東京モーターサイクルショーに行って来ました!

2014東京モーターサイクルショー (5)


WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

東京モーターサイクルショーに顔を出しに行って参りました。

先週木曜に仕事を終え、深夜に車で東京に向けて出発して金曜朝一番から土曜日午後までの間、ビッグサイトに居たわけですが、実は殆ど見学が出来ませんでした(笑)

大阪で見れなかった分、東京では一般のお客様より一足先に会場入りして一般公開前の時間(~PM1時まで)を利用して会場を回る予定にしてたのですが、20メートル位歩く度に知り合いや関係者と会い、挨拶&談笑、そしてまた20メートル歩く度に挨拶&談笑を繰り返しているうちにアッという間に一般公開時間になってしまいました(汗)

結局のところ、情報収集や情報交換に終始してしまいましたね...
まぁ、仕事としての情報をたくさん仕入れて来れたので良しとしますが、少し心残りではあります(笑)

大阪に引き続き東京でもJMCAはブースを出展、今回はお手伝いは出来ませんでしたが、東京でもJMCAブースは大盛況でした。

2014東京モーターサイクルショー (12)
お客様が居てませんが、開演前の様子です。念の為(笑)

東京では約30社のマフラーサイレンサーを展示しており、弊社のサイレンサーも展示させて頂きました。

2014東京モーターサイクルショー (10)
一番下が弊社のチタンオーバルサイレンサー、そしてその上が今年一緒に8耐を戦うBMS-R(BEAMS)さんの新作サイレンサーです。
紹介してくれているのは、同じく今年一緒に戦う俳優の斉藤祥太君ですね。

彼はわざわざ私達のサイレンサーのPRに来てくれたのではなく(笑)、チームのバイクを展示してる㈱オーファさんのブースにお手伝いをしに来てくれてました。

そのオーファさんブースはこんな感じです。
2014 TOKYO (1)

チタン材のエキスパートである㈱オーファさんはチタンボルトをFG処理した高品質チタンボルトやチタン材の販売をする他、トップチームや、これまたトップレーサー等にもサポートもしてる会社です。

1396240186938.jpg
HOOTERSガールと㈱オーファ細川社長です。おっちゃん、いい顔してますなぁ。。。(笑)

このブースにHOOTERSガールや斉藤祥太君が来るという事でスゴい事になっていました。

1396240167995.jpg
1396240192947.jpg

そりゃこんなHOOTERSガールが来るんですから、人が集るのも当然です。。。

2014東京モーターサイクルショー (18)

またテレビの「Like a Wind」に出演してた真矢ちゃんも...(あっ、個人的な面識はありません。今のところ 笑)

2014東京モーターサイクルショー (9)
2014東京モーターサイクルショー (20)

そしてKTMでは個人的に興味のあるこんなバイクが展示されていました。

2014東京モーターサイクルショー (15)
KTM RC250R です。

2014東京モーターサイクルショー (11)
奥で写真を撮っているのはサクラ工業㈱安川さんですね(笑)

このバイク、凄く速いのは世界選手権で実証されているのですが、それがイコール日本で最速!て事にはなりません。
噂ではエンジン関連のパーツ代一式で片手ほどの金額がするらしいのですが、要はどれだけ世界選手権でのノウハウを日本のGP3レギュレーションに対して落とし込めるかだと思いますね。

一般の方が思っている以上に、こういう作業が思いの外、難しいんですよね。

難しい挑戦になるかと思いますが、チーム及びライダーには是非、健闘して頂きたいと個人的には思っています。

そして後ろからの写真がコチラ。
rc250r (1)

今年の世界選手権MOTO3クラスは前年王者のKTMとホンダとの差が縮まっている感じがしますが、前を走る車両の多くは短気筒に対して2本出しを採用しています。

ここで書いてしまうとアレなんですが、近く出る新型CBR250Rでフルエキを造る際に、テストしてみようと思っているんですよね。

話はそれますが、WR'Sを世に知らす事が出来たキッカケは20数年前のモーターサイクリスト誌企画のパワーチェック大会です。

毎回、モーターサイクリストさんのお題のバイクに対してマフラー屋さん10社程が自社製品を持ち寄り、ガチンコでパワーチェック&試乗インプレをするという、気合の入った企画があって(笑)、その時の成績というんでしょうか?、結果が常にトップクラスの性能を示した事から評判を頂き、ブランド設立後から一気に知名度を上げて頂くキッカケとなりました。

この時にお題でGOOSE350が出た時、弊社は1本出しのタイプと2本出しのタイプを製作して出品したんですけど、この時、どうやっても2本出しの方がパワー特性が良く、その反面、低中速域では当時、上手くパワーを出し切れなかったのですが、ピークパワーだけはずば抜けたデータを出していました。

キャブ車のGOOSEとは違い、CBR250Rはインジェクション車なので、現在持っているノウハウを試すには良いタイミングでは?と考えています。

売り物になるかどうかは置いといて、最近のMOTO3の流れを汲んだ方向性も試して見たいと思っています。
(市販車とMOTO3ではエンジンが根本的に違うやろう!...ってのは無しね!初めから分かった上ですので 笑)

世界選手権といえば、リバークレインさん主催の業界懇親会が金曜日に行われ、その場で今年からMOTO2クラスで参戦している長島哲太選手とお会いして、喋る事が出来ました。

彼の熱い情熱と今シーズンに向けてのお話が聞けて良かったですね。
元々、注目していましたが更に注目して彼の成長を見て行きたいと思いましたね。

彼は非常にナイスガイです。是非皆様にも応援して頂きたいと思います。酔っていて写真撮るの忘れてました(笑)

さてさて違うブースに目を向けると、こんなバイクが。

ハートフォード (3)
台湾メーカー「ハートフォード社」のMini 125(手前)とMini 150(後)に公私共に仲良しのMAC-MRDのマフラーと弊社のマフラーが装着された車両を「株式会社 成川商会」様ブースで展示されていました。

ハートフォード (1)

ハートフォード (2)

既に試乗車も東京は世田谷区にあるBEAR(ベアー)さんにありますので試乗された方もいらっしゃるかと思いますが、このエンジン、キャブ車でOHVエンジンなんですけど、正直言ってGROMより全然速いです(笑)

もちろん輸入元のn-Motors(エヌモーターズ)さんが台湾仕様から日本仕様に変更されてる事がその速さに繋がっているのですが、エイプ似のこのバイク、相当面白いですよ!

MAC-MRD大内社長とBEAR(ベアー)さんで試乗させてもらい、その面白さから今回は参考出品ですが、マフラーを造らせて頂きました。

既にこのバイクを取り扱う販売店さんから商品化希望のお話もあるみたいですが、量産用とする場合、JMCA認証マフラーの試験の費用や本格的な開発におけるコストの問題もありますので、ある程度本数的なものが見えれば前向きに考えたいと思っています。(考えると最近、色んなバイクをやっていますね 笑)

その他にもキジマさんブースに行って見ると。。。

2014東京モーターサイクルショー (16)

ヤマハのBOLTが展示されていました。

2014東京モーターサイクルショー (17)

2014東京モーターサイクルショー (14)

2014東京モーターサイクルショー (19)

2014東京モーターサイクルショー (2)

木嶋社長ともBOLTを見ながら一緒に話していたんですけど、ノーマルより洗練されたBOLTはかなり格好いいですね!
とても良い雰囲気を醸し出していました。

また㈱オーファさんブースの横には今年、PANOLIN(パノリン)オイルをサポートして頂ける岡田商事㈱さんブースがあり、そこにエクストリーム小川選手のバイクも展示されていました。

2014東京モーターサイクルショー (8)
2014東京モーターサイクルショー (3)
o0480048012891808563.jpg

小川選手です。すっかり有名になりましたね!
手に持っているモトアディックツ最新号にフランスで行われたエクストリーム世界選手権が掲載されており、この大会に出場した小川選手も紹介されています。

※小川君、勝手に写真使わせてもらいました(笑)

このほかの写真は、各車両のパーツ単体の写真ばかりで、一般の方が見ても(?)な写真ばかりですので載せるの止めときます(笑)

大盛況の中、東京モーターサイクルショーは終わりましたが、会場に来られた皆様、また㈱オーファブースに足を運んで頂き、「レース頑張って下さい!」とお声を掛けて頂いた多くの皆様、本当にありがとうございました。

チームとしてはビームス田中さんを中心にこれから一気にバイクを仕上げて行きたいと考えています。

また勇気を出して私に声を掛けて頂いた方が4名程いらっしゃいましたが、楽しく談笑させて頂いたうえで約束のWR'Sキーホルダーをプレゼントさせて頂きました。

顔はコワいかも知れませんが、喋ってみると普通のおっちゃんやったでしょ!(笑)

本業のマフラー屋さんとしても今年は飛躍して行きたいと考えていますので、これからも皆様、宜しくお願い申し上げます。

それでは最後にお気に入りのバイクの写真で終わりたいと思います。※写真は下手ですけどね(笑)

2014東京モーターサイクルショー (6)
スポンサーサイト

運送会社の遅延について

ダブルアールズの出荷担当でございます。

WR'S製品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

さてニュース等でご存知の方もいらっしゃると思いますが、消費税UP前の駆け込み需要の影響で運送会社の方で遅延が発生してる模様です。

本日も商社様やショップ様等から出荷に関してのお問い合わせを頂戴しておりますが、弊社側の出荷に関しては問題なく発送している事から運送会社に確認したところ、最大で2日の遅れが出ているとの事で、運送会社側も現在、懸命に努力されているとの事ですが、既に遅れが出ている事から、各ショップさんや卸商社様からお客様への発送へも影響が出ると考えられます。

お客様におかれましては大変ご迷惑をおかけする事になりますが、何卒ご理解頂けます様、宜しくお願い申し上げます。

それでは失礼致します。

マフラー開発日記その他、お知らせ色々です。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

いやぁ、1週間なんて本当にアッという間です。。。

先週から今日まで、社内に居てる時はベンチテスト室にこもりっきりで、シャーシダイナモをかけていましたが、とりあえず本日午前中にベンチテストを終了、夕方まで開発を終了したマフラーの量産金型の準備や材料手配等した後、一旦家に帰って仮眠、そして夜中から車で東京に向けて出発です。

そう、今週末は東京モーターサイクルショーが開催されるので、その為の東京遠征です。

東京モーターサイクルショー
 
大阪モーターサイクルショーは大盛況の内に終わりましたが、フタを開けてみると前年比110%強で、思ったより伸びてなかったですが、それでも最終日の盛り上がりはハンパなかったですね。

東京みたいな盛り上がり方!と思ったのは、冷静に考えると会場の広さのせいですね(笑)
それでも5万人を超すお客様に来て頂いたのは、関係者として本当に嬉しく思います。

そして、いよいよ東京モーターサイクルショーです。
こちらもかなりの盛り上がりを見せてくれる事でしょう!

東京での私はというと今回はJMCAのお手伝いでなく、ビームスさん、オーファさんと3社で8耐を戦う車両をオーファさんブースで展示しており、手伝うかどうかは別にして(笑)、そのブースに顔を出したりKTM JAPANさん他、たくさんの関係者さんにご挨拶回りをする予定にしています。

黒色の上着「WR'S」ロゴの入った服を着てるオッサンが居てたとしたら、間違いなく私だと思います(笑)
見つけるのが難しいと思いますが、噛み付いたりしませんので、気軽に声をかけて頂けたらと思います(笑)

非売品のWR'Sキーホルダーを10個程、何故か持参していますので(笑)、数に限りがございますが声を掛けて頂いた方には差し上げますよ!(このブログ、業界の方がたくさん見てますが、あくまでも一般の方対象ですよ!笑)

また今回は、何処かのお手伝いという事ではなくフラついていますので、最寄の飯屋さんでRPM村島社長達とビールを飲んでる姿を発見しても、気にしないで下さい(笑)(決して業務中ではございませんので)

個人的に非常に残念なのは、その場にBEAMS田中社長が体調を崩してモーターサイクルショーに来れない事です。

同じレースチームというだけでなく、個人的にも会社的にも良いお付き合いをさせてもらっており、同業で同じ大阪でガチンコのライバル関係でありながら、すごく切磋琢磨させてもらってますが、まぁ早い話が最高の飲み友達という事ではあるんですけど(笑)、居てると本当に楽しい場になるので残念ですね...
(田中さん、早く体調を整えて下さいね!)

夜はリバークレインさん主催で業界の懇親会がありますが、今年は飲みは少し控えて同行する先輩のサポート役としてのコーディネーターに徹したいと思っています。

そんな感じで金曜から土曜の午前中まで会場に居た後は、その日中に大阪に帰って来て、休み無く日曜から来週行われるJMCA加速走行試験に備えて最終調整を行う予定です。

今回の試験ですが、残念ながらNinja400は持って行けません。
開発ブログも途中で止まったままですが、実はブログ更新用やデータ保管用の画像データの全てをデジカメ内で間違って消去してしまい、ブログ更新が出来ない状態ですが、性能面でもまだまだ突き詰めれる可能性がありますので、じっくり仕上げていくつもりです。

近く、画像を撮り直して開発ブログの再開をする時にでもあらためて書きますが、性能如何に関係する触媒の選定を触媒を供給してもらっているサクラ工業㈱安川さんに協力頂いて、選定をし直そうと考えています。

というのも思いの外、ピークパワーを稼げた前回仕様のマフラーですが、触媒が本当に適正かどうかを見極めるのが難しく、安易に排ガス試験が通るからといった理由だけで選ぶのではなく、マッチングの良い物を選定した方がより効率の良いマフラー造りに繋がるので、コストと時間はかかりますが、チャレンジしてみようと思っています。

新型Ninja400 開発ブログ

このメガホンはすっかり弊社の顔となり、他のメガホンシリーズでもお馴染みとなりましたが、今回は音質・音量面でも改良が必要になっています。(その辺りも開発者ブログで書きます。)

また3月中の発売を目指していたGSR750用チタンオーバルスリップオンですが、お問い合わせ頂いたお客様には本当に申し訳ないのですが、4月中旬以降の発売に決定となりそうです。

DSCN7374.jpg

こちらもブログ更新が止まっており、近く更新する時に詳しく書きますが、某車両メーカーと同じ技術を用いた処理をする予定で、これはマフラーの排気温度により材料に発生する「焼け」を防ぐ特殊コーティングを施す予定です。

これにより3年後どころか5年後もその先も購入時と同じ質感が保てる様になるのですが、弊社の量産タイミングとその工程を施すタイミングの問題で発売時期が遅れてしまいました。

その代わりと言っては何ですが、かなり良い質感でお客様のお手元に届けれる様になりますので今しばらくお待ちくださいね!(こちらも近く開発ブログでお伝えします。)

では何をJMCA加速試験に持って行くのか?。。。という事ですがNinja400と開発を同時進行していたZ800のスリップオンマフラーがすごく良いデータに仕上がった為、Z800用スリップオンマフラーの試験に行ってきます。

327 z800 (2)

隠すつもりは無かったのですが、極秘裏に造っていました(笑)

こちらも近く開発者ブログをスタートして開発時のエピソードをお伝えしたいと考えていますのでお楽しみに。

327 z800 (1)

それと最後になりましたが新型Ninja400用外装パーツですが、おかげ様で3月中の在庫分はほぼ全て完売となりました!

ご購入頂いたお客様並びにタイトなスケジュールの中、お客様にご提案頂いたショップ様、本当にありがとうございました。

外装担当は休みなく遅くまで量産を続けており、バックオーダーでお待ちのお客様には一日でも早くお届け出来る様に頑張っていますので宜しくお願い申し上げます。

それでは皆様、少し早いですが良い週末を!
また会場でお会いする関係者の皆様、宜しくお願いします!


関東近郊の方、是非東京モーターサイクルショーにお越し下さいね!

3月末日までの出荷に関してのお知らせ

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

やっと春らしいバイクには絶好の季節となって参りましたね。

雪国に近い地域でもやっとバイクに乗り出せる様になるのと同じくして来月4月1日より消費税が8%となる事を受けて3月中の駆け込み受注数がスゴイ事になっています。

今年は2月上旬から既に活発に注文が入り、今月はそれを上回る更なる勢いでご注文頂いております。

ご注文頂いている皆様、本当にありがとうございます。

ある程度は予測して冬の間に在庫を造り、この3月に備えておりましたが既に想定数をオーバーして在庫切れとなっている商品が続出しております...。

もちろん在庫がある商品もあるのですが、在庫確認の電話が予想の外多く、在庫確認を頂いてから2日位経ってのご注文の場合、その時点で在庫が無い場合もあると思います。

また在庫があってもかなりタイトな状況になっている商品もございますので、どうしても3月中にとお考えの場合、ご注文前に今一度、在庫確認を頂けたらと思います。

また3/26(明日)から発売予定のNinja400用外装パーツですが、おかげ様で初回ロットは完売しました。
既にフル稼働で今週末(3/28)の出荷が出来る様に頑張っていますが、現在3/28出荷予定の分についても数が少なくなっております。

現在、在庫確認等頂いてる分全てがご注文となる場合は完売となり、バックオーダー分は来週末以降の出荷となりますので予めご了承頂ける様、何卒宜しくお願い致します。


このブログを更新最中も在庫確認や注文FAXが流れて来ていますね...

弊社商品で言うと、今日明日でほぼ主力の在庫が無くなりそうな勢いなので、ご検討されている方、何卒宜しくお願いします!

それでは、シャーシダイナモ室に戻ってベンチ回しまくります!(笑)

大阪モーターサイクルショー!

大阪モーターサイクルショー (1)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

先週末からインテックス大阪にて開催された大阪モーターサイクルショーですが大盛況の中、無事終える事が出来ました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。
また関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

今年の大阪は一味も二味も違って本当にたくさんのお客様で賑わい、華やかなショーとなりましたね。
主催者発表はまだ聞いていませんが、前年比160%などとの話も聞こえており、またそれが本当に実感出来る位のお客様の入りでしたね。

関西のバイク乗りから業者さんまで全員来たんじゃないの?と思う位、たくさん来てました(笑)

そんな中、私は日曜だけですがJMCAブースのお手伝いに行っていました。

大阪モーターサイクルショーに関しては関西メーカーを中心にという事で、有名各社さんがこぞって協力し、ブース運営に当たらせて頂きました。
特にマフラー副部会長BEAMS田中社長にはブース設置から搬出まで精力的に協力頂いて本当に感謝です。
田中さん、やっぱ儲かってる会社は違いまんなぁ(笑)

朝10時の開演には既に長蛇の列でそこから午後を越しても列が途切れなかったのは、大阪では何年振りでしょうか?

大阪モーターサイクルショー (10)

JMCAブースではマフラーのカットモデルやサイレンサーサンプル、そしてJMCA認証試験のビデオを流し、また今回はライダーの身体を守るプロテクターも並べて幅広い活動のPRです。

大阪モーターサイクルショー (7)
JMCA認証試験を解説するのはマフラー部会長を務めるSP忠男のオーちゃんこと大泉さんです。

そして今回のJMCAマフラー部会のテーマは「音感・体感・快感」です。

大阪モーターサイクルショー (8)

JMCAマフラーは安心・安全な事は当然の事、音質や装着した楽しみをもっと体感して頂こうという趣向です。

関西各社の有志がお手伝いというだけでは流石にオッサン臭いので(笑)、今年もブースに花を添えて頂くべく彼女達にお手伝い頂きました。

大阪モーターサイクルショー (3)
お手伝い頂いているは星野さん(左)と隣は長谷川さん(右)、特に星野まなみさんは去年からJMCAブースをお手伝い頂いています。

今年は何と3名のコンパニオンさんが!もう一人の方はこちら。
大阪モーターサイクルショー (4)
すみません、お名前聞くの忘れてしまいました(大汗)
弊社のマフラーを横にポーズを決めて頂いているにも関わらず本当にスミマセン...
(ちなみにこの写真は私がお願いしたものでなく、お客様が「マフラーの横で写真を」っとリクエストされていたので、そのシーンをパシャリと撮ったもので決して職権乱用してませんから...(笑)

彼女達が居るとブースはこんな感じに...

大阪モーターサイクルショー (11)

集客力がハンパ無いです(笑)
東京モーターサイクルショーでも彼女達がお手伝いしてくれるので、集客力を活かして更なるPR活動が出来ればと思いますね。

その東京モーターサイクルショーですが現状、パーツが間に合わず殆どノーマルに近い状態のままですがRC8Rも㈱オーファさんのブースに展示されるべく本日、東京まで配達してくれる高栄運輸さんまで持ち込んで来ました。

大阪モーターサイクルショー (12)
興味のある方は㈱オーファさんのブースまでどうぞ!
金曜日には私も業界の懇親会もある事から㈱オーファさんブース近辺に居てると思います。
(お手伝いをして!と催促されていますが...行ってから考えます(笑))

ところで大阪モーターサイクルショーの会場の様子ですが...
仕事の為用の写真しか撮っておらず、残念ながらお見せ出来る写真があまり無い為、東京モーターサイクルショーに行った時にでもブログ用に撮って来たいと思いますのであしからず。

まぁ会社的にも個人的にも特に気になっているバイクの写真を1枚だけ。。。

大阪モーターサイクルショー (5)
R-25です。発売は8月過ぎ辺りではないでしょうか。

このバイクには色んな意味でミドルクラスを盛り上げてくれる事に期待していますが、残された某メーカーからも実はフルカウルモデルが...という情報もあり、このクラスは今後も楽しみです。
ショーにはそんなバイクは展示されていませんでしたが、ミドルクラスに強い弊社ならではの情報(?)という大袈裟なものでなく(笑)、皆さんも軽い気持ちであの某メーカーにも期待しておきましょう!祈りは通じるはずです。秋口にはきっと出ますよ。。。

さぁ、この流れで東京モーターサイクルショーも大成功を!と願うばかりです。

新型Ninja400 マフラー開発日記 


WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。
前回のブログで、出先から個人用のPCでブログを更新するなんて事をほざいていた訳ですが、肝心のその個人用PCに画像を取り込んでおくの忘れていました(汗)

もちろん、出先なんかからは更新出来ず、先程帰社しましたので結局、会社のPCからブログを更新したいと思います。

明日は、大阪モーターサイクルショーのJMCAブースにてお手伝いでインテックス大阪まで行っている為、お約束してた2回分のブログ更新予定を一気に1回で更新してみたいと思います。(なので、かなりの長文ですよ!)

先日のブログではエキパイの写真をチラっとだけでしたね。

新型Ninja400 開発ブログ (4)

ここから進めて行く訳ですが、まず最初に試そうとしてるのは、前モデルのNinja400R用のスリップオンマフラーです。

brog-ninja400r-2.gif
これですね。

今回のNinja400はスリップオンには出来ないのですが、フルエキのエキパイを造り、それに合わせてスリップオンを改造して装着、テストをしてみようという考えです。

最初の頃のブログでも書いたと思いますが、容量的にかなりな大きい容量を確保してるこのNinja400ですが、それにあわせたら、寸法的にはこれ位は要るのかなと、あくまでも現時点で考えての事です。

装着されている方には感じて頂けたと思うのですが、このスリップオンマフラーはかなり気持ち良く高回転域までタレる事無く吹け上がってくれる特性で、今回もそのイメージ通りになって欲しいところですが、どうでしょう。

ちなみにエキパイの長さですが、ノーマルをベンチテストした結果分かった事は、前もモデルよりも一回り程力強くなったのは確かですが、結構ダラダラ回るイメージなのと高回転域でもう少しパンチ力が欲しいと感じた事からエキパイの寸法(長さ)をかなり短めにしてのスタートです。

またエキパイ径も太くしています。
といっても、パイプ径自体はNinja250でも使用した径で特別太い訳ではないのですが、高回転域でダラダラ回る感じは長さと共に太さもかなり影響していると考えられます。

ちなみにノーマルでのデータを思い出しておきましょう。

ninja 400 (4)

こんな感じでしたね。
綺麗なグラフを描いていますが、グラフには分からないパンチ力等の改良とアクセルのレスポンスの改善もして行きたい所ですね。


それでは初めて行きましょう。

新型Ninja400 開発ブログ (5)
この2点(サブサイレンサーとメガホンサイレンサー)を流用です。
触媒部及び手前のメインパイプは今回新たに造り、新型にあわせての形状変更及び使えなくなったステーは切り落としてから調整して行きます。


そのエキパイ集合部直後にNinja400Rにも採用した触媒を装着し、サブサイレンサーの位置を調整し、スイングアームの角度に合わせてメガホンサイレンサーの角度を調整します。

新型Ninja400 開発ブログ (9)

エキパイを短くした事により、こんな感じにセンターパイプ部を延長し、サブサイレンサーの位置を合わせます。
試作なので溶接が綺麗じゃないとか、勘弁しといて下さい(笑)

反対側はこんな感じです。

新型Ninja400 開発ブログ (2)

写真の角度がアレですが、チェーンラインとはしっかりクリアランスが取れています。

ちなみにO2センサーはセンサーの線長にあまり融通が効かない為にこの位置に。

新型Ninja400 開発ブログ (7)

集合部直後の触媒手前部分に付いています。

ここまでの全体図はこんな感じです。

新型Ninja400 開発ブログ (6)

ベビーフェイスさんトコで見たパニガーレ程では勿論ないですけど、それなりにこのマフラーも複雑です(笑)
しかしながら、こうやって見ると結構長過ぎのような。。。これにメガホンがまだ付くし。。。

あっ、当たり前の事ですがドレンボルトはもちろんの事、オイルフィルターもしっかり外せる様にレイアウトしています。オイルフィルター下にはエキパイが取っていますので、オイル交換時にはマフラーにオイルが付かない様に新聞紙等で逃がして下さい。


で、メガホンを装着した写真がこちら。

新型Ninja400 開発ブログ (1)

後ろから見た感じはこんな感じです。

新型Ninja400 開発ブログ (8)

悪くは無いですね!
この時点ではまだ完全にプロトタイプなので、スタイル面では手のつける余地がたくさんあるものの、まずまずの感じです。

さてここからいよいよベンチテストです。

いざ、エンジンをかけて見ると...もう一つ思った様なレスポンス感は出ていません。
ただ、間違いなく力強くはなっている様です。
そしてシャーシダイナモでベンチテスト開始!その結果がこちら

新型Ninja400 開発ブログ (3)
黒線がノーマルで赤線がフルエキです。

何と言ったらいいんでしょうかね?
凄く良い所と凄く見たくなかった所が同居したグラフとなってしまいました(笑)

目を見張るような加速力を見せてくれた6,500rpm以降の加速感に対して、低速域と5,000rpm~6,500rpmの間が気に入らない事になってしまっています。

エキパイの寸法(長さ)に関しては、ピンポイントに近い位に正解でしたね。
ピークパワーの発生位置も500rpm程、後ろに持って行くことが出来てその結果、高速域でのパワーバンド及びピークパワーが大幅に向上しています。
ファーストインプレッションですが、既に約2.5psも上がっている事に加え、3,500rpm~5,000rpmでの出力も大幅な向上を見せています。(ただし、3,500rpm~5,000rpm間は少しパワーを削った方が結果として良いでしょう)

なのに、極低速域と中速域は何故に??って事ですが、これはですね、きっと全体的な寸法(容量)が長過ぎるんですよね。
それに加えてもう一つ要因が重なった事で5,000rpm~6,500rpmの谷を作ってしまったと思います。

その要因ですが、きっとサブサイレンサーだと思います。

このマフラーに関わらず、サブサイレンサーとメインサイレンサーの2個で構成するマフラーの場合、容量が多過ぎる場合には必ず弱い谷が発生します。
また同じく症状としてアクセルレスポンスも弱くなると言うか柔らかく感じたりするんですよね。

これを補う為にエキパイを連結する方法もありますが、それはあまりに結論を急ぎ過ぎになります。
と言うのも、マイナス面を簡単に補うだけじゃ、確かに谷は消える方向に働きますが、アクセルレスポンスの弱さは解消されにくいからです。

また安易に連結すると、谷は解消されるものの、低速域や高速域で得たパワーを削ぎ落としてしまう可能性が大です。

グラフ的にいうと、良いか悪いかがハッキリ出た方がマフラーの調整がし易いんですけどね(笑)
悪い部分を補いながら、良い部分を更に。。。という様な、都合のいい事にはならないからです。
何処を捨てて何処を拾うか、開発する立場として難しい選択になりそうですが、取り敢えず落とした部分は戻す事が先決でしょう。
後はどれだけ下から上まで綺麗に繋げて行けるかという事になります。

それと今回は前モデルのスリップオンを試しての事で、それを改良する一方、今度は短めのセンターパイプにオーバルサイレンサー仕様のサイレンサーを組み合わせたプロトタイプ2号もまた同時進行して行きます。

エキパイに関してはもう少し短く出来そうで、そこからヒントが出て来るかも知れません。
「エキパイを短くしたら低中速が無くなるのでは?」と思ったアナタ!
そんなに単純な事では無いですよ!(笑)。。。本とかではそんな感じの事を書いていますけどね。

全体の寸法が合ってはじめてそうなったりもしますが、そうならない場合も多々あるので、まずは思った通りの方向で進んで行きたいと思います。

それでは次回まで!

新型Ninja400 開発ブログ

新型Ninja400 カスタムパーツ その他お知らせ色々。。。

カーボン (4)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

まずお知らせから。

WRR4420PF         FRPリヤフェンダー (2)

このFRP仕様(黒ゲル)のリヤフェンダーですが、同じご質問がございました。

私の写真の撮り方(ウデ?)が悪かったのか、「綾織りカーボン仕様と同形状(同じ大きさなのか)ですか?」とのご質問がメールやお電話で数件頂きました。

もちろん、大きさも形状もまったく同じです!
スミマセンね、写真の撮り手が単純に下手なだけです...(汗)

ってことで、同じ疑問を持たれていた方々、宜しくお願いします!

しかしながら今回ブログにUPしてからの外装パーツの問い合わせの多さにはちょっとビックリです。
弊社ホームページの製品ページにはまだ掲載されていないのですが(大汗)、ブログを見られての問い合わせの多さに本当に感謝です。
そういった意味では私の書くこの開発者ブログは、本当に皆様に支えられている事をあらためて実感します。

マフラー開発日記を心待ちにして応援メッセージを頂く事もしばしばあり、皆さんの素朴な疑問や感じ方に目線をしっかり合わせて今後もブログを更新して行きたいと思っています。

さて、そんな感じで製品ページに載っていないにも関わらず、おかげ様でFRP仕様(黒ゲル)を中心に順調に注文が入って来ています。
これは、タイトなスケジュールにも関わらず、商品を紹介してくれる販売店さんがあっての事で、ご注文頂いたお客様をはじめ、販売して頂いているショップさんには本当に感謝しております。

※ ホームページの方にはなるべく早く、製品ページにUPしますので今しばらくお待ち下さいね。
  (順序が逆で本当にスミマセン)

WRR4420PF         FRPリヤフェンダー (1)



さて、先程少し触れたそのマフラー開発ブログですが...

昨日辺りから更新したかったのですが、エキパイレイアウトやその他諸々が今回は非常にイメージに合わず。。。

ハイ、今週になって一からエキパイレイアウトを変更しました!
最初はノーマルレイアウトに近いイメージで進めていたのですが、面白みが無く、また性能面でも等長にし辛かったりといいこと無しなスパイラル状態に入ってしまったので、今週になってそれまでのデータを捨ててエキパイのレイアウトをやり直しました。

実は明日から出張等で会社を空けるんですけど、マフラーの製作もかなり進みましたので、出先から個人PCでブログを更新したいと思います。
携帯で更新すれば楽なんでしょうけど...古い人間なのでPCの方が文字が大きく(笑)読み返し易いので私はPC派です(笑)

週末まで出ていますが、最低二回位はマフラー開発日記の更新をしたいと思います。(たぶんですが...)

DSCN7754.jpg


また今週ですが、週末から大阪モーターサイクショーが開催されますね!

大阪モーターサイクルショー2014

私は週末帰社し、最終日の日曜日にJMCAブースにお手伝いに行く予定ですが、ブースにはJMCAマフラーのカットモデルや関西のマフラー屋さんを中心としたJMCA認証マフラーのサイレンサーを数本程度ですが展示しています。

ありがたい事に弊社のサイレンサーも展示させて頂いていますので、モーターサイクルショーにお越しの際は是非JMCAブースにお立ち寄り下さい!

DSCN7389.jpg
このタイプのサイレンサーが展示されています。
また配布予定のJMCAパンフレットのサイレンサー写真にも似た様なサイレンサーがあったり、無かったり...(謎)

そして土曜日には私同様、マフラー副部会長を務めるBEAMS田中社長を中心にJMCA会員の各社さんの協力で「JMCA音量測定キャラバン」も行っています。(PM12:00~PM16:00頃まで)

バイクの音量が気になる方や、興味のある方は、是非この機会に音量を計ってもらってみて下さい!
(有名どころのマフラー屋さん達が計測するので、気軽にご質問もどうぞ!って、私は当日手伝えませんけど 汗)

ちなみに今年もブースで活躍してくれるのは、去年も一生懸命頑張ってくれた星野まなみさんの予定らしいです。

JMCAブースを今年も元気にしてくれる事でしょう。

その他、今年はたくさんのイベントも盛りだくさんの大阪モーターサイクルショーとなりますので、お時間がある方は是非、お越し下さいね!

JMCAの関西会員の皆様、そんな事で最終日には搬出までお手伝いさせて頂きますので、皆さん、それまで頑張って下さ~い!
(打ち上げももちろん参加しま~す!笑)

少し早いですが、皆さん良い週末を!

新型Ninja400用外装パーツの発売日決定しました。

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

マフラーの開発日記ですが、もうしばらく待って下さいね!
いよいよ来週から再スタートする予定ですが、その前に外装パーツに関してのお知らせをします。

Ninja400用の外装パーツですが、3月26日からのリリースが正式に決まりました!
商品に関しては既に売る準備が出来ていますので後は発売日を待つのみです。(数量に限りはありますが)

カーボン (1)

これは綾織りカーボンのリヤフェンダーですが、FRP仕様(黒ゲル)の価格及び品番も正式に決まりました。

WRR4420PF         FRPリヤフェンダー

FRP(黒ゲル)リヤフェンダー  品番 WRR4420PF  価格 14,000円(税抜き)となりました。

黒ゲル仕上げもなかなかの質感ですが、価格面でもかなり頑張りましたよ!
外装担当の徳ちゃん渾身の作なので、彼の熱意に応えての価格設定となりました。

カーボン柄が派手過ぎて...と敬遠してた方にもこの質感とリーズナブルな価格設定によって手にとって頂ける方が増えれば嬉しく思います。

このFRP(黒ゲル)仕様リヤフェンダーは今後、他の車種にもラインナップを拡げる予定にしています。

またフェンダーレスKITですが、こちらも価格及び品番が決定しました。

カーボン (1)
WRA4420CF        フェンダーレスKIT (2)

フェンダーレスKIT(FRP黒ゲル仕上げ) 品番 WRA4420CF 価格18,000円(税抜き)

写真の通り、ブレーキ時にLEDストップランプが連動して光り、視認性もかなり良くて夜間走行の安全性をUPしてくれます。

その他、カーボンタンクパッド、カーボンリヤフェンダーは前回ブログでお伝えした通りです。

各販売店さんのご協力で何とか消費税UP前に滑り込みでリリースする事が出来た事にこの場で御礼を申し上げます。

お問い合わせ頂いていた皆様、4月までに間に合いましたので最寄の、もしくはお気に入りのショップさんへGO!!です!(笑)

それでは今日はここまで。

今からアンレーベル辻井さんトコに打ち合わせで行って来たいと思います!

新型Ninja400用カーボンパーツです。

カーボン (4)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

新型Ninja400に関して久しぶりの更新となります。

現在、急ピッチでマフラーの仕様を決めて行っている所ですが、今回はなかなか決まらずにちょっとひと苦労しています。
マフラー開発日記は近く再開しますので、そちらで書きたいと思いますが今回は、外装パーツをご紹介します。

本日の大阪は、一日中雨模様ですが昨日夕方に㈱クレタの岩崎さんからお電話があり、「新型Ninja400のリヤフェンダーの画像が欲しい」と依頼され、雨の中パシャリと撮ってみました。

実は外装担当の徳ちゃんが既に完成させてくれてたのですが、この新型Ninja400から綾織りカーボンだけでなく、黒ゲル仕様のFRPもリリースする予定で、そのFRP(黒ゲル)パーツの上がって来るのを待っているウチに、すっかり紹介するのが遅れてしまいました。

FRP仕様は商品がまだ上がって来てないので、今回はカーボンパーツのみご紹介します。


この新型Ninja400には、綾織りカーボンタンクパッド、リヤフェンダー、フェンダーレスKIT(黒ゲルFRP)の3点をリリース予定です。

まずはタンクパッドから

カーボン (2)

ウェア類のチャック等からタンクへの傷を防ぐと共にタンク廻りの雰囲気をシャープにしてくれるアイテムです。

品番 WRT4420CF  価格 7,800円(税抜き価格)

このタンクパッドにはFRP(黒ゲル)仕様の設定はございません。


次にリヤフェンダーです。

カーボン (1)

ノーマルの「本当に泥除け機能があるの?」と思わずにはいられないリヤフェンダーから、機能性はもちろん、見た目にもインパクトのあるリヤフェンダーでバイクのリヤ廻りを引き締めてくれるアイテムです。

チェーンケース一体式でエッジの効いたデザインは、好評頂いていた前モデルNinja400Rのイメージを引き継いでいます。(共通では無いですよ!専用設計です)

品番 WRR4420CF
価格 24,500円(税抜き価格)

このリヤフェンダーにはFRP(黒ゲル)仕様の設定がありますので後日、あらためてご紹介します。

次にフェンダーレスKITです。

カーボン (3)

この製品は最初からFRP(黒ゲル)仕様のみのリリースです。

ナンバー灯はもちろん、フェンダーレス下に見えるのは、Ninja250/Z250用にも採用したLEDストップランプです。
ブレーキをかけた際に、本来あるストップランプを補佐してくれます。(便利な機能ですよ!)

こちらの価格及び品番は、決まり次第お伝えします。


尚、リリースは3月最終週からリリースの予定です。
こちらも詳細が決まり次第、あらためてご報告したいと思いますので宜しくお願いします。


今回はこれにて

GROM JMCAフルエキゾーストの発売日に関して

LS1130JM (65)

WR'S(ダブルアールズ)マフラー開発担当です。

目先の業務に忙殺されていてブログが更新出来なくてスミマセン!
ありがたい事にたくさんの方々に拝読頂いていますが、と同時にたくさんの方に「もっと更新して欲しい」とか「情報待ってるんですけど!(怒)」という、叱咤激励のメールやお電話を頂戴しており、しっかり更新しなくては!と改めて感じた次第です(汗)


さてGROM用JMCAフルエキゾーストですが、3/10リリースとして販売店さんにはご案内させて頂いていましたが、一部の部材に遅れが生じており、これからご注文いただく商品に関しては3/20頃の出荷となりそうです。(数日前後する可能性あり)

消費税UPの影響か先月、今月と例年になくマフラーが動いていますが、しっかり在庫を持てる様に製作していますので、宜しくお願い致します。


それでは今週もハリキッって頑張って行きましょう!


追伸) 弊社ホームページの製品案内にまだGROMのページがUPされていなかったですね(大汗)
    今、大急ぎで徳ちゃんが頑張ってくれてますので今しばらくお待ち下さい!(水曜日頃でしょうか?)
    いやぁ、本当にバタバタし過ぎてて、対応が最近後手に回ってますね。。。(反省します...)
    
    

SC1130JM (60)
LV1130JM (19)
 LM1130JM (24)


鈴鹿ファン感謝DAYに参加して来ました。

鈴鹿ファン感 (8)


バタバタと慌しく過し、久しぶりの更新になります。

3/1~2日に行われた鈴鹿ファン感謝DAYに鈴鹿8耐参戦チームとして参加して来ました。
大変たくさんの人が来場され、大盛況でしたね。
私共のピット前にもかなりたくさんの方々が来られ、温かい応援のメッセージをたくさん頂きました。
ご来場された皆様、本当にありがとうございました。

カウルの塗装が上がってきたのが前日夕方、これもビームス田中さんが調整してくれなければ間に合わないタイトなスケジュールでした。

そこから外装の装着及び8耐用のテールランプの装着等を済ませ、ヘッドライトに関しては今回、ノーマルをそのまま流用してフロントカウルの加工で耐久っぽく見せて(笑)この日の作業は終了!

鈴鹿ファン感 (1)

田中さんが「何かハーレーワークスみたいやな...」と行った様に、微妙な感じのカラーリングですが、翌日カウルのステー類を追加&加工し、ここから鈴鹿へ...とは行かず、ECUマップをレース用に書き換えの為、「KTM神戸」さんへ直行です。
(何せ、パーツが手元に届くのが遅れ、ノーマル状態でしたから)

KTM神戸さん (1)

書き換えの作業風景の写真を撮り忘れましたが、作業の間、私と外装担当の徳ちゃんは2階の休憩室でしばしの休憩。
KTM神戸さん (3)
KTM神戸さん (2)

KTMウェアやアクセサリー類が充実した凄く綺麗でお洒落な部屋で、大画面テレビでマン島レース見てここ最近の疲れをちょっと癒す事が出来ました。

KTM神戸さんに行けばメンテナンスはもちろんの事、オフからロードモデルまで車両が充実ていますのでKTMに興味を持っている方は是非、足を運んで頂きたいと思います。

今回、お世話になった山鹿社長並びにKTM神戸のスタッフの皆様、急なお願いにも対応頂き本当にありがとうございました!

KTM神戸さん

さぁ、ここから鈴鹿にテクニカルセンターを持ち、チームの要の㈱オーファさんに残りの整備やお化粧直しの為に直行です。

鈴鹿ファン感 (9)

走行に向けてライダーのポジション合わせや各部のチェック、スリックに履き替える等の最終整備です。

写真がブレてますが、車両の右側で整備を行っているのは、俳優の斉藤祥太君です。
バイク好きなのはもちろんですが、レーサー(といっても現段階では殆どノーマルですが)に触れる機会はあまり無いと思うのですが、臆する事無く積極的に整備に参加し、土、日曜にバイクを走らせる際の作業も手際良くこなして、なかなかの戦力です!

レースに対しての吸収力も高く、何といっても積極的で、チーム監督(田中さん)の目にも頼もしく映ったんじゃ無いでしょうか。
現場で祥太君は助監督として参加しますが、この3日間の動きを見る限り、かなり活躍してくれると思います。

作業は夜九時過ぎに全てを終えてそのまま鈴鹿サーキットに搬入となりました。

土曜日からいよいよお披露目となりますが、どんな感じに仕上がったかというと...

鈴鹿ファン感 (2)

お化粧直しが功を奏してなかなか格好の良い仕上がりになりました!


そしてファン感のライダーは、私が去年の耐久でその走りに惚れ込んだ相馬利胤選手です。

鈴鹿ファン感 (12)

元々、田中さん率いるBMS-Rのライダーで現在は自らのチームを率いてGP2を戦っています。
レース好きの方ならご存知のライダーですよね!

私のもう一人のお気に入りである大樂竜也選手は今回、車両が1台しか用意出来ていない事もあってわざわざ鹿児島から参加してもらうのも申し訳なくて今回は参加していません。

このツートップを中心にもう一人のライダーをじっくり選んで行きたいと考えています。

ちなみに反対側の写真ですがこんな感じです。

鈴鹿ファン感 (4)

分かります?...左右でデザインを変えているんですけど!

スポンサー様及びテクニカルスポンサー様をご紹介します。

鈴鹿ファン感 (10)
鈴鹿ファン感 (11)
000.jpg



スポンサーには何と、今話題の「HOOTERS(フーターズ)」さんに付いて頂けました。

チーム名は「TEAM HOOTERS TITANIUM POWER WR'S & BMS-R with 祥太」という、現在はかなり長い名前でのエントリーとなっていますが、8耐でのエントリー名に関してはこの後、変更が出る場合もあります。(文字数制限もありますので)

また今回、チームのテクニカルスポンサーであり、またチームアドバイザーを務めて頂く「BabyFace」佐藤社長のお力添えがある事も非常に頼もしく、大変感謝しています。

昨日もお忙しい中、お時間を頂いてファン感のご報告とお願い事や今後に向けてのお話をして頂きました。
(佐藤さん、本当にいつもありがとうございます!)

佐藤さんには「個人的にも気が合う」とありがたい言葉を頂き、気さくに何でもご相談出来る事を本当に嬉しく思っています。
チーム監督の田中さん、チーム代表の細川さん共々、佐藤さんの弟分みたいなトコがある事から、実は「チーム佐藤」ではないかと考えてたりもします(笑)

また、チームが結成して間が無いというにも関わらず、たくさんのテクニカルスポンサー様に応援頂き、本当に感謝しております。

車両に関して話を戻すとTカーの遅れやパーツの遅れ等もあり現時点ではほぼ、ノーマル状態です。
時間的に焦らないといけない時期ではありますが、これも外国メーカーを選んだ時点からある程度の覚悟は出来ています。
これから3年計画で進めていく予定ですので、出来る事から着実に良い方向に進んで行きたいと思っています。

路面がウェットで断念した土曜のナイトラン以外は、小さなトラブルも田中さんの機転で何とか解決し、まずは無事にスタートを切る事が出来ました。

鈴鹿ファン感 (6)

正直言って課題は山積みですけど、一つ一つ解決した先にゴールが見えて来るのではと思っています。

レースというのは、いつの時代も勝つ為を目標にする事は百も承知で分かっています。

ですが、レースに参戦する意義もまた非常に重要なファクターです。
レース全盛期には色んな業種の企業がスポンサーとして華々しく飾っている時代がありました。

その最盛期に私は深くレースに携わっていました。

その頃から比べるとサーキットに足を運んでくれるお客様は激減し、企業様のスポンサーもかなり減りました。
長い間、外からレースを見て来ましたが、レース自体は非常にアグレッシブで楽しいものの、観せるスポーツとしては、何か内向きな感じで、関係者が皆レースに集中するあまり、観て頂く為のアピールが昔より減っているのも事実だと思います。

レースを観に来られてる方なら分かるかも知れませんが私達のバイクは日本の4メーカーはもとより、WSBで活躍してる外国勢のバイクからすると不利である事は否めませんが、このバイクを通して戦う上で、順位だけでないアピールや、観て頂くお客様に対してのメッセージをしっかり発信出来る事を目標にもしています。

今回のファン感では話題性だけではスポンサー様のご協力もあり,かなり注目度を集めたお披露目となりましたが、チームのやる事といえば、レースに向けてしっかり準備をする事に尽きるのですが、やはり観に来て頂くお客様にも楽しんで頂かなくてはいけません。
そういう意味では、レースを通じてしっかり自分達のレースにおけるアピールが出来ればと考えています。

何年かして、気が付くと海外のレースの様に色んな業種の企業様に応援頂き、華やかな、そして観る側にとってもワクワクする様な状況に日本のレースがなっていればと本当に思います。
(レースをする側も更に気合が入りますからね)

「来れば、楽しい!」のは、観に来た人なら分かっていますよね!
でも、「楽しそうだから行く!」に少しでも貢献出来る様、チーム一丸となって頑張って行きたいと思います。

チームとしては話題に埋もれない様にしっかり頑張りたいと思います(汗)

鈴鹿ファン感 (3)

今回はオッサンばかりで参戦しましたが、次回の東京モーターサイクルショーからは、HOOTERSギャルも華を添えてくれる予定ですよ!

東京モーターサイクルショーには、殆どノーマル状態ですがこの車両も㈱オーファのブースに展示する予定ですので、それまでサーキットに足を運んでいなかった方々も、これをきっかけに来て頂ければと思います。

-WR'S-サウンド
プロフィール

ダブルアールズ

Author:ダブルアールズ
ダブルアールズ製品のマフラーやカーボンパーツなど
開発状況や各パーツの担当者のコメントなどを掲載。

リンク
訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR