で赤字になろうとも日本全国の方々に同じ様に手にして頂きたいとの思いで、創業以来続けています。

※ 弊社の直販は、佐川代引き発送のみの取り扱いとなり、「代引き手数料324円(個人の場合は一律です)」は頂戴しています。

仮にステッカー1枚(540円)をご注文された場合、1,000円以下になりますので送料500円(税込み540円)、代引き手数料324円を合わせて合計代引き金額が税込み1,404円となりますが、この金額ってステッカー2枚(税込み1,080円)を購入されたら送料が無料になるので、結果として代引き金額は同じ1,404円となる事から、ステッカー1枚ご購入の場合には、もう1枚入れさせて頂くか、ご希望のサイズのステッカーを選んで頂いて発送しています。

毎回、購入時にこの説明させて頂くのもちょっとアレなので、今年からステッカー1枚売りを廃止し、ステッカーSETとして販売する事となりました。

ステッカー (1)

写真は、左がステッカー(大)セットで右がステッカー(小)セットになります。

ステッカー (2)
またステッカー(大)、ステッカー(小)を組み合わせたステッカーセットの3種類からお買い求め頂けます。

※ 価格はそれぞれ 1,000円(税込み1,080円)です。

因みにステッカー(大)のサイズが「6cm×15cm」でステッカー(小)のサイズが「3.5cm×12cm」となっています。

物流価格が右肩上がりな時代ではありますが、今後も「お買い上げ1,000円以上は送料無料」を続けていきたいと思いますので、リペアパーツをお探しの方は気軽にご利用下さいませ。

※ ステッカーセットに関しては近日中にホームページに反映しますのでしばしお待ちを。(いつでもご購入は可能です)

それでは皆様、宜しくお願い致します。

本日はこの辺りで。

2017年 始動。。。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

良い正月をお迎え出来ましたでしょうか?
長いようで短かった正月休みも終わり、いよいよ2017シーズンの始まりです。

本日、出社するとありがたい事に例年にない位のご注文FAXやメールを頂いており、本当に幸先の良いスタートが切れました。
在庫のあるマフラーに関しては本日から明日にかけて発送準備が整い次第、出荷となりますの何卒宜しくお願い申し上げます。

例年ならスロースタートでスイッチが入らないまま初日を過ごすのですが(笑)、朝から出荷の準備作業で活気があっていいですね。本当にありがたい事です。

この休暇中、ブログに入って来る検索ワードを見てましたら、「R25レース」、「GROMレースマフラー」、「Ninja250レースマフラー」、「wr'sレースマフラー」等々、まるでレースマフラー屋さんの様な検索ワードでブログを訪問頂いてる事がすごく多かったですね(笑)
まぁ、年末のブログ更新がここらのキーワードで更新した事も多分にありますが、今年は大変面白い傾向が見られました。

この他にも順調に販売本数を伸ばしている「Z125PROwr's」の様な検索も多く、休みの間もブログを更新していないにも関わらず、たくさんご訪問頂いた事に感謝します。

また意外というか、アメブロの日々の訪問数がブログを更新している時と同じくらいのアクセス数で、アメブロを始めて2ヶ月位ですが、「日々の出来事」的なアメブロも定着しつつあるのかな?とありがたく思っています。

さて、弊社は本日からですが、正月休み明けの昨日から、GSX250Rや新型CBR250RRの情報が小出しですが、早速聞こえて来ていますね。
どうやらGSX250Rの方がリリースが早い様な感じですが、おそらく新基準値施行の関係で4月を前後して発売日が決まっていきそうな感じです。大人な事情とでもいいますか。。。(笑)

現在の私の状況は、少しでも早くリリースを!って感じで指をくわえて待ち構えているところでして(笑)、皆さん同様にリリースされる事を心待ちにしてる次第です、はい。

ここ数日でおそらくいろんな動きがあるかと思いますので、その都度皆様にお伝え出来ればと考えています。

今年の干支は酉という事で、バタバタするのではなく、それなりに羽ばたきたいと考えていますので、基本的に緩~いブログではございますが、本年もお付き合い頂ければと思いますので宜しくお願い申し上げます。

YZF-R25    JP仕様 (5)


-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR