マフラー開発予定車両に関して

 MT-25・MT-3 (2)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

写真のYAMAHA MT-25/MT-03ですが、10月10日からリリースと決定しましたね。

車両型式、そしてエンジン型式とYZF-R25・R3と全く一緒で、現在発売中のR25/R3用スリップオンがそのままJMCA認証マフラーとして流用出来るのですが。。。 車両の注文をしちゃいました(笑)

※ 豊中BOSS、写真撮影に使って下さいね~!

JMCA認証マフラーですが、上記の通り車両・エンジン型式が一緒なら性能自体に差が無い事から正式にそのまま使えるんですけどね!

実はフルエキを造ろうと考えています。もちろんYZF-R25/R3にも流用出来る様にしますよ。

何故、YZF-R25/R3の時にフルエキを造らなくて今回のMT-25/MT^03で、するのかというのにはもちろん理由があります。

その理由として、先の新型Ninja250(2気筒のヤツね)の時に、車両を購入してフルエキの開発にかかろうとしたんですが、モーターサイクルショーで後出しのZ250を見た時に気が付いたんですよ。

MT-25同様、Z250はネイキッドモデルでスタイリッシュなデザインに合わせてアンダーカウルがコンパクト&スリムで、フルカウルモデルのNinja250に比べてネイキッドのZ250はマフラーとカウルのクリアランスが非常にシビアだったんですよね。

結果、弊社の場合はZ250を購入し、こちらでフルエキの型を取り、Ninja250での車体確認を済ませて晴れてリリースしたんですけど、今回もやはりMT-25/MT-03のアンダーカウルはYZF-R25/R3と比べてクリアランスがシビアな為、マフラーレイアウトを間違えるとR25には装着出来てもMT-25には干渉して装着出来ない等の問題が出て来そうですね。
まずはこの観点からMT-25で開発しようかなと思った次第です。

 MT-25・MT-3 (1)

それともう一つはこのエンジン、フルエキでマフラーを造ってもなかなかノーマルを上回れないと業界では言われています。
このバイクに限らず最近は厳しい環境基準の中、燃調がシビアでこのクラスではなかなかパワーが上がらないのは定説ともなっていますけどね。

なので、もしフルエキを開発する場合、かなり時間を費やしてベンチテストする必要もあるんだと思いますが、お借りするバイクではそこまでテスト出来ないんですよね、実際のところ。。。

弊社の場合、自慢にはなりませんが、ベンチテストを本当に徹底的にしちゃいます。

マフラーを造ってベンチテストしてノーマルより良ければハイ、OK!っていう造り方じゃなく、マフラーを造る過程から徹底的にベンチテストを行い、データ収集の中から音量・音質も含めて最終仕様を決めていくというのが私自身の造り方なので、スリップオンの時の開発時間より遥かに時間がかかります。

走行距離も合わせて開発時間もかかる事から、フルエキの際は必ず自社でバイクを買う事にしています。

ちなみに各社とも非常に苦しんでいるらしいフルエキですが。。。どれ位苦しむのか興味がありますね(笑)
あっ、決して余裕をこいてる訳では無いですよ!

Ninja250の時もそうでしたが、きっと自分なりの答えが出ると思うのでホント、楽しみですね。
(駄目だった場合、それはそれで隠さず、ブログで報告しますが、そうならない様に頑張ります)

それとついでにといっちゃ何ですが、YZF-R25用のレース用フルエキも造っちゃうかも?です。
色んなトコからかなり依頼が入っているのも事実ですが、来年からのJP250クラスに関わりたいななぁ。。。なんて勝手に考えたりもしています(笑)

どちらにしても車両が来るのが楽しみですね~。

その他、開発予定車両ですが、せっかくならDUKEシリーズを拡大して250DUKEなんかもやってみたいなぁと考えていたりもしますが、RCシリーズ考えていたりします。

RC125 RC6R

左がRC125ですがこの車両、マジマジと見ましたが、トップブリッジ辺りのパーツも開発出来たら売れそうなんですけどね。

今のところ、DUKEにしてもRCシリーズにしても390は車検の兼ね合いで排ガス試験(WMTCモード測定)等の試験費用がかなり高額で、また加速走行騒音試験も結構、厳しそうでそこら辺の対策をするとマフラー自体の面白みが消えてしまいそうなので、マフラーの販売予想価格も考えると現状は踏み切れそうにありませんね。。。

現時点でKTMリーズに関しては構想中で正式には決まっていませんので、また決定事項がありましたらご報告させて頂きます。

それと以前からポツポツと、この最近もマフラーを造る予定がありませんか?とお問い合わせいただいてる車両がメガリ250です。

メガリ

この車両ですが、国内仕様として既にヤマモトさんトコのマフラーが装着されています。
発売前のヤマモトさんトコのマフラーが装着していない車両を以前に試乗しましたが、それをベースにしっかりと開発されたマフラーが装着されているので、このバイクのマフラー開発に関しては今後も含めて予定がございません。

オーナーの方は人と違うカスタムを求められてマフラーを探されているんでしょうけど、実際、ヤマモトさんトコのデザインもかなり格好良いですし、実はJMCA加速走行試験の時に実物も見ましたが、音質も良くかなり良さそうでした。

販売台数を考慮しても残念ながら難しい面もございますので申し訳ございませんが、宜しくお願いします。


さて、250ccクラスで残すはSUZUKIさんトコだけですね。

今年のモーターショーで発表されるのを心待ちにしたいですね!

あっそうそう、台湾市場用に投入予定としてCYGNUS(シグナス)のマフラー開発を予定していますが、弊社としては久しぶりに国内でも販売しようかな?と考えてています。(納得する物が出来たらですけどね)

詳しくはまた正式に開発がスタートしたらご報告しますね。

それでは本日の事務処理を終えたら、明日からお江戸に出張、明後日はJMCAの役員として国土交通省に省庁訪問をして来たいと思います。

最近定番となった、帰りの品川駅構内で立ち食い寿司屋に寄るのが非常に楽しみです(笑)

それでは今日はこの辺りで。
スポンサーサイト

オプションステーですが、これで行きましょう!

125・200DUKE OPアルミステー (30)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

オプションステーの続編ですが、昨日ブログで書くつもりでしたが、BMW系とヤマハ系のレースメカの来襲で(笑)、時間を奪われてブログ更新が出来ませんでした。

8耐が終わり、各チームの頭の中は既に全日本の残りのレースに切り替えており、またこの時期になると来シーズンの話もチラホラと噂話が聞こえて来るので、話していると面白いのですが、それが仕事時間内となると話は別で、完全に仕事の手が止まるので、勤務時間以外のお酒を飲める時間帯に来て欲しいものです。。。(笑)

ちなみに今夜はHOOTERS大阪店において「Team HOOTERS KTM with 斉藤祥太」の8耐の打ち上げがありますので出荷業務を早めに済ませて少し早く終業する予定ですので、皆様ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。

ライダー3名、斉藤祥太君も含めて総勢24名での打ち上げです。
貸切ではございませんので、一般の方に混ざっての打ち上げですが、ドレスコードでチームシャツを着ての打ち上げなのですぐ分かると思います(笑)
ちなみに業界関係者から参加したいと声も掛かっていますが、チームオンリーでやりますので来てくれても参加は無理ですよ(笑)

KTMユーザーや8耐でチームを応援してくれた方々、ご一緒は出来ませんが、ライダーや祥太君と写真やサイン等は大丈夫だと思いますのでお時間がある方は来店して下さいね!

さて、本題のオプションステーですが、ブログで書いていた通り、V字ステーを製作しました。

今回はアルミパイプ径を少し細い物を用意してV字ステーを製作した事もあり、思ったよりスッキリと、そしてなかなか良い具合の試作が完成しました。

まずはラウンドタイプの装着画像から

125・200DUKE OPアルミステー (4)
125・200DUKE OPアルミステー (10)
125・200DUKE OPアルミステー (16)

次にオーバルタイプの装着画像です。

125・200DUKE OPアルミステー (32)
125・200DUKE OPアルミステー (55)
125・200DUKE OPアルミステー (47)

サイレンサーの角度は前回の一本出しステーと同じですが、パイプ自体の径(実際はパイプではなく強度も考慮して丸棒です)をφ15からφ12にした事でかなりスッキリとシャープでいてしっかりとした強度のあるステーになりました。

雰囲気も全然こっちの方がいい感じです。

ちなみに撮影に使用してるサイレンサーはラウンド、オーバルとも開発室にあった物を利用しているのでDUKE用では無いです。
なので実際のDUKE用はインナーパイプが装着されています。(念の為)

試作なので若干、V字のセンターからバンド取り付け位置がセンターに来ていませんが、これは型の上で修正する事として、正式にオプションステーはこれで行く事に決定します。

リリースに関してですが下記の通りとなります。

125・200DUKE OPアルミステー (22)

【商品名】 

 KTM 125/200 DUKE 用 オプションステー  品番 OP5210JM   定価7,500円(税込み8,100円) ※限定数 50本

・ 付属品 M8ステンレスキャップボルト 3本 平ワッシャ M8ナット1個

・ リリース開始日  9月15日予定

という感じで行きたいと思います。

価格及び限定数に関しては変更がございませんが、リリースに関してはまた正式に決まり次第、ご報告させて頂きますので宜しくお願いします。

数量的にもこれぐらいあれば大丈夫でしょうか。
万が一、あまりにも早く無くなりそうならその時は臨機応変に対応したいと思います。

※ このステーはひょっとすると他社製のマフラーにも利用できるかも知れませんが、互換性に関しては一切、確認する予定はございませんので、他社製に装着出来るかのお問い合わせに関しては一切お答えが出来ません。
あくまでも弊社スリップオン専用なので他社製に流用される場合は自己責任において判断して下さい。

それでは宜しくお願いします。

今日はこの辺りでという事で宜しくです。

オプションステーですが。。。

125・200DUKE OPステー (10)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

夏期休暇も終わり、心なしか日が沈むのが早くなってきた様な気がしますが、日中はまだまだ暑いですね。

夏期休暇ですが、それぞれ別々の休みを取った事もあって、会社的には通常通り稼動していました。
電話などが無い分、仕事が驚く位にはかどりますね、休日出勤というのは。

ただし夏期休暇の間もYZF-R25/R3用スリップオンは注文が絶えず入って来た事もあって、本日の出荷分で在庫が全て完売となりました。。。結局このマフラーだけは出荷ペースに製作が追いつかない感じです。
もちろん、既に準備は進めているので来週後半辺りから出荷が再開される見込みですけどね。

おかげ様で125/200DUKE用スリップオンも順調にご注文頂いており、予定通り来週には製品が完成し、出荷が再開される見込みですので、バックオーダーを頂いている皆様、今しばらくお待ち下さいね。

今年は早めの休みを頂き、十分な静養も出来て気合十分で夏期休暇の間、量産のお手伝いをしておりましたが、もちろん約束通り、オプションステーの製作もしておりました。

とりあえず試作が出来ました。

当初は、M8の穴が2箇所ある事からV字のアルミステーを考えていたのですが、肝心なV字の幅自体が狭く、なかなかしっくりした形というか、格好の良い感じにならなかったので、それならばとL型プレートを製作、そこからアルミステーを吊る方式にしてみました。

サイレンサーバンドの装着位置の事もありますが、普通にステーを降ろしてくるのは面白くないのでブーメラン形状にし、角度自体もせっかくならと、もう少しUPタイプに装着出来るようにと変更してみました。

室内ではバランスが分かりにくいので、屋外に出して全体のバランスを見てみる事に。

125・200DUKE OPステー (2)

どうでしょうか?かなりUPタイプになった事が分かりますか?

125・200DUKE OPステー (3)

125・200DUKE OPステー (7)
125・200DUKE OPステー (8)

角度等はかなりエッジが効いた感じになってよりDUKEのシャープなラインを強調されてていい感じです。

じゃあ、タイトルの「オプションステーですが。。。」は何かって言うとですね、1本にした事でスッキリとシンプルなステーになったのですが、逆に言うとあっさりし過ぎなのかな?という考えも頭によぎって、これでいいのかどうか、少し迷っています。

また見た目はシンプルですが、アルミステーを吊るベースプレートが見た目に反して少し複雑でちょっとコストがかかりそうなんですよね。
まぁ、その点は何とか克服出来るとしてもう少し言えばこれはDUKEに合っているのかどうか?も何故だかピンと来ません。

そんな感じなんで、明日もう一度オーバルサイレンサーなんかにも取り替えてみて再度、判断してみたいと思いますが、悩んでいる位ならという事で再度、2本出しのステーの試作も造って考えてみたいと思います。

休暇中は、「毎日~毎日楽しい事ばかり~♪」と泳げたタイヤキ君みたいな感じで毎日を過ごしていましたが(笑)、やはり仕事となると何かする毎に悩みますね(笑)

だから、やり甲斐があるのですけどね。
まぁ、立ち止まらずに頑張って行きたいと思います。

それでは今日はこの辺りで。

PS: 田中BOSS、すみません、早く終わらせて車両をお返しに上がりますので宜しくです(汗)

125・200DUKE OPステー (6)

KTM 125/200 DUKE 用スリップオンの動画をUPしました!

125・200DUKEマフラー

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

鈴鹿8耐のいろんな人達との打ち上げが続く日々を送っていますが、今日も既に3枚目のシャツに着替えるくらい、工場内で汗を流しているので、身体は意外なほどスッキリしています(笑)

さて大変お待たせ致しましたが、昨日中にYouTubeに125/200 DUKE 用スリップオンの動画をUPしました!

今回は125DUKEでチタンオーバル仕様のみの動画となり、ラウンドタイプや200DUKEでの動画はございませんが、排気量に関係なく125DUKE、200DUKEの音質・音量とも似ていますので十分参考にして頂けるのでは?と思います。

KTM 125/200 DUKE 用スリップオン

動画はいつもの様にシャーシダイナモ上で6速のリミッターが当たるとことまで回した動画となります。

125/200DUKE特有のノーマルサイレンサー内の金属を叩く不快な音質は一切無く、シングルらしい歯切れ良い少し低音の効いた音質になっている事が確認出来ると思います。

既にご購入頂いたお客様からも、「心地良い音質でノーマルの金属音から開放されて良かったです」とのお声も頂いており、音量も大き過ぎず、しかしながらしっかり存在感を感じさせてくれる音質で満足頂けるのではないかと考えています。

ちなみに動画に関してですが、このバイクはフロント側で速度を計測する為、シャーシダイナモ上ではスピードメーターが動かない為に、誤作動でメーター上でチェックランプが点灯していますが、特に気にしないで下さいね。
※ 実走ではチェックランプは消えていますので。

毎回書きますが、音質に関しては再生される環境によっても聞こえ方が違うと思います。
特にスマホ等での再生はかなり音が軽く、低音が飛んだ感じになったりしますので、出来ればPC等のスピーカー出力で聞いて頂ければ、比較的にリアルな感じで音質を確認して頂けるかと思います。 ※ あくまでもご参考程度に。

ちなみに商品の方ですが、おかげ様で予想以上に順調にご注文を頂いているみたいで、次のロットは今月下旬になる見込みです。
既にバックオーダーとなっており、ご注文頂いたお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、少しでも早く出荷出来る様に準備を進めていますので、何卒宜しくお願い致します。

125・200DUKE 5210 (3)

次の話題です。

125・200DUKE T・B

これ何か分かりますか?。。。そう、125/200DUKEのタンデムステップホルダーです。

DSCN3780.jpg

弊社の場合、このホルダーにサイレンサーを固定するステーを取り付けて使用するタイプなのですが、125/200DUKEユーザーの中にはタンデムステップを外して乗られてる方も多くいるらしく、タンデムホルダーを外した時用というか、タンデムホルダーを使用しない人向けにマフラー専用ステーを造って欲しいとのリクエストもチラホラ頂いています。

言わばオプションマフラーステーですね。

実はマフラー開発時からアルミステーを造ろうかな?とは、何度も考えたんですけど、実際に需要があるのかは疑問だった為、製作に踏み切っていませんでした。

ところが、マフラー自体の出荷も順調で(125/200DUKEの場合、小ロット生産ですが)、このブログを書こうとした先程も電話でリクエストを頂いたりと、造ろうかな?から、造った方がいいのかな?に気持ちが変化しております。

とは言っても、YZF-R25用スリップオンのオプションヒートガードみたいに200個も300個も出る訳ではないので、結局のところ見込みとしては少量生産になり、その分コスト(定価)に跳ね返って来るので、頭の痛い問題でもあります。

例えば個数限定でするとか。。。 あっ、書きながら気が付きましたがその手もありますね!(笑)
開発とはいえ、私の仕事はただ物を作り出すのが仕事ではなく、作った商品でしっかり採算も合わす事が私の仕事の重要な要素なのですが、少々採算が悪くても数量限定なら何とかなるかな???

まぁ、夏期休暇中も何かしら会社に出て来て作業してると思うので、その間に考えてみる事にします。

元々私は、ロードモデルであろうとビッグスクーターであろうとタンデムは一切しないタイプで、タンデムを外せるなら間違いなく外してしまう性格で(笑)、タンデムホルダーを外して乗られてる方の気持ちが分からなくもないので、過度な期待をして頂くのは禁物ですが、見た目に格好悪くない物が出来たらの前提で試作は造ってみようと思います。

それでもって、価格が抑えれる様なら発売してみますかね。
個数限定として。。。

お盆明けには何らかのご報告が出来ると思います。

125・200UKE  OV5210JM (3)



ところで、昨日も著名な方々と8耐の打ち上げがあり、明日はライダーと豊中BOSS、明後日はまた他のメンバーと。。。
BOSS、昨夜お借りしたお金、明日返します(笑

って具合に、たいして8耐に関わっていない割には打ち上げラッシュです(笑)

今日ももちろん残業ですし、体調を崩さない様に気を付けて猛暑を乗り切りたいと思います。

それでは業務に戻ります。
今日はこの辺で。
-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR