CBR125R 車体を売却します。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

今日から鈴鹿サーキットにて第50回NGK鈴鹿サンデーロードレース(最終戦)が行なわれてまして、特に目的は無いのですが今年最後のレースとあって観に行きたかったのですが、仕事で残念ながら行けそうにないですね…

今年は個人的に久しぶりの鈴鹿8耐やスプリントも1戦ですが参戦し、2月末に行なわれた鈴鹿ファン感の時には鈴鹿のパドックに居る事が何となくぎこちなかったのですが(笑)、懐かしい顔や先輩・仲間達の奮闘を目の当たりにしてる内に今ではチャカリと自分の居場所を見つけて(?)鈴鹿のパドックが心地の良い空間となってしまってます(笑)

これもBEAMS田中さんや、オーファ細川さん他、一緒に戦った皆さんのおかげだと思います。
※ 特に田中さん、相馬君には本当に感謝です。

来年は業界団体の仕事も含めて、これでもか!って位に予定をギッシリ詰め込まれているので、今年みたいにレースが出来る環境にはなく、その意味でも最終戦は行きたかったんですけどね。

まぁ、レース病(?)にかからずという事で良しとしましょうか(笑)


さて本題ですが、CBR125R(2013年モデル)を売却する事となりましたのでお知らせ致します。

CBR125R (2)

現在、マフラーはステンレス/カーボンのフルエキ(定価58,800円税込)とカーボンタンクパッド(定価8,424円税込)が装着されています。

CBR125R SC1120JM (2)
CBR125R SC1120JM (1)
cbr250-5.gif

また写真以外にも今年の鈴鹿8耐でテクニカルスポンサーをして頂いたベビーフェイスさんのバックステップも装着しての販売となります。(後日、改めて写真を撮ってUPします。)

ベビーフェイス製CBR125R用バックステップ

価格・その他詳細に関しては準備が出来次第、ご報告させて頂きますので今しばらくお待ち下さい。

※ ご質問等ございましたら弊社メールアドレス宛にお気軽にお問い合わせ下さい。 info@wrs.jp

尚、車両ですが、12月上旬よりレーシングワールド高槻店さんに展示させて頂く予定ですので興味のある方はお立ち寄り下さいませ。

エンジンをかけてマフラーサウンドも聞いて頂ける様、㈱ダックスコーポレーション平井さん、宜しくお願いします!(笑)

また準備が出来次第、ご報告させて頂きますので宜しくお願いします。

それでは今日はこの辺で。
スポンサーサイト

お知らせ等々。。。

2014CBR250R テスト

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

いやぁ、寒くなって来ましたね。
今週が終わるといよいよ2014年はあひと月を残すのみとなりますね。。。
泣いても笑ってもあとひと月(って、泣く出来事は無いですが)、頑張って参りたいと思います。

さてご報告が遅くなりましたが、先日行なわれたJMCA加速走行試験で予定通り2014CBR250R、そしてCB250Fの試験を受験し、合格して来ました。

冒頭の写真は加速試験時の様子です。
公的試験の為、個人的な撮影は禁止されているので写真は撮っていませんが、JMCAホームページの「活動報告」で使用された写真が弊社マフラーのテスト風景だった為、ブログに使わせて頂きました。

JMCA加速試験

車両は今回マフラー開発でお世話になったI様の2014CBR250Rでテストライダーは我が親友のMAC-MRD大内社長です。
(I様、マック、お疲れ様&ありがとうございました。)

12月1日より予定通り発売となりますので、宜しくお願い申し上げます。(ご予約頂いた皆様、今しばらくお待ちくださいね!)

※ 近く2014CBR250R用スリップオンの動画をUPしますので、リクエストを頂いていた方々、楽しみにお待ち下さいね!

さてこの日は、ヤマハ本社まで足を延ばし、最近話題の新型車両を見に行って来ました。

11・19 (1)

って車の写真からですみません(笑)
買える訳でもなく、欲しい訳でもないのですが、このレクサスLFAのエンジンもヤマハ製なので展示されていたのをパシャリとして来ました。(案外ヤマハが造ったエンジンって知らない人も多いみたいですね)

この日はYZF-R25とYZF-R1Mを見るつもりが、残念ながらR25は展示されておらずにR3が、R1Mも展示されてなくR-1が展示されていましたが、どちらも目的の車両とは見た目的にもほぼ同じなので良しとしました(笑)
またこの日はアメリカから多くのディストリビューターが来社されてのディーラーミーティングの日だったみたいです。

11・19 (2)
たくさんのアメリカ人とそれを拍手で迎えるヤマハ社員の皆様です。皆さん、YZF-R1に興味深々でしたよ。

来月の発売が待ち遠しいR25。。。ではなく、R3から行ってみましょう!(笑)

R3 (1)
R3 (2)

雑誌で観ていたより実物は更に格好良かったですよ。(売れそうな気配です!)

R3 (3)
ホイールデザインもGOODです。

R3 (4)
この並列2気筒の実力は。。。バイクが手元にやって来るのが楽しみです。

DSC_019666.jpg
ちなみにエンジン下には大きな膨張室が。。。 最近の流行というか、ほぼこの部分だけで音量を落としています。

膨張室と言えば、新型YZF-R1も今回はビジュアルが大きく変わり、エンジン下に膨張室、そしてシート下に2本出しされていたサイレンサーは右側1本に変更されていますね。(皆さんご存知だとは思いますが)

YZF-R1 (1)

最初に見た時は「何でこんな無骨な。。。」と思っていたのですが、実際に見るとこのバランスが意外に絶妙です。
ヤマハらしい洗練されたスタイリッシュボディーにセットされたこのマフラーがメカメカしい雰囲気を醸し出しており、如何にもパワー出てますよ!的な雰囲気・存在感が感じられます。

YZF-R1 (4)
いつの間にかこの無骨さが良く見えて来て。。。(笑)

前から見た感じはこんな感じです。

YZF-R1 (2)
レースを意識し過ぎているせいか、ヘッドライトがこんな感じに追いやられています(笑)

いつも思うのですが、ヤマハは「エッジ」の効かし方が本当に上手ですね。

ちなみにこの日はR1の横にM1も展示されていました。

YZF-M1 (3)


巷ではカワサキの「H2R」がスーパーチャージャー付きの300馬力という事もあってかなり話題になっていますが、個人的にはYZF-R1の方が現実味と言う点でもインパクトがありました。

「H2R」ももちろん悪くは無いのですけどね、その300馬力(実際はプラス10%のパワーって聞いてますが)に何か全くワクワクしません(笑)

でも気になるので鈴鹿では走るその勇姿を見てきましたけどね。

カワサキH2 (1)

ピット前のプラットホームからパシャリと。

カワサキH2 (2)
カワサキH2 (3)

トップスピードは鈴鹿最終コーナーを軽く立ち上がって来た割にJSB1000クラス同等以上の速さがあり、その加速感や甲高い音質は十分過ぎる位のインパクトはありました。。。って、やはり随分気になるバイクで結構ワクワクしてましたけどね(笑)


って事で久しぶりに業務連絡以外のブログとなりました(笑)

もちろん、開発のお仕事は継続していますので12月に行なわれる加速試験にも車両を持ち込むつもりです。

125DUKE 開発

KTM 125DUKEですが、ベンチテストも既に開始しています。
またKTM 125DUKEマフラー開発ブログで紹介して行きたいと思いますので宜しくお願いします。

それでは今日はこの辺で。

新型CBR250R/CB250F用スリップオンマフラーの発売日に関してのお知らせ

CB250F  BF1210JM (40)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

バタバタと過ごしてる間に気が付けばもうすぐ12月ですね…。
今週は水曜日にいつもお世話になっている㈱デイトナさんのテストコースにてJMCA認証試験があり、加速試験及びアイドリングモード試験を受けに行く予定です。
今回、弊社は新型CBR250R/CB250Fの加速/アイドリングモード試験です。

新型CBR250Rに関してはあれからも開発作業を継続しており、既に認証試験を合格していた仕様と若干ですが異なる構造となった為に再試験というか、改めて試験を受験する事になりました。

JMCAの認証試験は公的な試験になりますので、仕様が異なる度に試験が必要になるんですよね。(結構大変なんです… 汗)

ちなみに見た目(マフラーレイアウト)は変わりません。(内部構造のみ変更です)

試験に関しては全く問題ないと思いますが、それに伴い発売時期に若干の変更がございます。

当初、11月中旬予定でしたが、上記の様な理由にり、発売時期が12月1日よりリリースとなりますので宜しくお願い致します。
お待ちしてるお客様には本当に申し訳ございませんが、リリース後のアップデートは出来ない事もあり、申し訳ないのですが、もう2週間だけお時間を下さいませ。

ちなみにリリース日前に出荷体制が整った場合、ご予約順に出荷開始する予定となっていますので一日でも早く出荷が出来る様に頑張りたいと思いますので、宜しくお願い致します。

それでは宜しくお願い致します。

CBR250R SV1210JM (2)
CBR250R BC1210JM (1)
CB250F  BK1210JM (31)
CB250F BC1210JM (13)


2014 Ninja400 用フルエキゾースト 品番・価格が決定しました。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

長らくお待たせ致しましたが、品番及び価格が決定しましたのでお知らせ致します。

熱心に何度もお問い合わせ頂いた方々、本当にありがとうございます。

ようやく最終的なパーツコストの圧縮作業も無事終了(?)しました。

今回のリリースはラウンド(真円)タイプのみでサイレンサーがそれぞれステンレス、チタン、焼き色チタンの3種類になります。
カーボンサイレンサーに関しては、エンジン下にサイレンサーがある事に加え、サイレンサー手前に大きな触媒があり、排気温度が通常位置(Ninja250の様な位置)に比べ、かなり高温になる事からカーボンの特性上の事やその他理由により、今回は見送りました。

弊社のカーボンはおそらく他社さんより高い耐熱性を持つ樹脂を使用して成型しており、紫外線や熱による「カーボンの変色や焼け」にはかなり強い方ではありますが、耐久テストの時間が十分でない事から見送りとなりました。

テストでは常にカーボンでテストを行い、耐熱テストでかなり負荷をかけた結果、現状では全く問題は無いのですが、テスト期間としてはやはり最低でも半年はかけたい位なので、今後も検証していく予定です。

それではまずはステンレスサイレンサー仕様から  ※価格は税抜き価格です。

・ ステンレス/ステンレス    品番 LA4420JM  価格 73,000円

新型Ninja400  LA4420JM (1)

新型Ninja400  LA4420JM (45)

新型Ninja400  LA4420JM (40)

新型Ninja400  LA4420JM (13)


・ ステンレス/チタン        品番 LT4420JM  価格 79,000円

新型Ninja400 LT4420JM (1)

新型Ninja400 LT4420JM (59)

新型Ninja400 LT4420JM (55)

新型Ninja400 LT4420JM (43)


・ ステンレス/チタン(焼き色)   品番 LS4420JM  価格 81,000円

新型Ninja400  LS4420JM (1)

新型Ninja400  LS4420JM (3)

新型Ninja400  LS4420JM (2)

新型Ninja400  LS4420JM (4)


となっています。

発売開始時期ですが、少し部材納入が遅れている事から12月初旬頃のリリースとなりそうです。
正式に決定した時点でまたお知らせさせて頂きますので宜しくお願い致します。

お問い合わせを頂いていた皆さんにようやくご報告が出来て、正直ホッとしています。。。

話は変わりますが、来週火曜日は名古屋でJMCA会議があり、再来週はJMCA加速走行試験です。

バタバタと過ごす日々がまだまだ続きそうです。。。

それでは今日はこの辺で。


-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR